スポンサードリンク

ポケモンエビワラーの育成論は?

強力なポケモンが多い格闘タイプの中ではお世辞にも能力は高いと言えず、なおかつとくせいも微妙で不遇なエビワラー。ポケモンGOではそこそこレアなポケモンですが、本家ではその戦闘能力のなさから使用率は低水準にとどまっています。第六世代では格闘タイプ全般が弱体化し、ますます肩身が狭くなってしまった彼に未来はあるのでしょうか。 「ポケモンエビワラーの育成論は?」の続きを読む…

愛は勝つのKANはかわいい?結婚してる?ライブは大人気?

愛は勝つで有名なアーティストのKANさん。世間的には一発屋のイメージが強いかもしれませんが、芸能生活29年目を迎えた今でも精力的に活動しています。

 

最近は音楽番組への露出も増えてきており、今年は24時間テレビの冒頭にも出演。決して過去の人というわけではありません。最新アルバム「6×9=53」には桜井和寿さんや馬場俊英さんなど多数の大物アーティストが参加しており、人気はまだまだ健在どころかむしろ確固たるものになっています。 「愛は勝つのKANはかわいい?結婚してる?ライブは大人気?」の続きを読む…

元大喜鵬の山口が本格復活、十両復帰確実に

番付がすべての大相撲の世界。数場所前は月収100万円以上だった関取が、現在は月収10万円以下の取的として頑張っている、なんてことも珍しくありません。今回紹介する大喜鵬もそんな元関取の1人で、一時期は三段目まで番付を下げていたのですが、努力と稽古によって十両復帰目前まで番付を戻しています。 「元大喜鵬の山口が本格復活、十両復帰確実に」の続きを読む…

ポケモンエンブオーの育成論は?

第五世代炎御三家のエンブオー。先輩御三家で種族値が優秀なゴウカザルやバシャーモと比べると種族値配分に無駄が多く、それらのポケモンの劣化扱いされることが多かったのですが、第六世代では先制技の不意打ちを習得したほか、隠れ特性の捨て身も解禁されるなど若干ではありますが強化されました。そんなエンブオーの育成論を考えてみたいと思います。 「ポケモンエンブオーの育成論は?」の続きを読む…

知ってるとちょっと自慢になるかもしれない地球に関する雑学

我々が済んでいる地球が様々な奇跡の上に成り立っていることは皆さんも御存知かと思いますが、具体的に地球がどのように出来たのかご存じない方も少なくないことでしょう。そこで今回は、地球の成り立ちから様々な雑学について説明したいと思います。 「知ってるとちょっと自慢になるかもしれない地球に関する雑学」の続きを読む…

ヒヤッキーの育成論とデータは?

第五世代で初登場を果たし、その見た目のインパクトからちょっとだけ話題になったヒヤッキー。バオッキー、ヤナッキーと全く同じ種族値をしていますが、タイプ的にはこいつが一番使いやすいようです。際立ってなにか高い能力があるわけではないですが、ぎりぎり100族を抜ける素早さを武器に戦いたいところです。 「ヒヤッキーの育成論とデータは?」の続きを読む…

秋場所直前!稀勢の里彼岸の初優勝&横綱昇進なるか

もうすぐ大相撲秋場所(9月場所)が始まりますね。今場所の争点はなんといっても大関稀勢の里の横綱昇進がなるか否か、ということです。稀勢の里にとって目下最大の難敵である白鵬は左足の故障で休場する可能性が高いようですが、この追い風を生かし切ることは出来るのでしょうか? 「秋場所直前!稀勢の里彼岸の初優勝&横綱昇進なるか」の続きを読む…

中村アンの不潔エピソードが凄い!髪型は?

ここ最近バラエティ番組でも人気の中村アンさん。一見美人の女優さんに見えますが、実はかなり不潔な私生活を送っているのだとか。世の中には潔癖症な人がいる一方で、彼女は部屋がある程度汚いほうが落ち着くという変わった性癖を持っているそうです。果たしてそんな彼女の生活環境は……? 「中村アンの不潔エピソードが凄い!髪型は?」の続きを読む…

コジョンドの弱点と育成論は?

物理アタッカーとしてなかなか優秀な能力を持つコジョンド。高い火力でのゴリ押しや小回りの聞くサイクル性能が優秀で、単格闘としての能力は高い方です。高速格闘物理アタッカーはゴウカザルを筆頭にライバルが多く、また第六世代ではファイアローの台頭によりやや動きづらくなった面はありますが、それでもまだまだ強いです。そんなコジョンドの育成論を考えてみましょう。 「コジョンドの弱点と育成論は?」の続きを読む…