スポンサードリンク

江原啓之の言っていることは嘘?高橋ジョージや川島なお美との現在の関係は


2010年ごろにオーラの泉で一世を風靡した江原啓之さん。当時の私はスピリチュアル・カウンセラーというよくわからない肩書で活動している彼を見て、なんだか変な人だなあと思っていたのですが、最近はテレビで目にする機会もめっきり少なくなってしまいました。

はっきり言って今も胡散臭い雰囲気が抜けない彼ですが、最近は主に執筆活動や講演活動などでの陸地をしのいでいるようです。さらにはあまり知られていませんが、歌手としても活動しでいるようで……。

スポンサードリンク

江原啓之さんは、1964年生まれの作家、タレント、スピリチュアルアーティストです。1964年に東京都墨田区の下町で生まれ、高校は本郷高等学校デザイン科に進学。勉学に励む傍ら、アマチュア合唱団の練習に励みます。その後和光大学人文学部芸術学科に進学するものの、18歳になったころから心霊現象に悩まされるようになります。

 

 

結局19歳で入った大学を退学し、警備員のアルバイトをしながら複数の霊能力者に心霊現象の解決を依頼するのですがどうにもならず、藁にも縋る思いで出会った20人目の霊能力者、日本心霊科学協会の講師・寺坂多枝子に信頼を置くようになります。

 

 

寺坂氏に人格や波長を高く保ちカルマを積めば低級霊は寄ってこないというアドバイスを受けたことから、集験道の修業を始めます。寺での修行や高尾山での修行を経て心霊現象を克服、その後は瞑想や心霊化学などを学びます。22歳で神職を得るために國學院大學の夜間部に入学、心霊相談をしながら学び、神職を得ます。

 

 

1989年、24歳で「スピリチュアリズム研究所」を設立。1990年には霊能力者としてより高みに行くためにスピリチュアルの本場であるイギリスにわたり霊能力を学び、1996年まで9回にわたり渡英します。その後はいわゆる霊能者としての活動を始めるものの、カウンセリングに訪れる客の質の悪さに辟易し閉業、執筆かづ堂や講演片有働に重点を置くようになります。

 

 

その後寺坂氏を通じて知り合った佐藤愛子氏の助言でマスメディアに登場するようになり、「幸運を引き寄せるスピリチュアル・ブック」は70万部を超えるベストセラーになります。2003年にはテレビ東京の深夜バラエティ「えぐら開運堂」にレギュラー出演し、2005年からは美輪明宏さんともに「オーラの泉」に出演開始。

 

 

一方で30代半ばには武蔵野音楽大学パルナソスエミネンスに入学し声楽を先行。現在は歌手としても活動しています。

 

 

さて、肝心の江原啓之さんの霊能力の真贋ですが、真相はもちろん本人にしかわかりません。周囲の人の中には信じている人もいますし、信じていない人もいます。私もどちらかと言えば信じていませんが、100%嘘だと思っているわけではありません。究極のところ、江原啓之さんが本当の霊能力者だろうが、インチキ霊能力者だろうが、そんなことは私にとってはどうでもいいことですからね。

 

 

ネット上では懐疑的な声が大半を占めているようです。その根拠としてよく挙げられるのが、27時間テレビのやらせ事件と檀れいさんのインチキ霊視事件です。27時間テレビでは出演者の女性が霊視を望んでいなかったにもかかわらず霊視を行い、さらに彼女の美容院が経営難であるという間違った発言をしました。

 

 

檀れいさんについては、彼女の実父がまだ存命中であるにもかかわらず亡くなった父親からのメッセージを伝えます。一応江原さんいわく「この父はすでに亡くなっている義父の方だ」と整合性を取ろうとしていますが、後付の感は否めません。

 

 

また、川島なお美さんや高橋ジョージさんの霊視を行ったこともありますが、その内容はいずれも的外れなものであり、川島さんがそれから数年後に亡くなることも、高橋さんが数年後に離婚することもわかっていなかったように私には思えます。

 

 

まあ、それでも信じたい人が信じるのは勝手ですし止めはしませんが、私はやめといた方がいいんじゃないかと思います。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す