スポンサードリンク

近年話題の格安スマホのメリットデメリットとは?


毎月の高いスマホ料金に辟易としている方は少なくないのではと思います。そこで是非活用したいのが格安スマホ。使い方によっては月額料金を3分の1以下に下げることも可能です。ただし、価格の安さだけで判断してしまうとろくでもない商品を掴まされます。ここでは格安スマホの選び方を解説したいと思います。

 

格安スマホと格安SIM

格安スマホとは何なのかについて説明する前に、まずは格安SIMとは何かについて説明したいと思います。スマートフォンの中には、SIMと呼ばれる小さなカードが入っています。LTE回線などを使ってインターネットや通話を行うためには、かならずこのSIMと呼ばれるカードが必要になります。SIMカードには音声通話とインターネットが出来る「音声通話SIM」と、インターネット通信しかできない「データ専用SIM」の2種類があります。

 

格安SIMとは、MVNOと呼ばれる業者が、大手携帯電話事業者(au,docomo,softbank)よりも安い価格で提供しているSIMカードのことです。有名なMVNOにNTTコミュニケーションズ、IIJ、日本通信、BIGLOBEなどがあります。

 

MVNOは大手通信キャリアからまとめて回線を借り受けて、それを格安SIMユーザーに提供しています。自社で通信設備を持たないのでそれにかかる維持費を節約することができ、その分通信費用が安くなるのです。格安SIMを一定の条件を満たしたスマートフォンに挿入して、条件設定を行えば、大手携帯電話事業者の回線を使いながら、しかもそおと直接契約するよりも安い価格で通話やインターネット通信を行うことができます。これが格安スマホの魅力です。

 

MVNOがスマホを提供していることもありますが、ユーザーが自らスマホを用意し、そこに格安SIMを挿入する、ということも可能です。自分で格安スマホを用意したい場合は、家電量販店やオンラインショップで購入することもできます。以前は大手携帯電話事業者から販売されているスマートフォンの多くにはSIMロックが掛かっており、その携帯電話事業者以外のSIMカードを使えないようになっていたのですが、最近は大手携帯電話事業者のスマホもSIMロックが掛からないようになっているため、格安スマホとして使うことが出来るようになりました。

 

格安スマホのメリット

格安スマホの一番のメリットは、その名の通り利用料金が格安なことです。現在の大手携帯電話事業者の月額料金はプランにもよりますがだいたい6000円~8000円ぐらいです。格安スマホの場合は毎月2000円~3000円程度なので、乗り換えるだけで毎月5000円程度節約ができます。

 

また、格安スマホのプランは非常に単純明快です。大手系単電話事業者のプランは非常に複雑怪奇に入り組んでいる上にプラン数も少なく、いらない機能まで上乗せされてしまいがちですが、格安スマホでは自分に必要なサービスだけを選ぶことができます。面倒な割引制度もほとんどなく、月にいくら払えば何が出来るのかを理解しやすいです。

 

格安スマホのデメリット

格安スマホの一番のデメリットは、データ容量が少ないことです。大手携帯電話事業者の場合、1ヶ月の容量は7GB前後だった人が多かったと思いますが、格安スマホの場合は1~3GBが主流です。通信速度も遅めです。

 

ただし、中には10GBを超えたり、無制限だったりするところもあります。また、自宅内に固定回線がある場合はそちらを使えば事実上通信は無制限に行うことができます。自宅での利用がメインならば木にすることもないでしょう。

 

また、格安スマホの性能はいわゆるミドルレンジ以下のものが多いです。それなりの性能のものがほとんどですが、選び方を間違えてしまうと、スマホの形をしたガラクタを掴まされてしまうこともありえます。

 

それから、格安スマホではメールアドレスがもらえないことがあります。もっとも、これは別にyahoo!メールやGmailなどを使えばいいだけの話です。

 

このように格安スマホにはメリットもあり、デメリットも有ります。両者を比較したうえで使うか使わないかを決めましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す