スポンサードリンク

羽鳥慎一が渡辺千穂と再婚したのが早い!父は孤独死していた


朝の情報番組「モーニングバード」で司会を務めるなど人気の高い羽鳥慎一さん。
かつては日本テレビに勤めていましたが、現在はフリーのアナウンサーです。
端正な顔立ちとそつのない司会進行がいかにも好人物な感を醸し出していますが、
実は私生活では意外な顔を見せることがあるそうです。

 

 

羽鳥慎一さん関連リンク

羽鳥慎一インタビュー

フリーアナの気構えと責任について

羽鳥慎一、再婚していた

おめでとうといえないわけは

円満離婚を強調

円満な離婚なんて存在しないと思いますが

父の孤独死を明かす

現代日本の闇

スポンサードリンク

まずは羽鳥慎一さんの来歴を振り返ってみましょう。
フジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日の採用試験を受け、
うちフジテレビ以外は書類選考も通過します。
結局日本テレビに入社し、ズームインサタデー野球中継などで活躍。
中でも野球中継は羽鳥さん自身が長年希望していた仕事の一つで、彼のライフワークとなりました。

 

 

2011年3月31日を持って日本テレビを退社。フリーアナウンサーに転身します。
通常、フリーアナウンサーは退社した局とはしばらく距離を置き、
数年が経ってから帰ってくることが多いのですが、羽鳥さんの場合は日本テレビの処置により退職後いきなり「モーニングバード」に就任します。

 

 

フリー転身後も変わらず日本テレビに出演することが多い羽鳥さん。
じゃあなんで退職したんだよと思われるかもしれませんが、
やはりフリーアナウンサーはテレビ局所属アナウンサーと比べてギャラがいいみたいですね。

 

 

羽鳥さんの日本テレビ時代の年収は大体1200万円だったそうです。
もちろんいい額ではありますが、大企業の顔であることを考えると若干物足りない気もします。が、フリー転身後の羽鳥さんは一気にギャラも増加。

 

 

「しゃべくり007」出演時に明かした情報によれば、年収は約1億円にも上るのだとか。

 

 

これだけ見ればフリーアナウンサーはとてもおいしい仕事に見えますが、
実際問題フリーの立場で食っていけるのはごく一部の人だけですからね。
誰とは言いませんが局アナ時代は人気だったのにフリーに転身したとたん全く見なくなったような人も居ますし、まさに一寸先は闇。

 

 

年収はそれほどでもなくても安定している局アナと、年収は高い代わりに不安定なフリーアナウンサー。どちらが幸せなのでしょうか。

 

 

さて、ここからはいよいよはトリさんの私生活についても触れていきます。
羽鳥さんには実は離婚歴があります。
元妻はキャビンアテンダントの栗原冬子さんという方で、
アナウンサー試験で知り合ったのをきっかけにまだ新人だった1995年に結婚しました。
しかし、仕事が忙しくなったことなどもあり、2012年5月2日に離婚。

 

 

が、それから1年もたたない、2013年4月2日に渡辺千穂さんとの交際が発覚します。
渡辺千穂さんは脚本家で、「パパと娘の7日間」などの作品が有名です。
作風は人間の汚さ、いやらしさを前面に出したものが多く、
中でも不倫をテーマに据えることが多いです。二人は2014年に結婚しています。

 

 

羽鳥慎一さんが離婚をした原因は表向きは仕事が忙しかったことになっていますが、
実は羽鳥さんの浮気が本当の原因だったのではとも言われています。
羽鳥さんはまだわかれる前から渡辺千穂さんやモデルの舞川愛子さんとの不倫疑惑があります。真相は本人のみぞ知るといったところですが……どうなのでしょうか。

 

 

最後に羽鳥慎一さんの父親について。
羽鳥さんのは2013年9月に孤独死しています。
羽鳥さんは父の孤独死に対して「まさか身近な人が孤独死をするとは思わなかった」と無念さをにじませていましたが、そのエピソードを明かした徹子の部屋では「父の遺品整理をしていたら、母(すでに死去している)に当てたラブレターが出てきた」という少しいい話もしていました。

 

 

孤独死というのは怖いですよね。
本人はいいかもしれませんが残された人はいろいろときついですし、
最後まで人間関係は維持するようにしたいものです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す