スポンサードリンク

TBSアナウンサーの鈴木順氏は定年後何をしている?


安定した原稿読みの技術で人気が高かったTBSアナウンサーの鈴木順さん。
長らくTBSのアナウンサー部の重鎮として君臨していましたが、
2013年7月31日をもって定年退社。現在はフリーアナウンサーとして活動されています。
今回は鈴木順さんがよく出演していた「月曜JUNK伊集院光 深夜の馬鹿力」の話題を中心に振り返っていきたいと思います。

 

 

鈴木順アナウンサー関連リンク

鈴木順さんがだまし絵アナと呼ばれる理由

顔が上下しても違和感零

伊集院光と鈴木順と小島慶子

3すくみの関係?

動じないあたりさすがプロ

鈴木順vs鳩

鈴木順アナに学ぶDJの在り方

頑張れダメDJ

スポンサードリンク

鈴木順アナウンサーは1976年にTBSに入社。
その後は安定した原稿読みでTBSアナウンサー室の中心的存在に成長します。
あれだけの実力の持ち主でありながら非常にユーモアに対して理解のある人でもあり、
月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」ではたびたびリスナーたちに変な原稿を読まされていました

 

 

ある企画では鈴木順アナウンサーがどれだけ原稿読みがうまいのかを調べるという名目で、
鈴木順アナウンサーが原稿を読んでいる部屋の中に鳩を放つという実験が行われました。
しかし鈴木順アナウンサーは大方の予想に反して鳩に対して全く動じることなく、
原稿を正確に読むという自分の使命を全うしていました。

 

 

また、早押しクイズQQQのQのQというコーナーではクイズ読みを担当していました。
このコーナーは早押しクイズ王である伊集院光さんがあらかじめ回答しておいた答えに合うようなもクイズを投稿するというコーナーでしたが、途中からいかに鈴木順アナウンサーに変な文章を読ませるかという色合いが濃くなっていました。

 

 

たとえばある放送会では「10月9日」が答えになるような問題が募集されていたのですが、
その時に送られた問題の一部がこちらになります。

 

 

Q.まずは、この曲をお聴き下さい。
「柱の傷はおととしの~五月五日の背比べ~♪」
このように、童謡『背比べ』では、柱の傷は仲の良い兄弟の象徴となっていますが、我が家の姉が明らかに殺意のこもった形相で投げつけてきた電話の子機が当たって、粉々に砕け散った時に付いたうちの柱の傷は、3年前の何月何日にできたもの?

A.10月9日

 

 

Q.一般的にはあまり知られていませんが、実は遅れてすまなそうに恐怖の大王が降りてきたものの、誰も相手にしてくれなくて日帰りしていったのは、昨年の何月何日?

A.10月9日

 

 

Q. 俵万智作のベストセラー『サラダ記念日』の中で、「この味が いいねと君が言ったから」とくれば、下の句は「七月六日はサラダ記念日」ですが、「お前ケツの穴二つあんじゃん 何それ?予備? と君が言ったから」とくれば、下の句は、何月何日は「俺が普通だと思っていた事の中に いくつかの普通じゃない事があるのだな記念日」とくる?

A.10月9日

 

 

このコーナーにはこのような怪文書が多く送られてきていました。
今思えば鈴木順さんもよくこんなコーナーに付き合ってくれていたなと思います。

 

 

そして同コーナーの名物といえば進藤晶子アナウンサーによる鈴木順アナウンサーいじめ。
なぜかこのコーナーでは当時まだ20代だった進藤晶子アナウンサーがTBSアナウンサーに君臨している恐怖の女帝であるという設定がなされていました。

 

 

Q.毎回、使いっ走りを頼まれるたびにぐんぐんマイルが貯まる、進藤晶子マイレージカード。
TBSのアナウンス室で「カラシレンコン買ってこい!」の一言で九州にひとっ飛び、3000マイル。
「サンフランシスコ団子ってのが食ってみたいな」の一言にサンフランシスコにひとっ飛びで5万マイル。
「土星の輪ってなんでできてんの?」で100万マイル。
3兆マイル貯まるとキーホルダーがもらえるこのサービス。
田端・西日暮里間往復のパシリでは何マイル加算される?
A.0.5

 

 

Q.今日3月4日、わたくし鈴木順が同じ会社の進藤晶子センパイに呼び出され、「オイ順!順、今すぐこれで買ってこい!」と言われ、630円をぶつけられましたが、さて私は何を買ってくればいいんでしょう?
A.プレステ2

こんな問題もよく出題されていました。進藤晶子穴はどれだけ大物なのでしょうか。
何はともあれ、今はフリーのアナウンサーとして活躍されている鈴木順アナウンサーの今後に期待です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す