スポンサードリンク

TBS青木裕子ってグラビアアイドルやってたの?矢部浩之とのブログは?


元TBSアナウンサーで、現在はナインティナインの矢部浩之さんの奥さんでもある青木裕子さん。身長174cmという夫にも引けを取らないほどの高身長と優れたプロポーションを持つ彼女ですが、実は昔グラビアアイドルをやっていたなんて言う噂もあります。最近は第二子も誕生して幸せ絶頂期の彼女ですが、果たしてその噂は本当なのでしょうか……?

スポンサードリンク

青木裕子さんは1983年生まれの女性アナウンサーです。元TBSアナウンサーで現在はフリーのアナウンサー、レプロエンタテインメント所属。埼玉県浦和市(現在の埼玉県さいたま市浦和区)出身、慶應義塾大学卒業。

 

埼玉県立浦和第一女子高等学校時代には、「東京ストリートニュース!」などの雑誌で読者モデルとして活躍していました。慶應義塾大学進学後も「ミス慶應」に選出されるなどその美貌は有名であり、当時所属していた演劇サークルでは主演を務めたこともあります。さらに、芸能事務所「アミューズ」にも所属しており、数々の女性雑誌のモデルとして活躍していました。

 

大学卒業後はTBSテレビにアナウンサーとして入社、バラエティ番組を中心に多くの番組に出演しました。基本的にはアナウンサーらしく真面目で実直なキャラクターだったのですが、その一方でどこか抜けている一面もあり、そのギャップで人気を得ました。中でも長年にわたり出演した日曜朝のバラエティ番組「サンデージャポン」での爆笑問題との掛け合いは名物でした。

 

英語ができるためか海外に派遣されることも多く、その先々の文化に体当たりで挑む姿は見ていてかなり面白かったですね。

 

長らくTBSテレビの主力アナウンサーとして活躍していた彼女ですが、2012年をもってTBSを退社します。その後は多数のアーティスト、モデル、文化人などが所属するレプロエンタテインメントに移籍。2013年3月にはナインティナインの矢部浩之さんと婚約します。2014年は第一子(男児)が誕生しました。

 

そして2016年1月21日には待望の次男が誕生。体重は3016gで、母子ともに健康だったとのことです。

 

矢部浩之さんとのなれそめは2006年のバラエティ番組「DOORS」といわれています。同番組で両者は長年にわたり共演、プライベートでの交際はなかったものの、2009年末の、最終回の収録日で矢部さんのほうから「携帯番号交換せえへん?」と持ち掛けたのだとか。このことがきっかけで二人は食事をし、その後矢部さんは攻勢をかけます。

 

矢部さんは遊び人といううわさが絶えなかったためしばらくは警戒していたという青木さんでしたが、年明けの2010年1月17日にサプライズで誕生日ケーキを用意されると「真剣にお付き合いを考えてくれているんだな」と考えるようになり、交際を開始したとか。こういうまめな行動が、女性を引き付けるコツなのでしょうね。

 

交際直後は焼肉店とカラオケ店ばかりでデートを繰り返していたものの、その後青木裕子さんがたびたび手料理を作って自宅デートをする中に発展しました。二人の仲は急速に発展し、2010年7月月には矢部さんがプロポーズします。しかし、その後矢部さんの相方の岡村隆史さんが入院したため話はうやむやになり、その後は倦怠期で破局の機器を迎えたこともあったとか。

 

それでも矢部さんは2012年8月12日、大喧嘩をしたばかりの青木裕子さんに再びプロポーズ。そのまま2013年にゴールインしました。こうしてみると矢部さん、なかなかの伊達男ですね。結婚後も子供が生まれるまでは結構ちゃらちゃらしていたものの、子供ができてからは目立った衝突などもないそうです。まさに「子は鎹」ですね。

 

ちなみに、青木裕子さんが過去にグラビアアイドルをやっていたという噂がありますが、これはガセです。彼女がやっていたのは読者モデルです。同姓同名のグラビアアイドル兼タレントがいたために、このようなうわさが生まれてしまったようですね。ちなみに、グラビアアイドルの方の青木裕子さんは現在はほぼ活動を中止しており、山形県でお寿司屋をやっています。同姓同名でも、人生はいろいろですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す