スポンサードリンク

福本伸行先生にしびれた芸人とは?零などの作品の名言を集めました


ドラゴンボールやワンピースのように王道を行く人気漫画を発表しているわけではありませんが、その独特の作風からファンも多い福本伸行先生。

 

 

アメトークでは福本伸行先生にスポットライトを当てた回(福本伸行先生にしびれた芸人)もありましたが、この人はいったいどんな人なのでしょうか。

福本伸行が描く危険ドラッグの怖さ

なぜ描かせた

福本伸行が受験漫画を書いたらどうなるか

なぜ描かせない

福本伸行のネタ画像集

ネタにしやすい要素が多いですね

カイジ名言集

圧倒的至言……!

スポンサードリンク

福本伸行先生は1958年生まれの56歳の漫画家です。
高校卒業後は会社を入社3カ月でやめ、かざま鋭二先生のもとでアシスタントしての経験を積みますが、アシスタントを半ば首になるように退職。
かざま先生に勧められたトラックドライバーになります。

 

 

その後1980年に月刊少年チャンピオンでデビューするものの、なかなか芽が出ずに雌伏の時を過ごします。
当時はギャンブル漫画が人気だったため1980年代末に「天 天和通りの快男児」の連載を開始。この作品がヒットし、ようやく人気を博するようになります。

 

 

その後は転のスピンオフ作品である「アカギ」、裏社会でしたたかに生きる男たちを描いた「銀と金」、そして2007年・2011年にはアニメ化された「カイジ」シリーズの連載が始まります。

 

 

その他、「賭博覇王伝零」「無頼伝涯」「最強伝説黒沢」などの作品がありますが、そのほとんどはギャンブル漫画です。
若いときには人情ものなどもかかれていたようですが、その作品が注目されることはほぼありませんでした。
ここでは作品の一部を紹介したいと思います。

 

 

天 天和通りの快男児

福本伸行先生最初のヒット作。
西の暴力団と東の暴力団による麻雀最強決定戦がメイン。

 

 

後半は麻雀を離れ死生観の話題になるという大スペクタクル。
この作品の登場人物「赤木しげる」は読者からの人気も高く、
のちにスピンオフ作品が作られた。

 

 

アカギ

天のスピンオフ作品。悪魔的なジャン力を持つ赤木しげるの青年期を描いた作品。
現在は15年以上も同じ相手と麻雀をひたすら打っており、そのマンネリ化が指摘されている。

 

 

銀と金

裏社会で生きるフィクサー・平井銀二と森田鉄雄のストーリー。
麻雀、ポーカー、さらには高層ビルでの殺し合いなど多種多様なテーマを取り扱っており、マンガとしての完成度は非常に高い。

 

 

賭博覇王伝零

若干低年齢層向けの作品……なのだが、結局は指を切り落とすゲームなどあまり低年齢層向けとは言えない作品に仕上がっている。

 

 

熱いぜ辺ちゃん

麻雀ものだが、他の作品の主人公とは違い特段ギャンブルに強いわけではない。
ただし麻雀に対する愛情は誰よりも強く、その熱意はかなりのもの。

 

 

さて、話は変わりますが、福本伸行先生の作品は名言が多いことでも知られています。

 

 

たとえば、「アカギ」の主人公、赤木しげるの名言。
いくつもありますが、個人的に一番痺れたのは「不合理に身をゆだねてこそギャンブル」ですかね。

 

 

ギャンブルという人間の意思ではどうしようもなく支配できないバカげた行為に身をゆだね、すべてを天に任せること。
それこそがギャンブルなのですよね。そういった意味では人生自体がギャンブルであり、安定などこの世には存在しないのだともいえます。

 

 

いいじゃないか…!三流で…!熱い三流なら、上等よ…!まるで構わない…!構わない話だ…!

 

 

これも名言として名高いです。他人との才能の差に気づかされ、そこで立ち止まってしまう人の背中をそっと押し出してくれます。
問題は他人がどうこうじゃなくて、結局は自分が行きたいように生きることが大切なのですね。

 

 

なお、福本先生の作品の共通点として、
登場人物の顎が異常にとがっていることが挙げられます。
001188 福本伸行先生にしびれた芸人とは?零などの作品の名言を集めました
そのパーツをほとんど定規で書いたようにしか見えない登場人物のフォルムは、見ているものに大きな衝撃を与えます。

 
なんでも福本先生は原稿を回転させながら登場人物の絵を描いているようですが……いろいろと個性的なお方です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

1件のコメント

  • 名無しのリーク

    香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業

コメントを残す