スポンサードリンク

ゲームブックファイティングファンタジーがAmazonで!ソーサリーもあります


ゲームブックシリーズで一番有名なのといえばイギリス発祥のファイティング・ファンタジーシリーズ。発売から30年たった今でも愛されている人気シリーズです。

 

 

ファイティング・ファンタジー関連リンク

快作・モンスター誕生

驚異の難易度と作りこみ

双方向ゲームブック・サソリ沼の迷路

比較的簡単な方です

ソーサリーリプレイ

いまだ未完結

ソーサリー魔法集

冒険前に48の呪文を習得しましょう

スポンサードリンク

ファイティングファンタジーシリーズはスティーブ・ジャクソンイアン・リビングストンが考案した世界観をもとにしたゲームブックシリーズです。
SFや現代を舞台にしたものなどもありますが、「タイタン」と呼ばれる中世ヨーロッパ風の世界を舞台にした作品が一番多いです。
とはいえ各巻は互いに独立しており、他の作品を知らないでも問題なくプレイは可能です。
しかしその一方で世界観自体は共有されているため(たとえばシリーズ第五弾「盗賊都市」で登場した危険な港湾都市『ポート・ブラックサンド』は、シリーズ第18弾の「深海の悪魔」、29弾の「真夜中の盗賊」などにも登場します)、他の作品を知っていればより深く楽しめます。

 

 

ファイティングファンタジーシリーズは全部で60巻。うち日本で邦訳されているのは33巻の「天空要塞アーロック」までです。また、シリーズとは世界観をともにしている者の作品としては独立している「ソーサリー」シリーズ、世界設定集である「タイタン」「モンスター辞典」などの作品があります。

 

 

ここでは作品の中でも特に知名度が高い代表作をいくつか紹介したいと思います。

 

 

火吹山の魔法使い

記念すべきシリーズ第一弾。主人公の「君」は、火吹き山と呼ばれる赤い植物が群生する山の地下に住まう悪の魔法使い「ザゴール」の蓄えた財宝を頂戴するため、彼が待ち受ける膨大な地下迷宮に挑戦します。

 

 

シリーズ第一作ということもあり基本に忠実な作りになっています。

 

 

ちなみに、所ジョージさんのゲームブック「所さんのまもるもせめるも アクアク大冒険」にはこの作品のパロディである「火吹山の目覚まし時計」なるアイテムが登場します。

 

 

盗賊都市

シリーズ第5弾。闇の王者ザンバー・ボーンの使者が、裕福な街シルバートンのオウエン・カラリフ市長に対して娘ミレルを差し出すように要求します。要求を断られたザンバー・ボーンは夜ごとに街に怪物を送り込み脅しをかけます。

 

 

主人公の「君」の目的は悪が跋扈する魔の都市「ポート・ブラックサンド」で奴に関する情報を手に入れて、ザンバー・ボーンを討伐することです。

 

 

ポートブラックサンドが魅力的に書かれ過ぎていて、ザンバー・ボーンの存在感が皆無なのが問題点で、ゲームよりも都市観光がメインとなりがちですが、都市観光部分がとても楽しい作品です。死と隣り合わせなのに魅力的な都市、ポート・ブラックサンドへようこそ。

 

 

死のワナの地下迷宮

シリーズ第六弾。普段はさして人々の話題に上がることも無い小さな町、ファング
この街では領主サカムビット公が開発した「迷宮探検競技」が開催されています。
この競技は命知らずの冒険者何人かがサカムビット公の考案した巨大迷路に挑むというもので、
いまだかつてこの危険な迷宮から帰ってきたものはいません。

 

 

ファング唯一のイベントとも言っていい迷宮探検競技に挑むことになった「君」。
万が一冒険に成功した暁には莫大な富(金貨1万枚!)を得ることが出来ます。
莫大な富とまだ誰も成功したことがないという触れ込みに心を打たれた「君」は、
最後に息を一つ大きく吸って迷宮へと足を踏み入れます……

 

 

今まで誰も成功したことがない冒険ということもあってか難易度はかなり高いですが、
挑戦しがいのあるゲームです。途中で他の挑戦者と協力する場面もありますが、
その挑戦者がなかなかに壮絶な最期を遂げるのも特徴の一つです。憎たらしい人物も居ますが……。

 

 

地獄の館

シリーズ第10弾。シリーズ初の現代ホラー。
ある雨の強い日の夜に車を走らせていた「君」は、森の中でエンストを起こしてしまいます。
途方に暮れる「君」の目に飛び込んできたのは1つの洋館。
これは助かったとばかりに飛び込んだ「君」でしたが、なんとそこは悪魔崇拝者が支配する狂気の館でした。館の中で行われている狂った儀式を見て恐怖にさいなまれる「君」。

 

 

果たしてこの館から正気を保ったまま脱出することはできるのでしょうか……。

 

 

この作品はシリーズ1,2を争う難易度で知られています。
とにかく選択肢が巧妙なうえに複雑で悪意に満ちており、
何十回と再挑戦をしなければいけないでしょう。

 

 

ストーリーは狂気に満ち溢れており、海外の悪魔崇拝者の狂い方が良く描かれていて、大変魅力的です。

 

 

サイボーグを倒せ

シリーズ第17弾。アメコミチックなヒーロー物。
危険な実験によって超人的な能力を手に入れた「君」は、日夜正義の使者シルバー・クルセダーとなり、タイタン・シティの治安維持を行います。

 

 

最近タイタン・シティでは不穏な動きがあります。恐怖結社がサイボーグを開発しているというのです。彼らはそのサイボーグを武器に全世界を支配しようとしています。果たして「君」はこの陰謀を阻止し、世界に平和をもたらすことが出来るのでしょうか……。

 

 

シリーズでも異色の世界観ですが、ヒーローの苦しみや立場が味わえる名作です。
あくまで「君」自身がシルバー・クルセダーであるとばれてはいけないのがポイントです。
作品の最初に「君」自身の持つ能力を超体力・思念力・超技術・電撃の中から一つ選ぶのですが、
この能力によって「君」が遭遇する機器やその解決方法は変わります。
あくまでも自分の能力を生かす戦いをすることが肝心となります。

 

 

モンスター誕生

シリーズ第24弾。「君」は知性も理性もないただのモンスター。
本能の赴くままに行動し、破壊し、歩き回ります。
しかしそんな「君」もやがて自身の生い立ちに疑問を持つようになり、少しずつ知性を見につけていきます。

 

 

やがて自身のある「運命」に気が付いた君は、真実を知るべくある人物と対峙します……。

 

 

シリーズ最高傑作にして最高難易度との呼び声も高い名作です。
異常なまでに練りこまれたルート分岐、主人公がモンスターで選択肢すらまともに選べないという理不尽さ、それでいて選択肢にはすべて理由があります。
感動すら覚える芸術的な作品なので、ぜひプレイしてみてください。

 

 

ソーサリー

ファイティングファンタジーシリーズとは独立した作品。
新訳版と旧約版がありますが、旧訳版は

 

 

  1. 魔法使いの丘
  2. 城砦都市カーレ
  3. 七匹の大蛇
  4. 王たちの冠

 

 

からなり立っています。

 

 

目的は所持する者に強力な統治力を与えるという秘宝「王たちの冠(諸王の冠)」がマンパン砦の大魔王(大魔法使い)によって盗まれたアナランド王国の国民である「あなた」が、その王冠を取り戻すために魔法使いの丘を越えて、ポート・ブラックサンドと並ぶ危険な街城砦都市カーレを抜けて、
マンパンの大魔王の部下である七匹の大蛇を討伐し、最後に王たちの冠を取り戻すストーリーとなっています。

 

 

合計パラグラフは2000以上、主人公は48種類の魔法を駆使します。
簡潔な戦闘システム乍ら絶妙な難易度に落ち着いており、ゲームブック界の最高峰と推す声も多いです。

 

 

登場人物もアクの強い個性的な面々がそろっており、冒険談としての完成度も高いです。

 

 

以上の作品はAMAZONなどのネットショップで購入することが出来ます。
初期の作品は比較的流通量が多いこともあって、1冊500円~1000円ぐらいで購入することが出来ます。
ただ、後期の作品は1作10000円を超えることもあるので最初のうちは手を出すべきではないでしょう。

 

 

まずは「火吹き山の魔法使い」あたりから始めるのが最も穏当です。
恐ろしく、汚らしく、狂気に満ちていながらもどこか魅力的な世界、タイタンへようこそ。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す