スポンサードリンク

ガオガエンの育成論は?夢特性が強い?


ポケモン第七世代の炎御三家、ガオガエン。全体的に攻撃能力に優れる反面耐久がいまいちだった歴代炎御三家とは裏腹に、耐久が高めで鈍足な種族値配分をしています。安定した専用技と優秀な特性、多い耐性となかなか強力な要素を秘めている反面、鈍足で弱点も多いため扱いには注意が必要です。

スポンサードリンク

ガオガエン基本データ

portrait01 ガオガエンの育成論は?夢特性が強い?

タイプ:炎、悪
2倍弱点:水、格闘、地面、岩
1/2耐性:炎、草、氷、ゴースト、悪、鋼
エスパー

とくせい
もうかorいかく

種族値
H95 A115 B90 C80 D90 S60

ガオガエンは第七世代で初登場を果たした炎・悪タイプのポケモンです。同じタイプ組み合わせのヘルガーとは能力傾向が大きく違い、あちらは素早さと特殊が高めの特殊アタッカーであるのに対して、こちらは鈍足高耐久の物理アタッカーなため差別化の心配は必要ありません。

とくせいはもうかといかく。夢特性のいかくは現時点では解禁されていませんが、解禁された場合は多い耐性と高い耐久を活かしたいかく撒き役になれるでしょう。

技ラインナップは物理炎おなじみのフレアドライブを覚えるほか、素早さを上げるニトロチャージも習得可能です。悪技は専用技のDDラリアット、じごくづきからの選択となります。DDラリアットは威力が85と高く、相手の能力変化を無視するという効果もありますが、相手の下がった能力変化も無視してしまうという欠点があります。

じごくづきは威力は80と若干劣るものの、2ターンの間音技を封じるという独特の追加効果があります。いちおう噛み砕くも覚えますが、じごくづきの劣化(威力は同じだがこちらは追加効果がない)ので、特に選ぶ必要はありません。

サブウエポンはタイプ一致技の通らないサザンドラやバンギラス、あるいは同族の弱点をつけるクロスチョップ、悪タイプに打てて高耐久と相性がいいきゅうけつ、相性補完として優秀な地震、交代技のとんぼがえり、先制技の猫騙しなどを覚えます。

特殊技は大文字、オーバーヒート、バークアウトなどを覚えます。物理メインのフレアドライブはせっかくの高耐久を落としてしまうため、炎技を連発するのでなければ無振りでもそれなりの威力が出るオーバーヒートを採用してもいいでしょう。

育成論は物理型がメインです。この場合のポイントはS調整です。今作では鈍足のポケモンも多いので抜こうと思えば抜ける相手はそれなりに多いものの、AS特化ではせっかくの耐久が活かせません。耐久と素早さの調整が肝になります。

対策としては耐久の高い水タイプが比較的安定しやすいです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す