スポンサードリンク

ガチゴラスの夢とくせいは?構築と育成論を考えよう


第六世代が初登場のガチゴラスというポケモン。
史上初となる「岩・ドラゴン」タイプと優秀な種族値が特徴です。
現時点ではドラゴンタイプが昔ほど活躍できないこと、弱点が多すぎることもあってあまり活躍はできていませんが、場合によっては全抜きも可能なポテンシャルを秘めています。

 

 

そんなガチゴラスを生かす方法を考えてみましょう。

 

 

ガチゴラス関連リンク

ガチゴラスの覚える技

もろ刃の頭突きは不安定でも超火力

いしあたまガチゴラスが解禁!

強いのか?

ガチゴラスはファイアローメタとなりうるか

現状は弱点が多すぎる

石頭ガチゴラスの調整

無反動諸刃が打てるすごい奴

スポンサードリンク

ガチゴラス基本データ
img new 30 ガチゴラスの夢とくせいは?構築と育成論を考えよう

タイプ:岩・ドラゴン
2倍弱点:地面、格闘、鋼、氷、ドラゴン、フェアリー
1/2耐性:電気、ノーマル、毒、飛行
1/4耐性:炎

とくせい
がんじょうあごorいしあたま

種族値
H82 A121 B119 C69 D59 S71

ガチゴラスの最大の特徴は岩・ドラゴンというタイプ組み合わせです。
この組み合わせは唯一無二のものであり、耐性も弱点も独特です。
ドラゴンタイプでありながら飛行や毒に対しての繰り出し性能が高いのは大きなポイントです。

 

 

特に現環境で幅を利かせているファイアローに対しては炎1/4、飛行半減なため極端に強く出ることが出来ます。また、本来苦手な氷タイプにも一致岩技である程度抵抗が出来ます。

 

 

が、反面弱点も多く実戦ではやや使いづらい部類に入ります。
本来ドラゴンタイプにとっては有利なはずの草や水が等倍で入ってしまううえ、
特殊耐久が低いのでタイプ一致のハイドロポンプやソーラービームが致命傷になりかねません。

 

 

そのほか格闘、地面が弱点なため高い物理耐久も十分に生かされないことが多く、
立ち回りを誤るとあっさり落ちます。

 

 

また、ドラゴンタイプにしてはかなり鈍足なため、ドラゴン同士の対面でも不利なことが多いです。特に特殊ドラゴン相手には先制竜星群一発で落とされるため、
できる限り対面を避けたほうがいいでしょう。

 

 

幸い竜の舞を習得することが出来、1回舞えば最速で130族まで抜けます。
ORASでは新たに逆鱗を習得しましたので、スカーフ持ちでないガブリアスやラティ兄弟に対しては対面でなければ十分戦えるようになりました。

 

 

バレットパンチ、マッハパンチ、氷の礫と先制技が軒並み弱点を突いてくることには注意が必要です。1回耐えることを前提に竜の舞を積むと先制技で何もできずに落とされることがままあります。

 

 

さて、基本データはこのくらいにして、ここからはガチゴラスの育成論を考えてみましょう。

 

 

まずはとくせいについて。がんじょうあごいしあたまもかなり有用な特性です。
がんじょう顎はサブウエポンとしては若干火力が足りない三色牙や噛み砕くを底上げできます。
いしあたまはもろ刃の頭突きが無反動で撃てるため、襷との相性も抜群です。
技に応じてとくせいを選びましょう。

 

 

型はいろいろありますが、基本的には中途半端な素早さを何らかの方法で補わなければ使いづらいでしょう。

 

 

竜の舞型は積むのに1ターンと技スペースを1つ消費しますが、
積んだ後は無双も狙えます。ロックカット型は火力が上がらないので、
現状ではやや使いづらいです。

 

 

スカーフでサポートする場合は技が選べなくなるので、
なるべく通りのいい技を選択するようにしましょう。

 

 

あまり見られませんが、中速トリパで採用されることもないわけではありません。
この場合は抜きたい相手と抜かれたい相手をしっかりと見極めましょう。

 

 

対策は状態異常が役立ちます。多くはスカーフか竜舞型の物理アタッカーなので、
やけどか麻痺を入れられれば半機能停止状態に持ち込めます。
また、ガチゴラスより早い特殊アタッカーにスカーフを持たせるのも効果的です。

 

 

特殊耐久はかなりもろいので不一致弱点でも落とせることが多いです。
もたもたしていると大火力のもろ刃の頭突きが飛んできますので、早めに落としましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

1件のコメント

  • That’s a smart way of thikning about it.

コメントを残す