スポンサードリンク

ガノメデスの種族値と育成論は?


非常に変わった見た目から、一部のファンの間でコアな人気があるガノメデス。能力は際立ってた階部分こそあまりないものの、バランスのとれた種族値をしておりほかの同タイプと比べると比較的素早さが高めです。

 

 

タイプ一致技にあまり恵まれていない者の現環境で流行中のファイアローには強く、使い方次第で十分輝かせることができるポケモンといえます。

スポンサードリンク

ガノメデス基本データ

b9349820 ガノメデスの種族値と育成論は?

タイプ:岩・水
4倍弱点:草
2倍弱点:電気、格闘、地面
1/2耐性:ノーマル、毒、氷、飛行
1/4耐性:炎

とくせい
かたいツメorスナイパーorわるいてぐせ

種族値
H72 A105 B115 C54 D86 S68

ガノメデスは高性能な積み技である「殻を破る」を習得可能なポケモンです。同タイプでかつ殻を破るを習得できるポケモンにはアバゴーラがいますが、ガノメデスはアバゴーラと比べるとかなり素早いのが特徴です。アバゴーラは最速でも殻を破る1回で130族が抜けないのに対して、アバゴーラは準速でも余裕で130族が抜けます。物理耐久では負けているものの特殊耐久では勝っており、ガノメデスのほうがどちらかと言えば安定して使えます。

 

 

他の同タイプのポケモンはジーランス、カブトプス。ただ、これらのポケモンとは種族値配分も特性も違うのであまり差別化を気にする必要はありません。

 

 

性能面ではタイプ一致技の威力があまり高くないのが目につきます。岩技はいちおう威力100のストーンエッジを習得することができるものの、タイプ一致の水物理技は威力75のシェルブレードしかありません。一応かたいツメ補正が入れば威力97にまで上昇しますが、これでもまだ若干火力不足な感があります。とはいえ、相手の防御を50%の確率で下げるという追加効果は十分優秀ですし、他に水物理技を覚えるわけでもないのでこの技はほぼ必須といえます。

 

 

タイプ不一致技のサブウエポンは地震や馬鹿力、クロスチョップ、けたぐなどがあります。格闘技はいずれもかたいツメ補正の範囲内であり、特に馬鹿力は安定した威力156の技になるため優先度は高いです。

 

 

そのほか、苦手な草タイプに対抗できる毒づき、ゴーストタイプやエスパータイプに強くなるシャドークロー、辻斬りなどを習得します。補助技は殻を破るが非常に優秀ですが、それ以外にはこれといった技を覚えません。

 

 

とくせいはかたいツメ、スナイパー、わるいてぐせの3つです。最も安定しやすいのはかたいツメです。スナイパーはそもそも急所に当たらないことがほとんどなので生かしづらく、わるいてぐせは自分が道具を持っていないときにしか発動しないためやはり生かしづらいです。

 

 

型はスカーフか殻を破るの二つです。タイプや種族値の都合上、一発耐えてから殴るのには不向きです。スカーフ型の場合は最速で127属まで抜くことができます。殻を破る形と違い、1ターン耐える必要もなく、殻を破る読みで行動してきた相手を出し抜くことができます。しかし、火力はあまりないので弱点を突く立ち回りが重要になります。

 

 

殻を破る形はうまくはまれば強力ですが、1ターンを積みに使わなければならないぶんいろいろな制約があります。積む際の確実性を上げたいならば気合の襷は必須です。また、素早さは最速よりも調整のほうがいいでしょう(最速にしなくてもほとんどの相手を抜けます)。

 

 

火力は十分ですが、先制技がないので全抜きは少し難しいかもしれません。

 

 

対策としては草タイプが最も安定します。水タイプでありながらまともな氷技を覚えないので、サブウエポンで落とされる心配もありません。襷を持っていることも多いですが、タネマシンガンなどの連続技ならば確実に落とすことができます。

 

 

スカーフ持ちと殻を破る形両方に一片に対策するのは難しいです。いずれにしよ1ターン目から大火力の技が飛んで来ることはないため、耐久が高い先制技持ちならば有利に戦えるはずです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す