スポンサードリンク

ポケモンアーマルドの育成論とは?


岩タイプの中では珍しいすいすいもちのポケモン、アーマルド。最速ならば雨下で130族まで抜けるほか、火力も高く耐久もそこそこと能力値は割と優秀なポケモンです。攻撃性能も悪くないのですが、タイプ組み合わせの都合上耐性が極端に乏しいという弱点も抱えてしまっています。

第六世代では種族値とマッチしたアクアジェットを習得したほか、アイアンテールや馬鹿力も習得できるようになりました。そんなアーマルドの育成論を考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

アーマルド基本データ

zukan 348 290 ポケモンアーマルドの育成論とは?

タイプ:岩・虫
2倍弱点:水、岩、鋼
1/2耐性:ノーマル、毒

とくせい
カブトアーマーorすいすい

種族値
H75 A125 B100 C70 D80 S45

アーマルドはそこそこ数が多い岩・虫複合タイプのポケモンです。同タイプはほかにイワパレスとツボツボがいますが、いずれも種族値の傾向が全くバラバラなので差別化を気にする必要はありません。イワパレスはこの三匹の中では最も攻撃性能が高いので、基本的にはアタッカーとして育成することになります。

 

 

岩・虫というタイプ組み合わせは攻撃面がまずまず優秀で、割と広い相手に抜群を取れるのですが、タイプ一致技だけでは鋼タイプと格闘タイプが苦しくなるという欠点があります。サブウエポンに鋼に通る地震があるので、なるべく覚えさせておきたいところです。

 

 

そのほかサブウエポンには叩き落とす、瓦割り、ツバメ返し、馬鹿力、アクアジェットなどがあります。いずれも少し威力が足りなかったり、命中不安だったり、能力が下がったりして使いづらい一面はありますが、サブウエポンの数自体は比較的豊富で大奥多くのポケモンの弱点を突くことができます。特にアクアジェットは鈍足で今まで先制技がなかったアーマルドにとっては貴重なものなので、すいすい型でもない限りは入れておいたほうがいいでしょう。

 

 

補助技は爪とぎ、のろい、剣の舞、眠る、ロックカット、ステルスロックなど。耐久はあまり高くないので、悠長にステルスロックを撒いたり積み技を使ったりする暇はないかもしれません。

 

 

とくせいはカブトアーマーかすいすい。耐久が高くないのでカブトアーマーが役立つ機会はあまり多くありません。行動の機会を確保したいならば、気合いの襷のほうが確実です。よほどのことがない限りはすいすい推奨です。

 

 

持ち物は突撃チョッキ、気合いの襷、命の珠、こだわり鉢巻きなどから選択になります。物理耐久はそこそこあるものの特殊耐久がやや心もとなく、補助技を使うこともあまりないので突撃チョッキが安定するかと思います。

 

 

型の種類はあまり大きくありません。基本的にはアタッカーとして育成することになります。前述のとおり、攻撃技はいろいろ方法に憶えるので、うまく弱点を突くプレイングを心掛けたいところです。タイプ一致技に地面技化格闘技を加えるとかなり多くの相手に等倍を撮れるようになりますが、一致等倍一発で相手を落とせるほど高火力ではないので注意が必要です。

 

 

相手に負担を賭けたいのならば、こだわり鉢巻きを持たせるといいでしょう。ただし、虫技はメガホーンがないので鉢巻があっても少し物足りないことがあります。その場合は耐久に振ったうえで一発耐えるプレイングに切り替えたほうがいいかも知れません。

 

 

すいすいを生かす場合はASぶっぱすることになります。最速ならば雨下で130属まで抜けるので、終盤の掃除役も務められます。雨がやんでしまってもアクアジェットが打てるので、まったく機能停止してしまうわけではありません。

 

 

対策としては弱点を突くのが基本的なプレイングになりますが、弱点はそれほど多くありません。むしろ一致等倍の特殊技で押していったほうがいいかもしれません。すいすいアタッカーの場合は天候を変えれば弱体化させられますが、バンギラスやユキノオー、リザードンなどにはタイプ相性上有利なのでうかつに出せません。こちらもすいすいのポケモンを出すというのも手段の一つです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す