スポンサードリンク

ポケモンエレキブルのメガシンカと育成論は?


ポケモン第四世代で突如えれぶーからの進化を果たしたエレキブル。際立って高い種族値は攻撃だけなものの、全体的に高水準な能力をしておりそれなりの使い勝手です。タイプ一致技に恵まれておらず耐久力も低めですが、技は非常に豊富なので弱点を突く立ち回りが基本になるでしょう。

今回は進化前のエレブーと合わせて、育成論を考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

エレブー基本データ

0a1933af64e1370697b5649602dc7e44 ポケモンエレキブルのメガシンカと育成論は?

タイプ:電気
2倍弱点:地面
1/2耐性:電気、飛行、鋼

とくせい
でんきエンジンorやるき

種族値
H75 A123 B67 C95 D85 S95

エレキブルは電気タイプにしては珍しく、攻撃種族値のほうが特攻種族値よりも高くなっています。しかし、タイプ一致の物理技は威力はそこそこあるものの反動付きのワイルドボルトと、安定して使いやすいものの威力に難のある雷パンチしか覚えられません。特攻も95と低くはなく、雷や気合玉も習得可能なので特殊型や両刀型にするのも選択肢に入ります

 

サブウエポンは物理特殊ともにかなり豊富です。物理技では三色パンチを覚えるので、本来は不利な地面タイプや草タイプに対してもある程度抵抗することが可能です。そのほか、同族対決で役に立つ地震、電気半減の鋼対策になる気合いパンチやけたぐり、地面技と相性がいい岩雪崩、先制技のフェイントなどが習得できます。特殊技は火炎放射と気合玉ぐらいしか選択肢がありませんが、電気+格闘+炎の相性補完はかなり優秀です。

 

 

補助技は電磁波、どくどく、光の壁などを覚えられますが、あまり使う機会はないかもしれません。

 

 

種族値は攻撃と特攻が高く、素早さもそれなりですが、物理耐久はかなり低くなっています。タイプの都合上地震がかなり飛んできやすいので、シュカの実や気合いの襷などで耐久を補うもの手です。微妙な素早さを補うこだわりスカーフも一応選択肢に入りますが、かなり優秀な技範囲が狭まってしまいます。

 

 

とくせいはでんきエンジンかやるき。どちらも一長一短です。パーティに応じて決めましょう。
育成論は基本的には物理、もしくは物理メインの両刀が安定しやすいです。メインウエポンはワイルドボルトにするか雷パンチにするか難しいところですが、ワイルボドルとの場合は襷が意味をなさなくなるので注意が必要です。

 

 

対策としては電気を半減でき、サブウエポンでも弱点を突かれないポケモンがいいでしょう。

エレブー基本データ

img 934769 31622877 0 530x530 ポケモンエレキブルのメガシンカと育成論は?

タイプ:電気
2倍弱点:地面
1/2耐性:電気、飛行、鋼

とくせい
せいでんきorやるき

種族値
H65 A83 B57 C95 D85 S105
H65 A83 B95 C95 D137 S105(しんかのきせき込み)

エレブーはエレキブルの進化前のポケモンです。進化前と言えども元最終進化系なだけあって合計種族値は十分高く、単独で戦える力があります。エレキブルと比べると攻撃で大きく下回っていますが、素早さは高く、耐久も進化の輝石込なら勝っており、特攻は同じです。必然的に特殊アタッカーとして育てることになります。素早い電気単タイプのポケモンはたくさんいますが、攻撃範囲の広さと耐久力で差別化を図りたいですね。

 

 

単電気タイプの中ではかなりの特殊耐久で、なおかつ同じく耐久の高いロトムやデンリュウなどと比べて速いため、Sに振らないでも中速の水に対して役割が持てます。物理技も不一致地震一発ぐらいなら耐えられるので、カウンターで無理やり持っていくという手もあります。進化後と同様にサブウエポンは豊富なので、耐久力のあるアタッカーとしても運用が可能です。ただし、Cに振らないと火力不足なので注意が必要です。

 

 

対策は基本的にはエレキブルと変わりませんが、万が一最速にしていた場合100族やガブリアスなどは抜かれてしまうので注意が必要です。メインウエポン向こうでサブウエポンでも弱点を突かれづらいトリトドンやバクーダで相手をしていきましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す