スポンサードリンク

ポケモンオノノクスは強い?ORASでの育成論は?


ポケモン第五世代で初登場したオノノクス。その圧倒的な火力の前には他の600族ドラゴンすらかすんで見えます。中途半端な耐久と素早さが弱点ですが、それもある程度は補強可能です。
第六世代ではフェアリータイプの投入によりやや動きにくくなってしまった感はあるものの、
いまだに超火力は健在です。どうすれば以前のように変わらず活躍させることが出来るのでしょうか。

 

 

オノノクス関連リンク

オノノクスは中二心をくすぐる?

ダークな雰囲気漂うデザイン

オノノクスはなぜ使われないのか

微妙な耐久と素早さが足を引っ張る

第五世代でのオノノクス

半減でも鉢巻逆鱗で確2を取れていたあの頃

オノノクスの可能性

可能性はあります

オノノクス基本データ

 ポケモンオノノクスは強い?ORASでの育成論は?

タイプ:ドラゴン
2倍弱点:氷、ドラゴン、フェアリー
1/2耐性:炎、水、電気、草

とくせい
とうそうしんorかたやぶりorきんちょうかん

種族値
H76 A147 B90 C60 D70 S97

まずは第五世代でのオノノクスの活躍を振り返ってみましょう。
第五世代環境の初期ではかなり人気があったオノノクス。

 

 

現在ほど火力重視の環境ではありませんでしたが、それでも火力のあるオノノクスは人気でした。
その後は使用率が徐々に下がっていきますが、それでも一定の人気はありました。
特に逆鱗の威力がガブリアスと比べて高いのが魅力でした。

 

 

第五世代ではガブリアスの逆鱗耐え調整をしているポケモンも多く、それを強引に突破できる可能性があるのが大きかったですね。

 

 

が、第六世代ではフェアリータイプの投入により、オノノクスは大きく数を減らします。
オノノクスの魅力は半減でも持って行けるほどの超火力にあります。
しかし、フェアリータイプはドラゴン技を無効化してしまいます。これではいくら火力があろうとどうしようもありません。

 

 

とはいえ依然としてオノノクスが超火力の持ち主であることは事実。
使い方次第では十分に生かすことが出来ます。では、いったいどのように育てればバトルで活躍してくれるのでしょうか。

 

 

まず、バトルで使う上にはトップメタであるガブリアスとの差別化が重要になってきます。
ガブリアスと比べて劣っている主な点は素の素早さと耐久、それと地震の火力です。

 

 

特に素早さ種族値が100を下回っているというのはいかんともしがたく、竜の舞やスカーフのサポートなしには全抜きは難しいでしょう。

 

 

一方でドラゴン技の火力ではこちらが優っています。
また、型破りでふゆうの相手にも地震を当てられること、竜の舞があること、はさみギロチンがあること、4倍弱点がないことなど、優位な点も少なくありません。

 

 

特に4倍弱点がないのはガブリアスとの大きな差別化点になります。
第六世代では特殊技の威力が落ちている分不一致の氷技で落とされにくくなり、
耐久に努力値を回す必要がなくなったので努力値はASがメインです。

 

 

型はあまり多くなく、フルアタか竜舞かスカーフの三択となります。
いずれもあまり違いはなく、攻撃技は逆鱗と自身だけでも十分範囲は広いです。
竜舞を入れない場合は攻撃スペースがどうしても余りがちになるため、
ダブルチョップやドラゴンクローなどとの両立も十分考えられます。

 

 

ちょっと変わったところではカウンターなんかも覚えます。

 

 

場合によってはフェアリー対策のどくづき、素早さを逆転できる岩石封じなどを入れてもいいかもしれません。ハサミギロチンは型破りのおかげでがんじょう相手にも当てられます。

 

 

対策としてはフェアリーが最も安定します。トゲキッスは地面技とドラゴン技の両方を無力化できるためかなり安定します。不一致のどくづきぐらいでは落ちないので、返しの一致フェアリー技で倒せます。

 

 

逆鱗が読めたのなら高耐久の鋼を後出ししてもいいでしょう。
さすがのオノノクスもメタグロスクラスの耐久の相手には逆鱗では押し切れません。
ただし逆鱗を読めないと型破り地震が飛んでくるので注意が必要です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す