スポンサードリンク

ポケモンキングラーは強い?種族値は?


初代から存在する歴史あるポケモン、キングラー。水タイプの中では比較的珍しい物理アタッカー寄りの種族値をしています。攻撃種族値は全ポケモン中の中でもトップクラスに高いものの、その他の能力はいまいち低く、対戦ではやや使いづらい存在となっています。

 

それでも攻撃の高さを生かしたアタッカー型はそこそこ高性能であり、弱点の少なさと物理耐久の高さも相まってそれなりに活躍させることは不可能ではありません。さっそく育成論を考えてみましょう。

スポンサードリンク

キングラー基本データ

099 530x608 ポケモンキングラーは強い?種族値は?

タイプ:水
2倍弱点:電気、草
1/2耐性:水、炎、氷、鋼

とくせい
かいりきバサミorシェルアーマーorちからずく

種族値
H55 A130 B115 C55 D55 S75

キングラーは初代ポケモンの一匹です。ほかにライバルの多い水単タイプですが、その中では比較的珍しい物理寄りの種族値をしています。攻撃種族値130は水単タイプどころか全ポケモン中でもトップクラスであり、クラブハンマーの威力が高いことも相まってかなりの火力が出せます。耐久も物理面に関しては並以上にあり、サブウエポンのワイルドボルトぐらいならば余裕をもって耐えられます。

 

しかし素早さは中途半端であり、特殊耐久はかなり低くなっているので、素早い特殊アタッカーを相手にするとかなり不利を強いられることになります。

 

目下のライバルはシザリガー。攻撃種族値と物理耐久ではこちらが勝っていますが、あちらはキングラーの主力技をほとんど習得できるうえ、とくせいがてきおうりょくなので実質的なメインウエポン火力はあちらの方が上です。さらに向こうは特攻がそこそこあるため冷凍ビームなどでの役割破壊が容易で、アクアジェットも覚えるため、キングラーを単純なアタッカーにするとシザリガーの劣化になりがちです。

 

キングラーの主な差別化点はとくせいかいりきばさみ、そこそこの物理耐久、そこそこの素早さ、そして単タイプゆえの弱点の少なさ。このあたりをうまく活用していきたいところです。

 

技ラインナップは前述の通りシザリガーとややかぶり気味ですが、メインウエポンのクラブハンマーに加えて高火力の馬鹿力、相性補完に優秀なシザークロス、ゴースト対策の叩き落とすとそれなりに優秀です。どうしようもない相手にもハサミギロチンが打てるため、常に勝ち筋を残すことができます。補助技はあまりありませんが、高速移動をを使えば全抜きも狙えます。

 

とくせいはかいりきバサミ、ちからずく、シェルアーマーの3つ。シェルアーマーは確定急所型に強くなりますが、そもそも現環境に確定急所型が少ないのであまり役に立ちません。ちからずくは主力技の♣ハンマー、馬鹿力、叩き落とすあたりを強化できないのでいまいちです。かいりきバサミはクリアボディの劣化ですが、物理アタッカーにとって攻撃を下げられないというのは大きく、威嚇持ちに対して強く出られます。

 

現環境で比較的よくみられるのはスカーフ型です。キングラーはシザリガーより素早く、準則でも120族、最速なら130族を抜けるようになります。メインウエポンも割と通る方なので、こだわり型との相性はそれなりに優秀です。ただし、特殊はまともに相手できないので注意が必要です。

 

半端な素早さを補うという点では、高速移動型も候補に入ります。スカーフが素早さ1.5倍なのに対して、高速移動は素早さ2倍なので、早さだけを考えればこちらの方が有利です。ただし、高速移動を入れることによる技スペースの圧迫と、どうやって1回積む機会を作るのかという問題が生まれます。ある程度早いスカーフ持ちは諦めて耐久に振るか、耐久は襷に頼って全振りするかの選択となります。

 

対策としては特殊アタッカーで相手をするのが一般的です。特殊なら一致等倍2発でまず落とせます。メインウエポンが水技なので、水を半減するポケモンでも相手ができます。水物理受けとして優秀なブルンゲルは、叩き落とすに気を付けましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す