スポンサードリンク

ポケモンサンダーの育成論はずぶとい・穏やか・控えめのどれ?


電気・飛行という優れたタイプと全体的に高い種族値が特徴のサンダー
第五世代では電気タイプでありながら地面無効という優秀な耐性を武器に、
ボルトロスと人気を二分していました。

 

 

ボルトロスは高い素早さと特攻、とくせいいたずらごころを武器に、
高火力と麻痺まきを両立できるという強みがありました。
一方サンダーは高めの耐久を生かした耐久型ができ、きちんと住み分けはできていました。

 

 

第六世代では全般的に攻撃技の威力が下がり弱体化しましたが、
一方でエアカッター強化、麻痺無効化など強化された点もありました。
比較的高速なため麻痺無効はかなりおいしいところです。

 

 

早速サンダーの育成論を考えてみましょう。

 

 

サンダー関連リンク

サンダーの覚える技

いろいろと複雑です

火力重視のメガネサンダー育成論

サブが悩みどころです

ブラックサンダー公式ホームページ

おいしいですよね

物理受けサンダー育成論

何気に固いです

スポンサードリンク

サンダー基本データ
20140819183558a21 530x441 ポケモンサンダーの育成論はずぶとい・穏やか・控えめのどれ?
タイプ:電気・飛行
2倍弱点:岩、氷
1/2耐性:草、格闘、虫、鋼、飛行
無効:地面

とくせい
プレッシャー

種族値
H90 A90 B85 C125 D90 S100

まずはサンダーのライバルを見ていきましょう。
サンダーと同じ電気・飛行タイプの組み合わせのポケモンは現在、
スピンロトム、エモンガ、ボルトロスの3匹です。

 

 

スピンロトムとエモンガには全体的な種族値で勝っているので大して考える必要もないですが、
合計種族値が同じボルトロスはかなり強力なライバルです。
第五世代ではどちらかというとボルトロスに分があったように思えます。

 

 

ボルトロスの武器はその高い素早さと火力、そしてとくせいいたずらごころ。
高い素早さと優秀な耐性で一匹落として、2匹目に電磁波を入れて退場するという芸当ができたため、かなり重宝されていました。

 

 

しかし、第六世代に入るとサンダーもかなり復権しました。
ボルトロスの大きな特徴であった先制電磁波の価値は、
電気タイプがマヒしなくなってしまったことにより大きく低下。

 

 

第五世代の時と比べて火力のあるポケモンが増えたため、
耐久面に難のあるボルトロスでは不安だということでサンダーを使う人もだいぶ増えました。

 

 

サンダーもそこそこの素早さと高い特攻がありますが、
現時点ではどちらかというとずぶといや穏やかで耐久を挙げる型の方がメジャーです。
最もアタッカーとしてもそれなりに優秀なので、控えめで火力を出す方もあります。

 

 

ただし第六世代では10万ボルト、雷、熱風などがいずれも火力ダウンしてしまったため、
単純にアタッカーとして扱う場合は注意が必要です。
最近は10万ボルトと威力が近くなり、麻痺率も高い放電も選択肢に入るようになりました。

 

 

現時点でもっとメジャーなのはゴツゴツメットやたべのこしを生かした物理受け型です。
HBベースでSを調整して、格闘などを交代出しから受けていきます。

 

 

そのタイプ組み合わせから地面や格闘に対して後出ししやすく、
ボルトチェンジでサイクルを回してかき乱しながら勝機を見いだします。

 

 

ボルトロスの劣化にならないように気をつければ特殊アタッカーも十分可能です。
アタッカーにする場合、単純なCS全振りでは何かとボルトロスに劣るため、
耐久調整で差をつけたいところです。

 

 

こちらの差別化点である熱風は鋼対策としても有効なのでぜひ覚えさせたいところです。

 

 

対策としては飛行、電気、氷をすべて半減できるジバコイルなどが安定します。
氷は等倍でも問題なく受け切れるので地面・鋼組などもいいでしょう。
ただし地面と鋼はサンダーに両方半減されてしまうため、岩技がないと泥仕合になりがちです。

 

 

割合としてはアタッカーよりも受けの方が多いのでどくどくも有効ですが、
受けサンダーの10万ボルトはそれなりに火力があるので生半可な特殊耐久のポケモンでは相手できません。

 

 

毒が撒けるハピナスなどなら安定します。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す