スポンサードリンク

ポケモンフォレトスの育成論は強い?


ポケモン第二世代で初登場を果たしたポケモンにして、鋼・虫タイプの中ではハッサムと並んで最古参のポケモン・フォレトス。現環境においてはハッサムのほうが明らかに優遇されていますが、だからといってフォレトスが弱いポケモンなのかというとそんなことはありません。

むしろハッサムとはまた別の明確の役割を持っており、そちらに特化すれば今でも一線級の実力派持っています。そんなフォレトスの育成論を考えてみました。

スポンサードリンク

フォレトス基本データ

696d8cee50f822c813df53f699a7348f 530x530 ポケモンフォレトスの育成論は強い?
タイプ:虫・鋼
4倍弱点:炎
1/2耐性:ノーマル、虫、鋼、エスパー、氷、ドラゴン、フェアリー
1/4耐性:草
無効:毒
とくせい
がんじょうorぼうじん

種族値
H75 A90 B140 C60 D60 S40

フォレトスは数多くの個性的なポケモンがいることで有名な虫・鋼タイプのポケモンです。速攻アタッカーのアイアント、鈍足高耐久高火力のシュバルゴ、小回りの聞く技をたくさん習得し先制技もあって使いやすい上メガシンカまで出来るハッサムに対して、フォレトスは非常に高い物理耐久が最大の個性です。

 

クレセリアには若干劣るもののそれでも十分すぎるほど固く、おまけに優秀な耐性も相まって炎タイプ以外の多くの物理技を2耐えすることができます。攻撃種族値は90と平凡の域を出ませんが、攻撃技のレパートリーは同タイプの中でもそれなりに豊富な方であり、攻撃範囲も広い方です。

 

攻撃技はタイプ一致のジャイロボールとミサイルばりがメインウエポン候補です。安定したアイアンヘッドやシザークロスが覚えられないのが玉に瑕ですが、サブウエポンには相性補完として優秀な地震や地ならし、浮いているポケモンに有利を取れる岩雪崩や岩石封じ、鈍足と相性が良いリベンジやしっぺ返しと一通りの技が揃ってえいます。その他、退場技として優秀なだいばくはつ、ボルトチェンジを覚えます。

 

補助技はステルスロック、どくびし、まきびしという3つの設置技をいずれも習得できるのが最大のポイントです。どの設置技を最も優先するのかは悩みどころですが、確実にダメージを与えタスキを潰せる上、苦手な炎タイプにある程度圧力を与えられるステルスロックがよく見られます。どくびしは無効化される相手も多いものの、2回撒ければ非常に優位に立てます。

 

その他、光の壁、リフレクター、鉄壁、眠るなども習得可能です。

 

とくせいはがんじょうとぼうじんの2つ。がんじょうは一見高い耐久とはミスマッチに見えますが、不意の炎技や効果力の特殊技を強引に一発耐えて設置技を使えるため非常に優秀です。ぼうじんはだいご世代ではほぼ無価値でしたが、第六世代ではキノコのほうし・ねむりごななどを防げるようになり価値は大幅に上昇しました。

 

現環境ではサポートに徹する方が多く見られます。ステルスロック、毒菱などを巻いたら、さっさと大爆発で退場してエースポケモンを降臨させ、そこから全抜きを狙います。両壁やじゅうりょくなど補助技は豊富に覚えるため、壁に守られた後続のアタッカーに無理やり積ませたり、低命中高火力技を数多く覚えるポケモンで全抜きを図ることも可能です。とくせいはどんな状況でも1回は動くためにがんじょうが推奨されますが、草タイプを強く意識するならぼうじんもなくはありません。

 

サポートが多いというイメージの裏を書いたアタッカー型もあります。挑発を無駄に打たせられれば1回自由に行動できます。非接触技に比較的恵まれているため、頑丈は潰されにくいです。

 

対策としてはやはり先制の炎技で焼いてしまうのが一番ですが、がんじょうが多いため最低でも1回は行動されてしまいます。また、地震や岩雪崩を持っていることも多いので、安易に炎タイプを出すと返り討ちに合う可能性があります。サポート型には挑発や身代わりが比較的有効ですが、アタッカー型の場合はそれが無駄に終わることもあります。特殊耐久は低いので、等倍の一致水や電気でも押し切れます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す