スポンサードリンク

ポケモンメガピジョットが新技取得?種族値を考察しよう


メガシンカポケモン特集、10番目はピジョットです。
由緒正しい初代序盤取ポケモンですが、序盤鳥としての活躍の場はファイアローに完全に奪われてしまいました。しかし第六世代ではまさかのメガシンカを獲得。
これまで不遇不遇といわれ続けてきた立場を返上することはできるのでしょうか?

 

メガピジョット関連リンク

メガピジョット公式設定

特殊特化メガピジョット育成論

テンプレになりそうです

ネット民の反応は?

暴風がめちゃくちゃつよい!かと思いきや……

ネット民の反応は?2

暴風は強い。が……

スポンサードリンク

ピジョットとメガピジョット基本データ

タイプ ノーマル/飛行
2倍弱点:岩、電気、氷
1/2耐性:草、虫
無効:地面、ゴースト

とくせい
するどいめorちどりあしorはとむね→ノーガード

種族値
メガシンカ前: H83 A80 B75 C70 D70 A101
メガシンカ後: H83 A80 B80 C135 D80 S121

 

 

まずは昔のピジョットを振り返っていきましょう。
初代から存在する由緒正しきピジョットさんですが、
その道のりは必ずしも平たんとは言えませんでした。

 

 

対戦環境が今ほど整っていなかった初代から、
ネット通信で誰とでも気軽に対戦できるようになった現在においてまで、
対戦で人気だった時期は一度もありません。

 

 

種族値自体は序盤から出てくるポケモンにしてはまずまず高い方です。
耐久は中の下ぐらいですが、素早さは平均以上あります。
ただA80、C70というのがいかにも中途半端です。

 

 

ムクホークのようにかなりとがった種族値だったならば、もう少し活躍できたかもしれません。

 

 

ピジョットが使いづらい最大の理由はなんといってもとくせいのショボさにあるでしょう。
するどいめちどりあしはとむねと数だけはそろっているのですが、
まあどれも効果を発揮する場面が限定的すぎて、とても仕えたものではありません。

 

 

この中では比較的ましなのは回避能力が上がるちどりあしですが、
それも結局は運ゲーでした。特性の不遇さと、種族値配分の微妙さ。
これがピジョットの活躍を妨げていました。

 

 

第六世代では素早さが10上昇し100族を抜けるようになったものの、依然として立場は弱かったです。

 
検索で来られた方へ

 

メガシンカポケモン育成論・基礎データ一覧

 

が、ここにきていきなりメガシンカを獲得。メガピジョットとして、今までバカにしてきた連中に復讐する機会がやってきました。

 

 

メガシンカ後はCとSが大きく上昇し、特殊アタッカーとしての道が開けました。
S121、C135はフーディンとほぼ同等であり、高い素早さを生かして上から攻撃を叩き込むことが出来ます。

 

 

が、それよりも注目すべきはとくせいです。
メガシンカでメガピジョットが手に入れたとくせいは、なんとあのノーガード
現環境ではカイリキーとゴルーグのみが持つとくせいで、効果は「お互いの技が必中になる」という強力なもの。

 

 

カイリキーとゴルーグの場合はこのとくせいを最大限に生かせる爆裂パンチを習得することが出来ますが、メガピジョットの場合は暴風が必中になるのが大きいです。

 

 

C135から威力120のタイプ一致技を叩き込めるというのは非常に強力です。
暴風には3割の確率で敵を混乱させる効果もあり、苦手な相手を無理やり突破できる可能性も秘めています。

 

 

その他、選択技としては威力はないもののとりあえず苦手な敵から逃げられるとんぼがえり、
最後っ屁としてはかなり強力な破壊光線、苦手な鋼に刺さる熱風などがあります。

 

 

目下の最大のライバルはトゲキッスです。
あちらの方が大勢と耐久、技ラインナップ、メガ枠を使わないのが優秀ですが、こちらは火力と必中暴風、素早さで勝っています。どちらにも長所があるので、それを最大限生かしてあげましょう。

 

 

ま、なにはともあれこれで今まで言い様にされてきた連中に一泡吹かせられるようになったのは事実。メガピジョットになっても結局微妙なままだね、なんて言わずに一度使ってあげてくださいね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す