スポンサードリンク

ポケモンメガヤドランは強い?種族値と育成論


メガシンカポケモン特集、続いては「メガヤドラン」です。
ヤドランといえば第五世代ではその耐性と優秀な防御種族値から、
主に対格闘対策として使われてきましたが、ORASにて復権はなるのでしょうか?

 

メガヤドラン関連リンク

メガヤドランに対するポケキチたちの考察

前評判よりずっと強そうと評判

メガヤドランvsクレセリア

物理特化のメガヤドランか、特殊もかたいクレセリアか

メガヤドラン運用動画

メガヤドランがあるものと似ていると話題に

完全に一致

スポンサードリンク

ヤドランとメガヤドラン基本データ

Bu35kXqCcAEmmjV 233x300 ポケモンメガヤドランは強い?種族値と育成論

タイプ:みず・エスパー

2倍弱点:虫、ゴースト、草、電気、悪
1/2対性:格闘、鋼、炎、水、エスパー、氷

とくせい
どんかんorマイペースorさいせいりょく→シェルアーマー

種族値
メガシンカ前:H95 A75 B110 C100 D80 S30
メガシンカ後:H95 A75 B180 C130 D80 S30

 

 

まずは近年のヤドランの活躍っぷりを振り返ってみましょう。
第五世代では格闘が幅を利かせており、多くのトレーナーが対策に頭を悩ませていました。
格闘受けとして最も人気があったのは耐久面に優れるクレセリアでしたが、
クレセリアは火力がなく、攻撃範囲がそれほど優れているとは言えないのが難点でした。

 

 

そこで白羽の矢が立ったのがヤドランです。クレセリアほどではないにせよ高い物理耐久に加えて、自身もそこそこ殴れることが出来たため、第5世代では格闘を止められるポケモンとしてなかなかの活躍を見せていました。

 

 

が、そんな活躍は第六世代では一遍。
ファイアローという超強力な焼き鳥が出現したことにより、
格闘タイプの動きは大きくけん制されることになりました。

 

 
格闘受けをメインとしていたヤドランもそのあおりを受けて、出番は減少してしまいました。
加えて鋼タイプに悪とゴーストが通るようになったことから、
相対的に悪技・ゴースト技が増え、ヤドランにとってはますます動きにくい環境が構築されつつあります。

 
検索で来られた方へ

 

メガシンカポケモン育成論・基礎データ一覧

 

が、ここにきてヤドランにもメガシンカのチャンスが。
メガシンカ前に高かった物理耐久はさらに高くなり、
Bは180にまで上昇。ハガネールクレベースに迫る物理耐久を手に入れました。
Cも130にまで上昇し、火力も十分に。モノ言う物理受けとしての活躍の場が広がりました。

 

 

とはいえ、ヤドランには明確な欠点もあります。それは素早さ。
Sは30とすべてのポケモンの中でも底辺に位置しています。
抜ける相手はツボツボ、ナットレイなどごく一部のポケモンのみ。
メガシンカしても特殊耐久と素早さには変化がないため、
特殊の草や電気には一撃で落とされる危険性があります。

 

 

特性のシェルアーマーは微妙です。急所に当たらないという効果は急所率が高くなった環境では便利な特性といえるのかもしれませんが、何しろ目に見得て効果が現れるわけではないので、特性が十分に発揮されているのかどうか不安になります。

 

 

これを踏まえてメガヤドランの運用を考えていきましょう。
最もオーソドックスなのは物理受けを任せつつ、高めのCを生かして殴る、といった感じでしょうね。

 

 

技は物理受けであることを考えると熱湯はほぼ必須。
怠けるも入れておくといいでしょう。あとは冷凍ビーム、サイコキネシス、だいもんじ、気合玉あたりから選択といった感じでしょうか。

 

 

堅さを生かして積みまくるという手もあります。
実用性のある積み技は瞑想ぐらいですが、耐久を高めつつ両受けになれるので優秀です。

 

 

ただ、この戦法だとせっかく積みまくって一匹を倒しても出てきた二匹目にあっさりやられてしまうのが玉に瑕。
遅さについてはすっぱりあきらめる方法もありますが、
トリックルームで無理やり先手を取るという戦術も考えられます。

 

 

メガシンカ前の特性にどんかん(挑発無効)があるので、
トリックルームを入れるだけならば簡単にできます。

 

 

このように先述の幅が広いことはメガヤドランの魅力です。
アタッカーとしてもよし、物理受けとしてもよし、積み技や回復技も完備。
こんな優秀なメガヤドランが、今後活躍する可能性は大きいです。

 

 

今のうちからメガヤドランの使い方を覚えて、出来ればその対策も練っておきましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す