スポンサードリンク

ポケモンメレシーは進化する?育成論は?


第六世代で初登場を果たしたポケモン、メレシー。ステータス的にはレジスチルをひと回り小さくしたような感じで、耐久は高いものの攻撃や素早さは明らかに不足しています。

 

ですがその高い耐久を活かしたサポート役としてはなかなか優秀であり、自慢の硬さを活かしていろいろな仕事をすることができます。そんなメレシーの育成論を見ていきましょう。

スポンサードリンク

メレシー基本データ

img new 42 ポケモンメレシーは進化する?育成論は?

4倍弱点:鋼
2倍弱点:水、草、地面
1/2耐性:ノーマル、炎、飛行、悪、虫
無効:ドラゴン

とくせい
クリアボディorがんじょう

種族値
H50 A100 B150 C100 D150 S50

メレシーは岩・フェアリーという非常に希少なタイプ複合のポケモンです。同タイプのディアンシーは幻のポケモン故に合計種族値が高く、更にはメガシンカも可能で高性能な専用技「ダイヤストーム」も習得可能と何かと優遇されていますが、メレシーには優秀なとくせいがんじょうがあり差別化は十分に可能です。

 

タイプ的には鋼が4倍弱点なのが大きな欠点ではありますが、岩タイプでありながら格闘タイプに強く出られるのがポイントです。ドラゴンタイプにも基本的に有利ですが、ガブリアスなどは一致で弱点をついてくるため気が抜けません。

 

体重が軽く耐久が高いのでサブウエポンで飛んで来るくさむすびは怖くありません。ドラゴン・飛行の組み合わせにも強く出られ、現環境で優秀なファイアローにも相性上有利です。

 

種族値はディアンシーの劣化になってしまっていますが、それでも耐久値はかなりのものです。ただしHPは低めに設定されているため、どんな型でもH振りはほぼ必須といえます。物理耐久に特化すればA特化ハッサムのバレットパンチも一発なら耐えられます(メガハッサムでも低乱数一発)。

 

反面、火力は素早さは非常に低いです。岩・フェアリーは攻撃面では非常に優秀なタイプで、なおかつパワージェムやストーンエッジ、ムーンフォースといった有用な攻撃技も結構覚えるのですが、アタッカーで運用する場合には素の火力が低すぎるので火力アップアイテムで補強するなどのサポートが必要になります。

 

サポートとしては優秀で、ステルスロックやどくどく、両壁、スキルスワップ、ステルスロックなどを習得できます。だいばくはつも習得可能なので、やることをやったらさっさと退場できます。

 

とくせいはクリアボディかがんじょうの2種類。クリアボディは高い耐久を下げられないため一見便利に見えますが、現環境で防御や特防を下げる技はほとんど飛んでこないので実際のところあまり役に立ちません。逆にがんじょうはもともと耐久が高いので一見役に立たなそうに見えますが、不意に飛んで来る鋼タイプの技を一発耐えることができるのが大きなポイントです。現環境ではほとんどががんじょう持ちです。

 

現環境ではサポートに特化した方がよく見られます。ステルスロック、トリックルーム、じゅうりょく、スキルスワップ、両壁などで場を整えて、後続を出せる環境が整ったら大爆発で退場します。

 

どの補助技を使うか読まれないようなパーティを組むかが重要になってきます。現環境ではメガガルーラやファイアローなど強力なとくせいに頼ったポケモンが多く、そういった相手にスキルスワップができれば一気に有利になります。

 

高い耐久を活かしてアタッカー相手に繰り出し、相手を流しながらステルスロックを撒くこともできます。現環境で多く見られるファイアローやカイリューを大きく抑制することができるほか、タスキやがんじょうに耐久を任せた低耐久速攻アタッカーの戦術を崩すこともできます。

 

対策としては鋼タイプで相手をするのが基本です。一応だいちのちからは覚えますが、素の火力がないので2倍弱点を突かれたぐらいでは大した痛手にもなりません。バレットパンチ持ちやメレシーより速い鋼ならばほぼ流せます。

 

また、フルアタのメレシーはほぼ存在しないため、挑発も非常に有効です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す