スポンサードリンク

ポケモンヤナッキーの育成論は?


ポケモン第五世代で登場した三猿の一角であるポケモン、ヤナッキー。素早さ、攻撃、特攻がそこそこ高めですが、全体的に種族値は控えめです。現環境においては強力なジュカインの劣化に見られがちですが、はたきおとすやちょうはつなど差別化点がないわけではありません。

 

 

何も考えずに使って勝てるほど強力ではありませんが、使い方次第で十分生かすことができます。

スポンサードリンク

ヤナッキー基本データ

タイプ:草
2倍弱点:炎、氷、毒、飛行、虫
1/2耐性:水、電気、草、地面

とくせい
くいしんぼうorしんりょく

種族値
H75 A98 B65 C98 D63 S101

ヤナッキーは第五世代で登場したいわゆる「三猿」の一角です。種族値的には素早さがなかなかに高く、攻撃・特攻もまずまずといったところですが、耐久はかなり低めです。草の高速アタッカーであるジュカインと比べると全体的な種族値で劣っており、しかもあちらにはメガ進化があります。とはいえヤナッキーにもいくつか差別化点は残されており、個性がまるでないというわけではありません。

 

 

タイプ一致物理技は種爆弾かタネマシンガンからの選択となります。高火力のパワーウィップがないのは残念ですが、命中安定の技を習得できるのはうれしいところです。サブウエポンは草との相性補完に優れるが、アイテム消費が難しいアクロバット、デメリットは大きいものの鋼に通る馬鹿力、同じく鋼に通るものの威力が不定なけたぐり、高めの素早さと相性がいいローキック、炎や飛行に打てる岩雪崩、通りのいいかみ砕くなどです。

 

 

タイプ一致特殊技は威力の高いリーフストームと回復ができるギガドレイン、威力命中安定のエナジーボールからの選択となります。リーフストームは特攻無振りでもそれなりに火力が出るため、物理草技との両立もあり得ます。特殊型はサブウエポンが気合玉とめざめるパワーぐらいしかないのが厳しいところです。

 

 

補助技はくさぶえ、やどりぎの種、挑発、悪巧み、身代わりなど。草笛は決まればかなり強力ですが催眠技の中ではかなり命中に不安があります。悪巧みはジュカインとの差別化点ですが、物理技のほうが豊富なジュカインとの相性は微妙なところです。

 

 

とくせいはくいしんぼうとしんりょく。くいしんぼうは何らかの木の実を持たせる場合に有用ですが、ヤナッキーはその耐久の低さと弱点の多さから気合の襷を持つことが多いので、あまり有用とは言えないかもしれません。一方しんりょくは気合の襷との相性が良く発動させやすいのですが、それだと余計にジュカインの劣化になりやすいのが悩みどころです。

 

 

育成論はアタッカー型が多いようです。攻撃と特攻がどちらもそこそこ高いことを生かして、物理メインの両刀にすることが多いようです。物理技はメインウエポンが微妙なもののサブウエポンが豊富、逆に特殊技はメインウエポンが豊富なもののサブウエポンが貧弱なのが悩みどころです。

 

 

火力がそれほどでもないので高火力のリーフストームを採用したいところですが、操り出し性能が低いヤナッキーとリーフストームの相性は微妙なところです。そう何度も出せるポケモンではないので、命中安定で威力もそこそこのエナジーボールのほうが安定するかもしれません。ゴーストには叩き落とすが打てます。

 

 

そこそこ早いので死に際に挑発やローキックなどが打てればそこそこ役立ちます。

 

 

対策としてはヤナッキーよりも素早いポケモンが安定します。ヤナッキーの素早さ種族値は101と高いほうですがトップクラスではないので、もっと早いポケモンならば簡単に倒せます。スカーフ持ちのヤナッキーはごく少数なのでそれほど心配する必要はありません。

 

 

物理のサブウエポンはかなり豊富ですが、毒タイプならばまず弱点を突かれることはありません。フェアリーも採用率の低いダストシュートに気を付けておけばOKです。先生技のあるベトベトンなどは有利に戦えます。鋼は格闘技が飛んでくる可能性があるので、安定しません。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す