スポンサードリンク

ポケモンORASでのなまけアイアントの育成論は?クイタランとの相性は?


ポケモン第五世代で初登場した虫・鋼タイプのアイアント
鋼タイプにしては珍しい即効アタッカータイプの種族値をしています。
はりきりのおかげで戦術が何かと不安定になりがちですが火力は高く、攻撃性能は優秀です。

 

 

一方で耐久面はかなり難があるポケモンでもあるため、使い方を間違えるとあっさりと堕ちます。きちんと立ち回ることが大切です。

 

 

アイアント関連リンク

アイアントの覚える技

はりきりが長所にも短所にもなります

なかまづくりアイアント育成論

運ゲーです

最近のアイアントの型は?

はりきりだけじゃない

群れバトルの注意点

クイタランがかわいそう

スポンサードリンク

アイアント基本データ

t02200220 0230023011437431559 ポケモンORASでのなまけアイアントの育成論は?クイタランとの相性は?

タイプ:虫・鋼
4倍弱点:炎
1/2耐性:ノーマル、氷、虫、エスパー、ドラゴン、鋼、フェアリー
1/4耐性:草
無効:毒

とくせい
はりきりorなまけorむしのしらせ

種族値
H58 A109 B112 C48 D48 S109

アイアントは強力なポケモンとして知られるハッサムシュバルゴと同じ虫・鋼タイプです。
耐性面が非常に優秀であり、弱点は炎一つ(ただし炎は4倍)であるの対して、
耐性は無効を含めて9つと防御面が非常に優秀です。

 

 

実際には耐久関係の種族値の関係上、特殊耐久は一致等倍でも致命傷になるほどもろいのですが、
物理耐久はそこそこあるため後出し性能はそれなりにあります。

 

 

また、鋼タイプでありながら素早さ種族値が109とかなり高いのもポイントです。
素早さ種族値109は全体で見てもかなり高い数値であり、数の多い100族、ガブリアスなどを抜けます。

 

 

攻撃種族値も高く、張り切り補正がかかるため火力はかなりのものになります。
反面、タイプ一致の攻撃技の威力はやや控えめなので、実質的な火力は壊れ性能といえるほど高いわけではありません。また、張り切り補正のおかげで技を外すシーンもしばしばあります。

 

 

ストーンエッジはアイアントの苦手な飛行タイプや炎タイプをつぶすうえで有用なのですが、
張り切りストーンエッジの命中率は64とかなり不安定です。

 

 

第六世代では鋼タイプの攻撃がフェアリータイプに抜群で入るようになったため、攻撃性能は上がりました。反面以前は半減できていたゴーストタイプや悪タイプの攻撃が等倍になってしまったため、防御性能は下がりました。特にシャドーボールや悪の波動などの特殊技が等倍になったのは、特殊耐久が髪のアイアントにとってはかなり痛いところです。

 

 

では育成論を考えていきましょう。

 

 

もっとも一般的なのは張り切りによるアタッカー型です。
もともと高めの攻撃種族値を張り切りでさらに引き上げることによって、高い火力を実現します。
ただし前述の通りタイプ一致技の威力は控えめなので、あまり火力を過信しすぎてはいけません。
また、はりきりによる外しの可能性とも背中合わせです。

 

 

HPが少ししか残っていない相手を確実に落としたいのならば、必中技の燕返しを入れるといいでしょう。もしくは有利な相手を流す際に、爪とぎを積むという方法もあります。
爪とぎ1積み後は命中100技の命中率は106相当に、命中80の技の命中率は85相当になります。

 

 

一般的な張り切り型のイメージを逆手に取ったなかまづくり型も存在します。
先発で出してなかまづくりをして、その後被弾して脱出ボタンで下がります。
なまけになった相手に積アタッカーなどを後出しして、そこから全抜きを図ります。

 

 

かげふみやありじごく持ちをうまく合わせられればノーリスクで延々と積めますが、
かなり読まれやすいこと、アイアントより早い相手には何もできないことに注意が必要です。

 

 

対策としては炎技が最も安定しますが、相手もそのことをわかっていますので簡単に炎技持ちの相手に出してくることはありません。素早い物理アタッカーなので電磁波や鬼火はある程度有効です。

なまけ型はダグトリオなど特定のポケモンと一緒に選出されることが多いので、
選出の段階で見破ることは難しくありません。
ただし中にはなまけを装ったはりきり型もいます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す