スポンサードリンク

ポケモンORASでのエレザードの育成論と調整は?


最終進化形のポケモンの中では唯一となる「電気・ノーマル」複合のエレザード。種族値的には平凡ですが、乾燥肌のおかげで従来の電気タイプと比べると水タイプにより強いなどの特徴があります。ノーマル複合ゆえに習得技もなかなか魅力的なものがそろっており、種族値以上に強力なポケモンの一つといえます。

そんなエレザードの育成論を考えていきたいと思います。

エレザード関連リンク

エレザードの覚える技

電気タイプの中では多彩なほうです

エレザード育成論

特殊アタッカーが多いようです

エレザードの調整

基本的には最速です

エレザードの破壊光線の威力

強そう

スポンサードリンク

エレザード基本データ

c s1381957303 45 ポケモンORASでのエレザードの育成論と調整は?

タイプ:電気・ノーマル
2倍弱点:地面、格闘
1/2耐性:電気、飛行、鋼
無効:ゴースト

とくせい
かんそうはだorすながくれorサンパワー

種族値
H62 A55 B52 C109 D94 S109

エレザードは第六世代で登場したポケモンです。史上初となる「電気・ノーマル」タイプのポケモンであり、
ノーマルタイプの中では珍しくゴーストタイプに強いという性質を持っています。
種族値自体はライコウやサンダースの劣化気味ですが、とくせいと習得技の多さで差別化は可能です。

 

 

とくせいはかんそうはだ、すながくれ、サンパワーの3つ。いずれも天候パ向けの特性です。
最も安定しやすいのは乾燥肌です。炎が1.25倍になってしまうという欠点はありますが、水が無効になるのはそれ以上に強力です。その性質上水タイプに強く、雨パとの相性も抜群です。

 

 

すながくれはやや使いづらいとくせいですが、砂パへのメタになります。
ただ、砂パにはもともと相性があまりよくないので注意しましょう。

 

 

サンパワーは毎ターンHPを消費してしまいますが、その代わりに超火力を得られます。
特にサンパワー下で放たれるはかいこうせんは威力抜群で、並程度の耐久しか無いポケモンならば等倍でも一g気で持っていけます。

 

 

技ラインナップは電気タイプにしてはかなり優秀です。タイプ一致の電気技とノーマル技のほか、気合玉、草結び、悪の波動、波乗りなどを覚えます。補助技では相手をマヒさせる蛇睨みが有効です。地面タイプにも通るという点で電磁波の上位互換といえます。そのほか、特殊型に強くなる怪電波、光の壁、波乗りと雷を強化しつつHPを回復させるあまごいなどがあります。

 

 

型としては基本的に特殊アタッカーにすることになります。
高い素早さを武器に上から叩いて行って勝機を見出します。耐久は特殊麺はそこそこあるものの物理面が非常にもろく、加えて耐性にも乏しいため後出し性能は低いのですが、水タイプに対しては強気に繰り出していけます。
アイテムは命の珠、気合いの襷、こだわりスカーフ、こだわりメガネなどから選択になります。

 

 

こだわり系アイテムはせっかくの内訳性能をなくしてしまうことになるので注意が必要です。

 

 

ダブルやトリプルで使う場合は、パラボラチャージや送電といったシングルではまず使われない技が活躍します。
パラボラチャージは威力が50しかないうえ、味方にもあたってしまうので非常に扱いづらいですが、相手に与えたダメージと同じだけ回復できるという点が非常に優秀です。電気4倍のギャラドスが相手ならばこの程度の威力でも十分にダメージを与えられますし、使いどころはあります。

 

 

そうでんはその技を受けたポケモンが使う技のタイプが電気タイプになるというものです。
かなり癖がありますが、自らのポケモンの火力を強化したり、相手のポケモンの火力を落としたりするのに使えます。

 

 

対策としてはまず天候に注意する必要があります。下手に減らしたり雨を降らしたりすると、それを相手に利用される可能性があるので注意が必要です。

 

 

ノーマルロトムに対してはあくの波動ぐらいしか通る技がありません。ただしノーマルロトム側もエレザードに通る技がほとんどないことには注意が必要です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す