スポンサードリンク

ポケモンORASでスカタンクが悪統一で強い?育成論は?


ポケモンORASが発売されてからもほとんど注目されていないスカタンク。
ドラピオンと並ぶ毒・悪タイプのポケモンです。

 

 

地味な種族値をしていますが、毒タイプは第六世代で強化されましたし、
悪タイプも鋼に攻撃が等倍で通るようにるなど、前よりはかなり使いやすくなっています。
そんなスカタンクの育成論を考えていきましょう。

 

 

スカタンク関連リンク

スカタンクの覚える技

結構器用に戦えます

スカタンクとレントラー

がんばれ

スカタンクカード

かわいい

チョッキスカタンク

フルアタにするには火力が足りない

スポンサードリンク

スカタンク基本データ

240 ポケモンORASでスカタンクが悪統一で強い?育成論は?

タイプ:毒・悪
2倍弱点:地面
1/2耐性:草、毒、ゴースト、悪

とくせい
あくしゅうorゆうばくorするどいめ

種族値
H103 A93 B67 C71 D61 S84

スカタンクは非常に優秀なタイプ組み合わせをしています。
毒タイプの弱点であるエスパータイプは悪複合のおかげで無効。
悪タイプの弱点である格闘・虫・フェアリータイプは毒複合のおかげで等倍。
エスパーに強い毒、フェアリーに強い悪という唯一無二に近い立場を獲得しています。

 

 

唯一の弱点である地面タイプが攻撃技としてはメジャーなのが気がかりですが、
風船を持たせれば擬似的に弱点なしの状態にすることも可能です。
加えて第六世代では悪タイプの攻撃技が鋼に等倍で通るようになり、
以前のように鋼タイプに対して手も足も出ないといったようなことがなくなりました。

 

 

新技じゃれつくは悪や格闘に抜群が取れる優秀なサブウエポンです。
見た目に反してだいばくはつなんかも覚えるなど、結構技範囲は優秀です。掃除で第五世代の時よりは戦いやすくなったといえるでしょう。

 

 

気になるのがドラピオンの存在です。
タイプは全く同じですが、あちらは素早さと物理耐久で優っています。
一方スカタンクは特殊耐久と攻撃で優っています。
とはいえとくせいも覚える技もだいぶ差異があるので、そこまで気にする必要はありません。

 

 

どちらかといえばスカタンクの方がアタッカー向き、ドラピオンは物理耐久向きと考えておけばいいでしょう。

 

 

続いてとくせいを考察していきましょう。
とくせいはあくしゅうゆうばくするどいめ3つです。
あくしゅうは自分より早い相手にしか発動しないうえ、そもそも発動率が低すぎるので採用価値はほぼありません。

 

 

するどいめは命中率低下を無視するという強化がされたとはいえ、
現在会費を上昇させて戦ってくる相手がほぼいないためやはり採用価値は低いです。
ゆうばくは直接攻撃を使ってくる相手限定となりますが、
すくなくとも他の二つよりは採用価値が高いので、基本的にはこれを選びます。

 

 

以上のことから育成論を考えていきましょう。
基本的には悪複合を生かしてエスパーやゴーストを相手にすることになります。
エスパーやゴーストは特殊アタッカーが多く、特殊で弱点を突かれることが少ないので、特防に厚めに振ると役割が持ちやすくなります。

 

 

特に現環境で有力なメガゲンガーに対してはめっぽう強いです。
ギルガルドは聖なる剣で無理やり突破される可能性もあるので安定はしませんが、相性上は有利です。

 

 

基本的に攻撃技は物理で固めることになりますが、
役割破壊の大文字なども覚えるため、あえて特殊型にする人もいます。
どくどくやいばる、挑発、吠えるなど相手を流すための補助技も多いので、
積みアタッカーや耐久型に対しては割と強いといえます。

 

 

対策としては唯一の弱点である地面技で攻撃するのが最もいいでしょう。
地震も大地の力も非接触なのでゆうばくを心配する必要がありません。
地面技がない場合は高火力の等倍技で攻めることになります。

 

 

スカタンク自身はそれほど火力があるわけではないため、高耐久で悪技・毒技で弱点を突かれないポケモンならば比較的簡単に受けきることができます。
必中どくどくを使ってくることもあるので、ドクタイプや鋼タイプだと受け出しが安定します。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す