スポンサードリンク

ポケモンORASでスターミーの色違いは何色?育成論は


初代ポケモンでは健太ロスに並ぶトップメタの一角だったスターミー。
高めの素早さと初代ポケモンらしからぬ攻撃範囲の広さで活躍していました。
その後世代が進むたびに弱体化したり強化されたりしてきましたが、現在はそこそこ使いやすい中堅ポケモンの地位に収まっています。

 

 

現環境ではやや動きにくい一面もあるスターミーの、育成論について考えていきましょう。

 

 

スターミー関連リンク

スターミーの覚える技

なかなか豊富な攻撃技

初代競合ポケモンの今

人気は落ちた模様

害悪型小さくなるスターミー

どくどく必中でやや弱体化か

初代からずっと強い?

いつの時代にも一定数はいた

スポンサードリンク

スターミー基本データ

8d99cc1b ポケモンORASでスターミーの色違いは何色?育成論は

タイプ:水・エスパー
2倍弱点:電気、草、虫、ゴースト、悪
1/2耐性:水、炎、氷、鋼、格闘、エスパー

とくせい
はっこうorしぜんかいふくorアナライズ

種族値
H60 A75 B85 C100 D85 S115

スターミーは初代ではケンタロスと双璧をなすといっていいほど強力なポケモンでした。

 

 

ケンタロスが物理アタッカーの最高峰ならば、スターミーは特殊アタッカーの最高峰。
当時は碌な技に恵まれなかったポケモンの中では珍しくメインウエポン・サブウエポンの両方に恵まれていました。
当時は命中90、3割氷という壊れ性能だった吹雪、等倍範囲が非常に広かったサイコキネシス、自身と同じ水タイプへの打点となる10万ボルトなど……

 

 

補助技も豊富で当時は今より性能が高かったかげぶんしん、高速回復技の自己再生などを習得することができたため、泥沼耐久型の道を選ぶ人もいました。
初代の技構成でもそこそこ戦えるほぼ唯一のポケモンといっても過言ではないでしょう。

 

 

とはいえ、初代と第六世代ではだいぶ環境が違います。
初代ではほとんど見られなかった虫タイプ、草タイプ、ゴーストタイプの攻撃技が大幅に増えたことにより弱点を突かれやすくなったほか、苦手な悪タイプも登場。

 

 

超火力ポケモンが登場したことにより火力不足が目立つようになり、また高い素早さもスカーフ持ちには逆転されるようになってしまいました。
長らく保ち続けていた水タイプ最速の座もゲッコウガに奪われるなど、全体的にぎゃ風が吹いています。

 

 

とはいえそれでももともともポテンシャルが高いだけに、今でも十分戦えます。
なんだかんだ言ってもS115は非常に使いやすく、火力も最低限はあります。
技ラインナップは初代から変わらず豊富であり、弱点を突きやすいです。

 

 

では、具体的にはどのように育成すればスターミーをより活躍させられるのでしょうか。

 

 

最もメジャーなのはやはり特殊型です。
初代から覚えられたいろいろな技に咥えて、現在はマジカルシャインやくさむすびも習得可能です。持ち物は火力不足を補ういのちのたまかこだわりメガネ、あるいは耐久を補う気合いの襷が一般的です。

 

 

防御・特防はそこそこ高いので、HPに振れば不一致弱点ぐらいは耐えるお子ともあります。仮想敵に応じて調整しましょう。

 

 

もう一つメジャーなのが小さくなる型です。
こちらも初代からいた方で、嵌ったときの強さは抜群です。
S115を生かして先制で小さくなるを積むか身代わりを張るかして泥仕合を仕掛けます。小さくなるを最後まで積めれば回避率は約67%、そこからどくどくや熱湯で削っていきます。

 

 

第六世代では必中技や身代わり貫通技が増えたので要注意です。
毒タイプのどくどくには気を付けましょう。

 

 

対策としては特殊受けが一般的に安定します。
輝石ラッキーならばメガネサイコショックも乱数2発です。
ただし、小さくなる型の場合はあまり後退しているとそのうちにどんどん小さくなるを積まれてしまいます。

 

 

その場合は先制でどくどくを入れたり、身代わりを貫通できる虫のさざめき持ちのポケモンを入れたりするといいでしょう。

 

 

素早さが高いので麻痺を入れてもいいですが、先制身代わりには気を付けましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す