スポンサードリンク

ポケモンORASでメガアブソルは強い?


ダイダン世代で初登場を果たしたポケモン、アブソル。高い火力、そこそこの素早さ、低い耐久が特徴です。第五世代は格闘タイプが全盛期だったこともあり、格闘を弱点に持つアブソルは動き辛かったのですが、第六世代では格闘の数が大幅に減少、さらにはメガ進化も獲得してだいぶ使いやすくなりました。一方で新規参入のフェアリータイプには相性が悪いなどの新たなデメリットも少なくないので、使用する前にはしっかりと作戦を練りましょう。

スポンサードリンク

アブソル基本データ

0412667420e270071fd875f1f8142c898022a9551375857900 ポケモンORASでメガアブソルは強い?

タイプ:悪
2倍弱点:格闘、虫、フェアリー
1/2耐性:ゴースト、悪
無効:エスパー

とくせい
プレッシャーorきょううんorせいぎのこころ→マジックミラー

種族値
メガ進化前:H65 A130 B60 C75 D60 S75
メガ進化後:H65 A150 B60 C115 D60 S115

アブソルはあくタイプの中でも屈指の攻撃種族値を持つオフェンシブなポケモンです。耐久は物理特殊ともに非常に低く、素早さも微妙な数値ですが、火力だけは一級品です。第五世代以前ではその扱いづらい種族値から不遇扱いされていた面もありましたが、第六世代ではメガ進化の獲得、じゃれつくの習得などで全般的に強化されました。

 

 

アブソルの主軸となる攻撃は不意打ちです。先制技として破格の威力を持つだけでなく、相手を読み合いの沼に引きずり下ろすことができるという意味でも必須といえます。また、今作から大きく強化された叩き落とすとの相性も良好です。メガストーンを叩き落とせないのは玉に瑕ですが、それ以外のアイテムに大きく依存したポケモンを機能停止させることができます。

 

 

また、前述のとおり第六世代ではフェアリー技のじゃれつくを習得しています。悪との相性補完が優秀で、これまで不利だった格闘タイプにも対抗できるようになりました。そのほか、サブ物理技として馬鹿力や思念の頭突き、サイコカッター、ストーンエッジなどを習得可能です。

 

 

特殊技は悪の波動、大文字、冷凍ビーム、未来予知などを習得しました。いずれもメガ進化しなければ威力は出ませんが、型が広がったのはいいことです。補助技は剣の舞、瞑想、身代わり、挑発、横取りなど。

 

 

メガ進化前のとくせいはプレッシャー、きょううん、せいぎのこころです。メガ進化を前提とする場合は、悪技に合わせられる正義のこころが最も使いやすいでしょう。メガ進化しない場合はきょううんピントレンズでの運用も考えられます。

 

 

育成論はやはり物理アタッカーが中心です。メガ進化を前提としない場合、ピントレンズ+きょううん+急所技による確定急所狙い型も考えられますが、メガアブソルの場合耐久が低く素早さも微妙なので、下手すると攻撃する前に落とされてしまう可能性があります。急所技はもともと素の火力が大して高くないこともあって、使いこなすのは少し難しいかもしれません。低い耐久を補う気合の襷、中途半端な素早さを補うこだわりスカーフも選択肢に入ります。

 

 

メガ進化する場合は、メガ進化のターンをどうやって乗り切るかがポイントです。メガ進化時に不意打ちをしておけば事故の可能性を減らせますが、それを読まれて積み技を使われる可能性も十分あります。こちらもそれを読んで剣の舞を……といった工夫もできますが、いずれにしろ読み合いになること必至です。

 

 

メガ進化時にはスカーフを持てないので最速はほぼ確定です。耐久はもともと低く降っても意味がないことが多いので、たいていの場合ASで事足ります。特殊技は弱点を突くことが前提なので、無振りでもそれなりに火力が出せます。

 

 

対策としては、メガ進化に有効である状態異常技がマジックミラーで通らないのが悩みどころです。耐久の低さを突いてメガアブソルよりもさらに早いポケモンやスカーフ持ちで対処するのが最もいいでしょう。不意打ちに先制できる神速持ちも役立ちます。相性的にはルカリオが有利ですが、メガアブソルはメガルカリオよりも早いので馬鹿力には気を付けましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す