スポンサードリンク

ポケモンORAS世代におけるライコウの育成論は?


素早さも火力もあり、耐久もそこそこと安定した能力を持つライコウ
とくにS115は現環境においてもかなり高い数値であり、弱点の少なさも相まって何もできずに沈むということがほぼありません。第六世代では電気タイプが麻痺しないようになったため、
より腐りにくくなりました。

 

 

ライコウ関連リンク

ライコウのおぼえる技

電気では唯一瞑想を覚えます

ORASでの入手方法

結構面倒ですね

ライコウがここにきて急激な人気に

その影響でスイクンが減った気がします

瞑想ライコウの調整

積まないと若干火力に難が

スポンサードリンク

ライコウ基本データ

raikou ポケモンORAS世代におけるライコウの育成論は?

タイプ:電気
2倍弱点:地面
1/2耐性:鋼、飛行、電気

とくせい
プレッシャー

種族値
H90 A85 B75 C115 D100 S115

 

 

まずはライコウの第五世代以前の活躍を見てみましょう。
際立って人気ポケモンというわけではありませんでしたが、そこそこの人気はあったライコウ。
やはりS115という高い素早さは、多くのトレーナーにとって魅力的でした。

 

 

ただ、一見特殊アタッカー向きな数値ではありますが、電気単故に範囲があまり広くなく、
また補助技が豊富なこともあってか力でゴリ押す特殊アタッカーに育てている人は少なかった印象があります。補助技をあれこれ使って長生きする作戦がどちらかといえばメジャーでしたね。

 

 

さて、早速育成論について考えてみましょう。
まずは技ラインナップの確認です。

 

 

主力技は10万ボルト、よほどの事情がない限りはこちらを採用します。
10万ボルトでは威力が足りないと思うのならばでもいいですが、
命中が70しかなくかなり不安定です。雨パ以外では採用しない方が無難です。

 

 

ボルトチェンジは苦手な相手から逃げられるので有効です。早いので先制で逃げやすいです。ただし、地面やちくでん相手には通用しないため、やみくもに打てばいいわけではありません。

 

 

サブウエポンはシャドーボール、神通力、波導弾(配布限定)、しんそく(配布限定)、めざめるパワー氷などがあります。波導弾は攻撃範囲がかなり広がり、バンギラスやナットレイに対して有効なのであるとかなり便利です。

 

 

目覚めるパワー氷は今作で威力が下がってしまいましたが、
それでもガブリアスをはじめとするドラゴンや地面に対して有効で依然として優先度は高いです。
シャドーボールはクレセリアやギルガルドなどに有効ですが、優先度は微妙なところ。

 

 

続いて補助技についても見ていきましょう。
瞑想はいまいち火力が高くないライコウに取って非常に重要です。
電気タイプでは唯一の瞑想持ちなので、これを生かさない手はありません。
基本的に流し際に詰んで、一致電気とめざめるパワー氷、波導弾の範囲で全抜きを狙います

 

 

瞑想がを入れる場合はセットで身代わりを入れることが多いです。
特殊アタッカー相手に身代わりを張り、瞑想を積みまくると身代わりすら壊されない状況になり、大変有利になります。

 

 

意外なことに両壁も張れます。高い素早さからの両壁はかなり便利です。

 

 

PGLの統計によれば、持ち物のトップは食べ残しです。あまり耐久のイメージがないライコウですが、実際には特殊耐久はかなりのものであり、瞑想を積む場合はかなり固いです。

 

 

瞑想を複数回積めば全抜きも決して夢物語ではありません。
ただし、瞑想ライコウはSと耐久に大きく努力値を裂くことになるため、
素の状態では火力が足りません。瞑想を積むことが前提なので、
積めないまま交代読み地震などで追いつめられると苦しくなります。

 

 

配布型の場合は性格がうっかりや固定になってしまいますが、
波導弾と神速が使えるのが大きなメリット。普通のライコウではどうしようもないバンギラス、名とれいあたりに一矢報いることが出来ます。

 

 

対策はやはり物理の地面タイプが安定します。
バンギラスは特殊耐久が高く等倍10万ボルトぐらいではびくともせず、
返しのストーンエッジや噛み砕くで優位が撮れます。

 

 

電気の中では耐久も高く安定した運用が可能なので、一度使ってみてはいかがでしょうか。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す