スポンサードリンク

ポケモンXYでのノクタスの育成論は?


ポケモン第三世代で初登場を果たしたノクタス。不遇気味のタイプ組み合わせに加えて、鈍足低耐久両刀という無駄の多い種族値配分から現環境では苦しい立場にあります。一方でふいうち、カウンター、みちづれなど面白い技が多く、読み合いが楽しいポケモンでもあります。そんなノクタスの育成論を考えていきましょう。

スポンサードリンク

ノクタス基本データ

20110730210804 ポケモンXYでのノクタスの育成論は?
タイプ:草・悪
4倍弱点:虫
2倍弱点:炎、氷、格闘、毒、飛行、フェアリー
1/2耐性:水、電気、草、地面、ゴースト、悪
無効:エスパー

とくせい
すながくれorちょすい

種族値
H70 A115 B60 C115 D60 S55

ノクタスは第三世代で初登場を果たしたポケモンです。初登場から現在に至るまで最終進化形では唯一の草・悪タイプのポケモンでもあり、それが個性になっています。とはいえ弱点は全ポケモンの中で最も多い7つ、4倍弱点こそ無いものの低耐久も合わさって2倍弱点の攻撃すら耐えないことがほとんどです。耐久種族値も低く、受けに回ると非常に脆いポケモンです。

 

種族値は攻撃と特攻が高い二刀流となっていますが、耐久と素早さに関してはかなり厳しく、並程度の火力と素早さがあるアタッカーには何もできずに落とされてしまうことがしばしばあります。そのため、耐久を補う気合の襷を持たせる事が多いです。耐久は最初から捨てて、命の珠を持たせるトレーナーもいるようです。

 

攻撃と特攻は前述のとおり高いのですが、一致技はそれほど威力の高いものがないため、数値ほどの火力は出ません。耐久の高いポケモンだと一致弱点をついても耐えられることがしばしばあるので立ち回りには気をつけたいところです。総じて読みが重要なポケモンといえます。

 

とくせいはすながくれかちょすい。すながくれは能動的に活かしづらいですが、砂パにあたった時にタスキが潰れるのを防げます。ちょすいはもともと水半減なのであまり意味が無いように思えますが、この耐久だと一致半減の水技すら致命傷になりかねいないので、それを防げる点では優秀です。

 

技ラインナップは豊富とはいえませんが、なかなかに個性的な技を習得します。物理技は鈍足であることを考えると、タイプ一致の不意打ちはぜひ搭載したいところです。草技はタネばくだん、タネマシンガンからの選択。残念ながらリーフブレードやパワーウィップなどの威力の高い技は習得できません。

 

タイプ不一致技はあくタイプに通るミサイルばり、鋼に通るばかぢからやリベンジ、無理やり一対一交換に持っていくカウンターなどを習得できます。

 

特殊技はあくのはどう、エナジーボール、ギガドレインなどのタイプ一致技のほか、きだいだま、ゲップ、めざめるパワーなどを習得できます。攻撃範囲は割と広く、読みがうまく行けば相手に致命傷を与えられます。

補助技はみちづれ、わたほうし、フラフラダンス、ニードルガードなどを習得できます。ニードルガードは拾得者が非常に少なく、まもるの上位互換なので有用性は非常に高いです。

 

主な役割は水狩りです。ちょすいで水技を受けながら無償降臨し、タイプ一致の水技で攻撃していきます。サブのれいとうビームがやや怖いので、多少耐久に振るかきあいのタスキを持たせたいところです。素早さも無フリでハなく、仮想的に応じて60族や65族ぐらいまでは抜いておきたいところです。ニードルガードは相手のタスキつぶしとしてなかなか優秀です。

 

対策としては、草技と悪技を両方半減できてそこそこ耐久があるポケモンが安定します。草悪等倍でも耐久が高ければ後出しは比較的容易です。低耐久をタスキで補っていることが多いので、ステルスロックやまきびし、どくびし、あられ、先制技なども効果的です。威力の高い不意打ちが打てるので、低耐久のゴーストやエスパーは早めに引っ込めましょう。

 

ニードルガードを習得しているポケモンも多いので、できれば特殊で相手をしたいところです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す