スポンサードリンク

ポケモンXY・ORASでのゴーゴート育成論は?強い?


ポケモン第六世代で初登場したゴーゴート
発売前から取り上げられていたため、多くのトレーナーたちが注目していました。
ふたを開けてみれば合計種族値は確かに高かったのですが、
微妙な素早さに無駄の多い種族値配分、耐久は高いものの弱点が多いといまいちちぐはぐな実力だったため、ほとんど採用されませんでした。

 

 

そのためか存在感がなく、多くの人がタイプを草・ノーマルと勘違いする始末。
こんなゴーゴートに未来はあるのでしょうか?

 

 

ゴーゴート関連リンク

ゴーゴートの覚える技

特殊技が貧相です

ゴーゴートはXY真の空気ポケモン?

発売前が最盛期

ゴーゴートイラスト集

なかなか男前です

ゴーゴートの公式設定

穏やかな性格だそうですが

スポンサードリンク

ゴーゴート基本データ

20131102180404431 ポケモンXY・ORASでのゴーゴート育成論は?強い?
タイプ:草
2倍弱点:炎、氷、飛行、虫、独
1/2耐性:草、地面、水、電気

とくせい
そうしょくorくさのけがわ

種族値
H123 A100 B62 C97 D81 S68

ゴーゴートは第六世代で登場したポケモンですが、
正直このポケモンの正しいタイプを覚えているか経って少ないんじゃないでしょうか。
私もつい最近までゴーゴートは「ノーマル」だと思ってました。

 

 

今作ではカエンジシやエレザード、ホルードなど、
ノーマル複合のポケモンが多数投入されましたからね。

 

 

肝心の実力についてですが、種族値合計は531とかなり高いです。
が、配分には若干難があります。

 

 

耐久はまずまずで、攻撃特攻は二刀気味、素早さは並以下。
これだけ聞くとそこそこ優秀な二刀アタッカーになれそうな気もしますが、特攻97を生かせる特殊技がタイプ一致技しかないのが気がかりです。まともにとおるタイプ不一致特殊技波乗りぐらいなので、よほどの考えがない限りは物理一本で戦ったほうがいいでしょう。

 

 

物理面はタイプ一致のウッドホーンやリーフブレードのほかに、
草技との相性補完がまずまずな地震、相手の素早さを下げる地ならし、
飛行タイプに対する数少ない打点となるワイルドボルトといわなだれなどがあります。

 

 

とはいえ攻撃種族値も100と現環境においては特別高いわけではなく、
単純なフルアタ型にすると、同じ草物理のリーフィアの存在が気がかりです。

 

 

変化技は宿り木の種、ミルクのみのほか、草タイプとしては珍しくビルドアップも覚えます。
中途半端な物理耐久を補うのには最適で、ウッドホーンとの相性が良好です。

 

 

最大のネックは素早さ68。スカーフを巻いてもぎりぎりで130族を抜けず、
かといってトリックルーム化で戦うにはやや早く、しかもトリルパに必要な火力があまりでないと、
何かと不安を抱えています。おまけに現環境で強力なファイアローとギルガルドには相性面でも不利なので、ポテンシャルのわりには生かしづらいです。

 

 

このような環境下でも戦っていくにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

現環境で比較的戦いやすいのは、第五世代におけるローブシンのビルドレイン型に似たビルドホーン型です。ビルドアップを積んで耐久と火力を両方アップさせてから、ウッドホーンでHPを吸い取ります。

 

 

ミルクのみもあるので生半可な不一致弱点技ぐらいならば受けきれます。

 

 

ビルドレイン型と比べて半減されやすいのが難点ですが、物理地面には強く出られます。
また、草タイプ同士の対決に役割を持たせたいのならばめざめるパワー氷あたりを隠し持っておくといいでしょう。こちらはそうしょくにより草技無効なので押し切れるはずです。

 

 

対策としてはアタッカーで弱点を突くのが最もいいでしょう。
現環境で有力なファイアローは上から縛ることが出来ますが、耐えられて返しの岩雪崩で持ってかれるかもしれないので注意が必要です。

 

 

エアームドは草1/4、地面無効、岩等倍なので難なく受けきれるでしょう。
同じくナットレイもめざめるパワー炎でももってない限りは受けられます。
変化技を多く使う相手なので挑発や身代わり持ちのポケモンもそこそこ有効です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す