スポンサードリンク

モルフォンのメガトンキックが強い?育成論は?


ポケモン第一世代から活躍しているモルフォン。
蛾でありながら蝶の舞を覚えるなど、個性的なポケモンです。

 

 

一見低種族値に見えますが、他の序盤虫と比べれば種族値もそこそこあり、
配分にもあまり無駄がなく安定した動きが出来ます。

 

 

特性いろめがねは蝶の舞と相性がよく、使い方次第では種族値以上の活躍をさせることも可能です。
第六世代では独タイプが強化されたことにより、モルフォンも相対的に強化されるなど、地味に実力をつけてきています。そんなモルフォンを生かす育成論を考えてみましょう。

 

 

モルフォン関連リンク

モルフォンの覚える技

蝶の舞が肝になります

モルフォン身長1.5m

巨大な蛾

モルフォンに地震が当たるのはおかしい

なぜコイルにも地震が当たるのか

なぜモルフォンは空気なのか

それでいて相手するといやらしい

スポンサードリンク

モルフォン基本データ

20110205152530aeb モルフォンのメガトンキックが強い?育成論は?

タイプ:虫・毒
2倍弱点:炎、飛行、岩、エスパー
1/2耐性:毒、虫、フェアリー
1/4耐性:格闘、草

とくせい
りんぷんorいろめがねorミラクルスキン

種族値
H70 A65 B60 C90 D75 S90

モルフォンは序盤虫タイプに多いタイプです。
このタイプは合計種族値が400もいかないような残念な能力のポケモンも多いのですが、
モルフォンはそんな中では比較的まともな種族値をしています。

 

 

とはいえ合計種族値は450と、それほど高いわけではありません。
幸い特攻と素早さがそれなりに高く、種族値とマッチした積み技の蝶の舞も覚えるため、基本的には特殊アタッカーとして育てることになります。

 

 

しかし、特殊アタッカーとして育てる場合は若干攻撃範囲が狭いのが気になります。
いろめがねは効果今一つの攻撃のダメージが2倍になるという、攻撃の一貫性を高めてくれる技です。現環境では虫、毒ともに半減されやすいので一見相性はよく見えますが、
虫と毒ともに4分の1以下に抑えられるタイプもかなり多いので、タイプ一致技だけでは攻撃範囲が足りないことが多いです。

 

 

タイプ不一致技はサイコキネシス、ギガドレインとそれなりに有用な技がそろっていますが、
かといってフルアタにしてしまうと蝶の舞が入れられなくなってしまいます。
せめて虫・炎とかだったら攻撃の通りもだいぶよくなっていたのですが……。

 

 

また、現環境にはファイアローギルガルドが多いのも気になるところです。
どちらにも相性で圧倒的に不利で、特にファイアローは蝶の舞をいくら積んでもブレイブバードであっさり落とされてしまうので相手をするのはほぼ不可能とみていいでしょう。

 

 

幸いバトンタッチを覚えるので、蝶の舞を積んでから受けられるアタッカーに交代するのが最も無駄がないかと思います。

 

 

ここからは育成論を考えていきたいと思います。
特性はやはりいろめがねが最も生かしやすいです。
眠り粉で眠らせて蝶の舞を積んで、バトンタッチで引き継ぐか自ら攻撃します。

 

 

単純な戦法ですが、虫&毒がどちらも半減以上ではいる場合はかなり厄介です。
ただしモルフォンよりも早い相手にはほとんど通用しない作戦なので注意しましょう。
不利な相手を無理やり眠らせる場合は気合いの襷を持たせましょう。

 

 

耐性は5タイプと比較的多い方なので、有利な相手(特に岩技のない格闘)相手には強く出られます。

 

 

対策としては高速アタッカーで処理するのが最も確実でしょう。
特殊耐久は蝶の舞で補われてしまいますが、物理耐久は低いままなのでゴウカザルやガブリアスなどの早い物理ならばたいていは一撃で落とせます。

 

 

ただしさすがに先制技一撃で落とすのは難しいです。竜舞カイリューならば話は別ですが。

 

 

受けてから反撃する場合は虫半減、毒無効の鋼タイプが最も安定します。
虫と毒を両方4分の1(いろめがね込みで1/2)以下に抑えられるポケモンはかなり多いので、
パーティに一匹入れておくといいでしょう。ゲンガーは汎用性も高いのでおすすめです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す