スポンサードリンク

イケメン力士旭秀鵬が流血?彼女はいるの?


モンゴル出身力士の中では1,2を争うほどのイケメン力士として知られる旭秀鵬
190cmを超える長身ゆえの懐の深さと、安定した足腰が強さの源です。

 

 

最近は幕内下位にとどまっており伸び悩んでいる印象が強いですが、
こうした力士はいったん一皮むけてしまえば恐ろしく強くなるものです。
今はまだ未完の大器ですが、上位目指して頑張ってほしい力士の一人です。

 

 

旭秀鵬関連リンク

旭秀鵬の生涯成績

最近は幕内下位が主戦場

激しい一番

千代鳳相手に「流血」

旭秀鵬の顔

イケメーンwww

大島親方の「秘蔵っ子」

頑張れ26歳

スポンサードリンク

旭秀鵬はモンゴル・ウランバートル出身の力士です。本名はエルデネバートル
父は運送会社の元社長、母は元教師、
姉は軍の病院医師、兄は日本の防衛大に留学していて、現在は大統領警護官という一家です。家族そろって非常にいい仕事についていますね。

 

 

もともとモンゴルではバスケットボールをやっていたエルデネバートル少年は、
もともとは将来ドイツ留学も考えていたのですが、
考えを変えて日本の岐阜県本巣市の高校に柔道留学します。

 

 

柔道は未経験乍ら豊富な才能を武器に活躍しますが、
日本に留学していた兄が旭天鵬と知り合いだったことから、旭天鵬は旭鷲山引退で外国人枠が空いた自らの部屋に入門するように勧めます。

 

 

柔道経験はあったものの相撲は未経験だったことから活躍を危惧する声も多かったのですが、
序の口は1場所、序二段は2場所、三段目は一場所で通過するなど目覚ましい活躍を見せます。一時は怪我で三段目まで番付を下げますが、
復調後は順調に番付を戻し、2011年7月場所は東幕下2枚目の地位で5勝2敗と勝ち越し。
十両昇進を決定します。

 

 

十両はわずか2場所で通過、このまま順調に成長していくものと思われましたが、
ここからやや停滞が始まります。2012年7月場所は西十両筆頭で0勝8敗7休、
通常ならばギリギリ十両下位にとどまれる成績なのですが、
番付運が悪く東幕下筆頭まで下げられてしまうという不運に見舞われます。

 

 

再入幕を果たした2013年5月場所は自己最高位で白星を先行させていたものの途中休場と、
肝心なところで怪我をして休場してしまうことが多く、伸び悩んでいました。

 

 

それでも最近はようやく幕内に定着した感があります。
2015年1月場所は自己最高位タイの前頭12枚目で3日目から7連勝を果たすなど好調、
終盤失速したものの8勝7敗の成績を残し、来場所の最高位更新を確実にしました。

 

 

いろいろともたついている感はありますがそれでも少しずつ出世していますし、
将来が楽しみな力士の一人といえます。

 

 

取り口はいたってオーソドックスな右四つ・寄りです。
兄弟子の旭天鵬に体型も取り口も似ています。
速攻押し相撲に弱いという点まで似てしまっています。

 

 

長身なのでいったん得意の右を差して相手の動きを止めてしまえば強いです。
正し相撲が若干遅いところがあり、その右を差すのに苦労するシーンが多いです。
もっと速攻、自分から攻めていくことを覚えた日には上位進出もあり得ます。

 

 

さて、繰り返しになりますが旭秀鵬はモンゴル人力士有数のイケメン力士です。
ですが今からちょうど1年前の2014年1月場所では、その顔にけがを負っています。

 

 

2014年1月場所、初日の千代鳳戦。
千代鳳のぶちかましをもろに左まゆ付近に受けて激しく流血します。
それでも旭秀鵬はそのまま右上手を引き付けて寄り切ります。

 

 

以前旭秀鵬は眼窩(がんか)底骨折を経験していることもあり、
取組後はすぐに診療所に向かいましたが、幸いにして大事には至りませんでした。
なによりですね。

 

 

年齢的には現在が26歳と最も脂がのるころですし、
怪我をしないようにけいこに精進すれば自然と力はついてくるはずです。
今の幕内下位の地位に甘んじることなく、一歩一歩番付を上げていってほしいですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す