スポンサードリンク

イチローの2015年最新移籍はどうなる?なんjではオリックスへの復帰も示唆


一流といわれる選手の通算安打数が2000程度といわれる中、その倍の4000本安打を達成したイチロー選手。
しかし、そんなイチロー選手も御年すでに41歳、現役でいられる期間はだいぶ少なくなっています。

 

 

2014年にはヤンキースを退団する可能性が濃厚になった中で、
新しい所属先、移籍先が話題になってきています。

 

 

イチロー関連リンク

イチロー、ついに移籍先が決まる

新天地での活躍に期待です

イチローの契約は「打席数に応じた出来高制」

今シーズンは何本打てるのでしょうか

イチローの背番号「51」が復活

背番号に見合った活躍を

目指すはメジャー3000本

あと156本

スポンサードリンク

イチロー選手の新しい所属先については大きく分けて3種類の予想があります。
一つ目はヤンキースと再契約して元の鞘に収まるというもの。
しかし、来季のヤンキースは外野手陣の層がかなり厚く、
イチロー選手といえどもあの中に入りこんでいくのはかなり難しそうです。

 

 

二つ目は米大リーグ他球団への移籍。現段階では最も有力な選択肢ですが、41歳という高齢、高い年俸のことを考えると決して楽な道のりではありません。

 

 

最後が日本球界への復帰。大リーグと比べると年俸は大きく下がることになりますが、
イチロー選手の集客力をもってすれば球団側は支払った年俸分がペイできる可能性が高いです。

 

 

個人的には米大リーグ他球団への復帰が最も濃厚かと思いますが、一方で日本球界復帰を望む気持ちもあります。
さすがに来期42歳を迎えるイチロー選手に取って大リーグの環境は少しか酷かもしれません。
アメリカは国土が広いですから移動するだけでも一苦労ですし、
もうすでにメジャー歴が長いとはいえ異国の地で暮らすのは楽ではないでしょう。

 

 

その点日本はアメリカほ度広くないですから移動にそれほど負担もかかりませんし、
40歳過ぎの選手にとっても優しい環境だといえます。
日本のファンも最後の1年くらいは日本でプレーしてほしいと思っているでしょうし、
なるべく帰ってきてほしいと思います。

 

 

さて、問題は日本球界に帰ってきたときにどこの球団に入るかということですが、
一番有力なのはやはり古巣でもあるオリックスでしょうね。

 

 

オリックスとイチロー選手は現在でも良好な関係にあるようですし、
来季はオリックス選手兼任監督なんて見出しを飛ばす新聞もあるくらいですから、
普通に考えれば最有力だと思います。

 

 

その他はどこも団栗の背比べといったところでしょうね。
資金力のあるソフトバンクや巨人は多少有利だと思いますが、
イチロー選手はこれまでに十分稼いだでしょうし今更1億、2億円の差で転ぶとも思えません。
となるとやっぱり古巣のオリックスで決まりかな、という感じもします。

 

 

それにしてもイチロー選手がメジャーに旅立った時と現在の日本プロ野球界はだいぶ環境が違いますね。
近鉄バッファローズはなくなってしまいましたし、東北楽天ゴールデンイーグルスなんて新しい球団もできました。
横浜ベイスターズの親会社は変わってDeNAベイスターズになり、山本昌選手はいまだに現役です。
すごいですね。

 

 

さて、この記事実はかなり前にかかれた記事なのですが、もたもたしているうちにイチロー選手の去就がついに決まってしまいました。
新天地は日本球界……ではなくメジャーのマーリンズです。
マーリンズはナ・リーグ東地区に所属するチームの一つで、
今回が初めての日本人選手獲得ということもあり注目されています。

 

 

マーリンズでイチロー選手は久々に「51」の背番号をつけることが決定しています。
イチロー選手が自身の象徴でもある51をつけて再びプレーする姿を見られるのは、やはりうれしいですね。

 

 

ただファンとしてはやはり最後の1年間は日本のプロ野球球界、出来ればオリックスに戻ってきてほしいという気持ちもあります。
もちろん最終的に決めるのはイチロー選手なのですが、
最後の1年でファンに対してプレーする姿を見せるという恩返しができれば、これに勝る引き際はないのではと思います。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す