スポンサードリンク

バラエティー番組黄金伝説にも出演した臥牙丸はかわいい?


現役十両力士の中では徳真鵬に次いで体重が重い臥牙丸。体格は186cm、体重は199kg、
その変わった四股名から「ガガ様」という愛称をつけられています。
一時期はその圧倒的な体格を武器に幕内上位で活躍しましたが、
最近は体格任せのパワー相撲がだんだん通用しなくなってきています。
2014年9月場所は25場所ぶりに十両に陥落、そこでも大敗し幕内復帰への道のりは決して平たんとは言えません。

もともといいものを持っているだけにぜひもう一度幕内で活躍する姿が見たいのですが、
果たしてここからの幕内復帰はあるのでしょうか。

 

 

臥牙丸関連リンク

臥牙丸の生涯成績

最近は黒星が目立ちます

臥牙丸が残した「名言」とは

角界一のピノ愛好家

臥牙丸ら現役力士4人がロックバンドを結成

冬でも暑苦しい

なぜか玉鷲に勝てない臥牙丸

なぜか相性が悪いです

スポンサードリンク

臥牙丸はグルジア出身の大相撲力士です。
グルジア出身力士としては黒海、栃ノ心に次ぐ第三の関取であり、
筋肉質な両者とは異なりでっぷりとした体格が持ち味です。

 

 

初土俵は2005年11月場所。才能豊かな力士だけに幕下まではスピード出世しますが、
幕下中位でやや苦労します。2008年ごろから次第に難しい地位でも勝てるようになり、
2009年7月場所に東幕下10枚目の地位で7戦全勝の成績を挙げて十両に昇進。
十両は負け越し知らずで4場所で通過、以降は幕内に定着します。

 

 

2011年9月場所は初日黒星の後2日目から10連勝、一時期は優勝争いにも絡みます。
結局終盤戦連日して上位陣に当てられ優勝は逃すものの11勝4敗で敢闘賞を受賞。

 

 

2012年初場所は再び好調で12勝3敗の成績を挙げ準優勝、2度目の敢闘賞を受賞します。
翌場所は一気に番付を上げて小結に昇進。上位陣総当たりで苦戦しますが、6勝9敗と奮闘します。

 

 

このころの臥牙丸は上り調子で、今後さらに成長すれば三役定着も夢ではないと思われていたのですが、このころから単調な押し相撲が次第に見透かされるようになります。
自慢の押しも次第に通用しなくなり、番付はずるずると低下。
2014年にはついに十両に陥落、現在も十両で低迷しています。

 

 

臥牙丸の魅力といえばもちろんそのパワフルな突き押しです。
かなりの体格ながら動きは悪くなく、立ち合い一気の押しで相手を土俵際に持っていくこともあります。しかし全身のバランスは悪く、特に肉は上半身に偏っている一方、
下半身は力士とは思えないほど貧弱で、引き叩き、投げといったゆさぶりにはめっぽう弱いです。

 

 

最近は体重過多も指摘されています。
あの体型が暗に示しているように食べることは大好きで、特にアイスクリームを愛好しています。
中でも大好物は「ピノ」。昔はアイスクリームを1日2kgぐらい食べていたそうですが、
今はピノを1日5箱程度食べるにとどまっている……とのことですが、どう考えてもこれも食べすぎです。

 

 

食べ過ぎによる体重過多で腹が出過ぎ、ますます体型がアンバランスになっています。
また体重はかなり重い一方で腰は軽く、簡単に相手の振り回しに崩れる欠点もあります。
全体的に力士としては下半身が脆い傾向にあり、これを克服しないと幕内復帰は難しいでしょう。

 

 

となればやはり稽古をひたすら頑張るしかありません。
稽古をした力士が必ずしも強くなるとは限りませんが、
稽古しないで強くなった力士は長い歴史を持つ相撲界にも一人も存在していません。

 

 

臥牙丸は小結までこれたということは相撲センスは間違いなくあるのですから、
ここで凡百の力士として終わらずにもう一花咲かせてほしいですね。

 

 

ところで、臥牙丸は引退後どうするのでしょうかね。
今のところ日本国籍を取得する意向は見せていませんが、
現役引退後も指導者として相撲協会に残る場合は日本国籍が必須です。

 

 

臥牙丸が指導者として優秀なのかどうかは未知数ですが、
もし協会に残る気でいるのならば早めに国籍を取得したほうがいいでしょうね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す