スポンサードリンク

ヤンキーっぽい風貌の力士松鳳山が結婚式!成績下降の原因は?


ヤンキーっぽい風貌で知られる松鳳山。その風貌からネット上でついたあだ名は「悪人」です。
金色廻し浅黒い肌、その風貌からとっつきにくそうなイメージを受ける人も多いかと思いますが、いったん土俵を離れてしまえば朗らかな兄ちゃんです。

 

 

2014年は私生活では結婚を果たすなど充実した1年となりましたが、
一方で土俵の上での活躍はいまいち。3月には小結に復帰しましたが、
年の後半は一度も勝ち越せないまま1年を終えてしまいました。

 

 

松鳳山関連リンク

今までの成績

最近は黒星が多め

松鳳山、涙の初金星

日馬富士を力で撃破

新しい部屋名に「照れくさい」

心機一転の始動へ

松鳳山、アルミバイクに乗りはしゃぐ

たのしそう

スポンサードリンク

まずは松鳳山の土俵人生を振り返ってみましょう。駒澤大学在学中には国民体育大会の成年男子Aで準優勝(優勝は幕下・下田圭将)するなど注目されていた実力者で、幕下付出の資格こそ得られなかったものの鳴り物入りで松ケ根部屋に入門します。

 

 

プロ入り後も順調に番付を上げていましたが、幕下上位で苦しむことになります。
この間はかなり苦しい思いをしたのですが、それでも腐らずけいこに精進し2010年3月場所に東幕下1枚目の成績で4勝3敗の成績を挙げて十両昇進を決めます。

 

 

が、十両3場所目の前に野球賭博にかかわっていたことが発覚。
相撲協会の2度の調査に対して賭博申告をしていなかったため当初は解雇の可能性すらありましたが、温情的な判断により大相撲の世界に首の皮一枚で残ります。

 

 

それでも下された処分は2場所謹慎休場と重いもので、
十両下位まで上がっていた番付は西幕下51枚目まで陥落します。
一時期は自ら角界から身を引くことも考えていたそうですが、母の説得にとどまり現役続行を決意。

 

 

復帰後は番付が下の力士を寄せ付けない強さで幕下で2場所連続全勝優勝。
その後も圧倒的なペースで勝ち星を積み重ね、一気に新入幕を果たします。
2012年11月場所では上位と総当たりの地位ながら琴欧洲、把瑠都、稀勢の里の3大関を破り敢闘賞を受賞、新小結に昇進します。

 

 

2013年3月27日には結婚を発表。三役昇進まで結婚は保留にしていたそうですが、
見事約束を果たしてのゴールインとなりました。
結婚式では直前の場所に8勝7敗と勝ち越したことについてホッとしてますけど、そんなに勝ち越し、負け越しは気にしていなかったので」と涼しい顔で言った松鳳山に対して「言うとったやん! 勝ち越したらホッとしとったやんか」と早速奥さんから突っ込みが入り、報道陣を和ませました。

 

 

その後もしばらくは小結と平幕上位を往復していたのですが、
2014年後半から徐々に相撲が上位で通じなくなります
ずるずると負け越しを重ねて気が付けば東前頭11枚目、後ろの番付も寂しくなってきました。

 

 

まだ31歳と極端に老けこむ年齢ではないのですが、やはりそろそろ衰えが気になってくる頃です。もともと筋肉質ではあるものの体は小さく、背も低いため起こされると脆い面がある松鳳山に取って突き押しの馬力は生命線ですが、最近は押しも上位に通じなくなってきた感があります。

 

 

もともとそれほど取り口に幅があるタイプではないので、覚えられると厳しい面があります。
背が低いことを生かして二本さしたりすることもたまにありますが、
もっと相撲の幅が広がれば、また上位での活躍も期待できるのではないかと思います。

 

 

ちなみに、松鳳山は現在の幕内力士では唯一の黄金の廻しをつけた力士です。
黄金の廻しといえば昭和の怪物・北の湖に唯一対抗できる存在であった横綱・輪島のトレードマークとしてもおなじみです。また、一時期ですが横綱朝青龍や白鵬が付けていたこともあります。

 

 

松鳳山にもこれらの大横綱と並ぶような素晴らしい功績を残してほしいものです。
気風のいい突っ張りはまだまだ健在ですし、腐らずに精進してほしいものですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す