スポンサードリンク

佐藤真海の障害とは?でき婚で結婚した夫(相手)は電通の人?


今回取り上げるのは日本の陸上選手、佐藤真海さん。
パラリンピック選手走り幅跳びを主な競技としている方です。
最近は電通マンと結婚したとの情報がありますが、
結婚相手は果たしてどんな方だったのでしょうか。

 

 

佐藤真海さん関連リンク

佐藤真海の講演料はいくら?

応相談

サントリー公式ホームページ

個別ページがあるほどの有名人

佐藤真海のプレゼンの内容は?

ツイッターでも好評

佐藤真海ツイッター

フォロワー数約1万2000人

スポンサードリンク

佐藤真海さんは1982年生まれのパラリンピック選手です。
障害は後天的なものであり、19歳の時に骨肉腫(骨のがん)を発症して、
右足のひざより下を切断するに至りました。

 

 

こうしてみると大変苦労されている方なんだなとも思いますが、
一方で才女でもあります。

 

 

高校時代はスポーツで有名な仙台育英高校に通っていましたし、
早稲田大学時代は応援部のチアリーダーとして明るい毎日を送っていました。

 

 

そんな中突然発覚した病気。骨肉腫は100万人に1人~2人しかならない病気で、治療がうまくいっても右足切断が不可避と聞かされた時は立ち直れないくらいに落ち込んだとか。

 

 

まあ、そりゃそうでしょうね。平穏に暮らしていたら突然右足の一部を失うとか、
考えただけでもぞっとします。

 

 

しかし、10カ月入院した後はなんと退院3日で復学。さらには落ち込んだ精神を立て直すためにいきなり水泳を始めるという鋼メンタルを発揮します。

 

 

このあたりの切り替えの早さは、他の障碍者にとっては見習うべき点かもしれません。落ち込んでたって障害が消えるわけではないですからね。
この精神的な強さが今の彼女を作ったといっても過言ではありません。

 

 

その後は水泳でリハビリテーションを重ねながらパラリンピック選手をめざし、さらにはサントリーに入社しています。

 

 

やがて彼女はパラリンピックに興味を持ち始めます。
自分よりも重い障害を持ちながら前向きにスポーツに取り組む姿に心を打たれた彼女は、水泳から陸上競技に転向します。

 

 

2012年のパラリンピックでは女子走り幅跳びF42/44 4m70cmの記録を残します。
さらに2013年のIPCグランプリシリーズブラジル大会では自己最高の5m02を記録。
最初の2本をファールで潰し、もう後がない中での大記録達成に日本のパラリンピック界隈は大揺れしました。

 

 

そして2014年。佐藤真海さんは日本でのオリンピック開催のために、
最終プレゼンテーションを行います。
結果は皆さんもご存じでしょう。

 

 

もちろん日本の招致成功の浦には佐藤さん以外の多くの人の尽力があったのですが、佐藤さんの努力は決して無視できるものではありません。

 

 

となると2016年のパラリンピック参加にどうしても期待してしまいますが、
佐藤さん自身は2014年10月に妊娠が発覚しており、
2016年のパラリンピック参加は少し難しそうです。

 

 

佐藤さんが結婚したお相手は広告代理店の電通に勤める男性です。
年齢は佐藤さんの1歳上で、オリンピックの招致活動を通じて次第に中を深めていきました。交際期間は約1年と比較的短期のゴール、
しかもできちゃった婚ということで世間を驚かせました。

 

 

スポーツのみならず私生活に関しても結構貪欲なんですね。
旦那さんの名前は公表されていませんが、谷 昭輝たに・あきかず)さんと推定されています。
この人は2007年に電通に入社している方で、
企業ブランディング、CI/VI開発などのコンサルティング・プランニングから、
キャンペーン戦略の開発まで、幅広い業務を担当されています。

 

 

いかにも電通マンといった感じのバリバリのビジネスマンで正直あまり好感は持てませんが、佐藤さんにとってはこの人が良かったのでしょうね。

 

 

パラリンピックにはオリンピックとはまた違った楽しさがあります。
一方でどちらもスポーツに必死な人を応援するという仕組みは変わりません。

 

 

2016年のパラリンピックはブラジル・リオデジャネイロで開催されます。
佐藤さんの三かは微妙なようですが、今から楽しみですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す