スポンサードリンク

大相撲九州場所終了、鶴竜が7場所振り3回目の優勝


大相撲九州場所が無事に終了し、幕内では鶴竜が2015年9月場所依頼7場所ぶりとなる幕内優勝を成し遂げました。また、正代と石浦が敢闘賞、玉鷲が技能賞をそれぞれ獲得しました。

スポンサードリンク

3横綱が優勝争い引っ張る

先場所休場していた白鵬が出場に踏み切り、3横綱4大関が揃ったこの場所。初日からいきなり日馬富士が破れたものの、その後は3横綱は順調に勝ち進み、9日目終了時点で鶴竜が全勝で優勝争いトップ、日馬富士と白鵬、それと新入幕の石浦が1敗で続きます。

終盤に入り日馬富士と白鵬、石浦が相次いで失速、好調を保った鶴竜は11日目に稀勢の里に敗れるものの、その他の上位陣を軒並み倒して14日目に優勝を決定します。千秋楽も日馬富士に勝ち、自己最高タイとなる14勝を挙げました。

いつもなんとなく敗れては優勝争いから脱落することが多かった鶴竜ですが、今場所は積極的な相撲で危なげなく白星を重ね、横綱にふさわしい力量があることを見せつけました。

一方、第一人者の白鵬は場所前半は比較的安定した相撲で白星を重ねたものの、後半はやや崩れ、勝った相撲でもバタつくことが多いなど決して本調子ではありませんでした。それでも休場明けで11勝4敗の成績はまずまずであり、依然として実力があることを見せました。

振るわない稀勢の里以外の大関とまたしても優勝を逃がす稀勢の里

好調な横綱陣とは対象的に、大関陣は稀勢の里以外は軒並み不調。先場所人が変わったような相撲で全勝優勝を果たした豪栄道は今場所安易な首投げや引きに頼る癖が復活。12日目まで9勝3敗となんとか粘っていましたが、終盤の3連敗で綱取りは振り出しに戻ってしまいました。

カド番の照ノ富士は2連敗後7連勝で一時期は優勝争いに加わったものの、最終的には8勝7敗。琴奨菊はいつもの低い攻めが見られず5勝10敗に終わりました。

一方、稀勢の里は序盤に2つ星を落としたものその後は復調し、3横綱を立て続けに倒す快挙を達成して優勝争いに加わります。しかしその後すぐに平幕の栃ノ心に敗れるなど、肝心なところで負ける癖がまたしても出てしまい、悲願の初優勝はなりませんでした。

高安の失速と玉鷲の躍進

大関取りがかかっていた高安はこの2場所見られた攻めの姿勢がなくなり7勝8はいとまさかの負け越し。一方、久々の小結となった玉鷲は威力のある突きで好調に白星を重ねて10勝5敗と勝ち越しました。久々の上位挑戦となった遠藤は白鵬を破るなどしたものの最終的に7勝8敗と一つの負け越し、新入幕の北勝富士と石浦は勝ち越しました。

十両では若手が活躍

十両の優勝争いは20歳の佐藤と三段目付け出しデビュー依頼勝ち越しを続けている23歳の小柳、幕内経験者で28歳の青狼が中心となります。結局突き押しの威力が魅力の佐藤が12勝3敗で優勝、来場所の新入幕を確定的にしました。その他関取最年長38歳の安美錦は8勝7敗となんとか勝ち越し、苦労の末に最重量を果たした山口と竜電もそれぞれ9勝6敗で勝ち越しました。

幕下も若手が急進

幕下の優勝争いを制したのは21歳の照強。7番相撲で幕内経験者の鏡桜を破っての優勝でした。また21歳の力真も6勝1敗と大勝し、来場所の十両昇進を確定的にしました。

一方、アキレス腱断裂により休場を続けていた33歳のベテラン豊ノ島はまだ本調子とはほど遠かったものの4勝3敗と勝ち越し、来場所に再十両を掛けることになりました。

その他三段目では三役経験者の常幸龍が復帰の場所で全勝優勝。序二段では元ボディビルダーの経歴を持つ朝山端がそれぞれ優勝を果たしました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

1件のコメント

  • Sachiyo Tohriyama

    十両は2017年初場所での新入幕が決定している貴景勝、幕下は2017年初場所での新十両が決定している照強と力真の活躍が光りましたね。照強が幕下優勝、貴景勝が十両優勝をそれぞれ果たし、力真が6勝と3人とも大健闘しました。3人の今後の活躍を期待しています。

コメントを残す