スポンサードリンク

朝青龍は現在何してるの?白鵬との対戦成績は?


第68代横綱の朝青龍。最終的にはトラブルを起こした末の引退という寂しい末路をたどった彼ですが、実力面に関していえば歴代横綱の中でも最強格でした。
左四つの型は非常に完成度が高いものの、気性の荒さや粗雑さが相まって好き嫌いが分かれるタイプでしたが、私は嫌いではありませんでした。

 

 

そんな朝青龍、現在はモンゴルで何をしているのでしょうか。

 

 

朝青龍関連リンク

公式ツイッター

フォロワー数11万4000人以上

朝青龍元マネージャーブログ

最近は更新がありません

朝青龍、テレビ朝日に憤怒

流石メディア嫌い

朝青龍、日本人横綱が誕生しないわけを解説

25回優勝の男が言うと説得力があります

スポンサードリンク

まずは朝青龍の輝かしい経歴を見てみましょう。
1980年生まれ、現在は35歳です。1997年に日本の名門高校、明徳義塾に相撲留学し角界入りします。

 

 

初土俵から目覚ましいペースで番付を上げ続け、初土俵からわずか2年で新入幕を果たします。
入幕3場所目には西小結で8勝7敗の成績を上げ初の三賞(殊勲賞)を獲得。
その後も上位で勝ち続け、初土俵からわずか4年で横綱に昇進します。

 

 

横綱昇進後の活躍は目覚ましいものでした。けがによる衰えが激しかった武蔵丸に代わって一人横綱として長年活躍し、武蔵丸引退後は名実ともに角界のトップとして君臨します。
2005年には前人未到となる年間6場所完全制覇を達成。永遠に続くかと思われる一人横綱時代を築き上げます。

 

 

が、そんな朝青龍にも次第に陰りが見え始めます。
2007には例のサッカー騒動で出場停止処分を食らい、さらには解離性障害と診断されます。
2008年は3月場所に13勝2敗の成績で優勝を果たしたものの、その後は一度も優勝できず、
2008年11月場所には初めて出場停止以外の理由で全休します。

 

 

2009年は2回の優勝を果たすものの白鵬には一度も勝てず、2010年1月場所後に暴行事件を起こして引退します。

 

 

それでも最終的な生涯成績は幕内優勝回数25回(史上4位)、横綱成績463勝91敗。
あれだけ長い横綱機関で100敗も喫していないという、文句なしに最強格の横綱です。
取り口は万能に近いタイプで、突っ張り、右四つ、左四つとなんでもできました。

 

 

しかし本来は左四つの取り口で、特に左からの下手投げは非常に強力でした。
体はそれほど大きくありませんでしたが非常に俊敏で、相手のいいところが出る前に決着をつける速攻も得意としていました。

 

 

対戦成績でもほとんどの力士を圧倒しています。特にモンゴルの大先輩である旭天鵬には36勝2敗と一方的に勝ちまくっています。

 

 

白鵬に対しては12勝13敗。はじめのうちは有利に戦えていたのですが、
白鵬が台頭し朝青龍に衰えが見え始めたころからは力関係は逆転してしまいました。
それでものちの横綱日馬富士には17勝5敗、鶴竜には7勝0敗とどちらも圧倒しています。
先輩横綱である武蔵丸には4勝5敗。平成の大横綱である貴乃花には0勝2敗でした。

 

 

あんな辞め方をした朝青龍ですが、一応引退断髪式は両国国技館で行われました。
断髪式後の会見では生まれ変わったら日本人になりたいと発言。
2011年には東日本大震災で被災した宮城県南三陸町に駆けつけ、食料を自ら配膳したほかサインにも快く応じるなどして、被災者を励まします。

 

 

が、その後はモンゴルで飲酒運転をして自損事故を起こしたり、パーティーの席で口論となった相手を刺したと報じられたり(実際には口論の最中に身振り手振りが大きくなって相手が持っていた食器類が顔に当たった)と、あまりいいうわさを聞きません。

 

 

現在はツイッターで熱心に情報発信を行っています。
日本語自体はややつたないですが、日本人力士から横綱が誕生しない持論を語ったり、
アジア大会での韓国の傍若無人な振る舞いに憤怒して見せたりと自由奔放なツイート殿筋を集めています。

 

 

果たして今後は指導者の道を歩むのか。今後の朝青龍の動向にも注目していきたいと思います。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す