スポンサードリンク

桑田真澄の嫁や息子はどんな人?CMでピアノを弾いたって本当?


読売巨人軍で1990年代から2000年代にかけて活躍した元プロ野球選手の桑田真澄氏。かつてのKKコンビの片割れであった清原和博さんが迷走しているのに対して、こちらは第二の人生でも着々ときゃりを積み上げているようです。

 

 

解説者としてわかりやすい解説をすることには定評のある桑田真澄氏ですが、果たして今も清原和博さんとの交流はあるのでしょうか?そしてこれから現場に復帰することはあるのでしょうか?今日はその辺について考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

桑田真澄選手は1968年生まれのプロ野球選手です。中学生時代から有名な選手であり、その後PL学園に進学します。桑田真澄選手が入った時のPL学園はまさに常勝球団であり、鳴り物入りで巨人に入団します。
プロ入り直後は天性のバッティングセンスから打者天候を進められることも多かった桑田真澄選手ですが、結局投手のままプロ野球選手を続けることになります。プロ入り2年目の1987年には当時まだ19歳ながら15勝6敗という成績を上げて活躍。シーズン終盤まで最多勝利投手あらを添いをします。

 

 

その後もコンスタントに2けた勝利を重ねてプロとしてのキャリアを順調に重ねていった桑田真澄選手ですが、1995年ごろから次第に成績が低下します。一時期は引退するのではないかともささやかれていたのですが、1998年は16勝5敗という成績を上げて見事復活。2002年にも12勝6敗の成績を残します。

 

 

現役晩年はピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結びます。招待選手として春季キャンプにも参加、2006年6月9日にはメジャーに昇格します。当時すでに39才であり、高齢メジャーデビュー選手として注目を集めました。当初は敗戦処理として使われていたものの、次第に中継ぎなどの重要な場面で使われるようになります。

 

 

しかし加齢による球威の衰えは隠せず、十分な成績を残せないまま戦力外通告を受けます。
2008年には再びピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約をしますが、チーム全体の若返りを図りたい球団構想から外れ縦目現役引退を決意。引退後はスポーツキャスターとして活躍しています。

 

 

桑田真澄選手の特徴はそのコントロールの良さです。身長はプロ野球選手としてはかなり小柄な174cmしかなく、球速もストレートは140Km/h後半とずば抜けて速いわけではなかったのですが、抜群のコントロールとカーブを中心とした多種多様な変化球で打者を手玉に取っていました。

 

 

投手としては173勝を挙げた一方で打撃センスも高く評価されており、野手がいなくなったときは代打として使われることもありました。投手ながら生涯打率は2割を超えており、バントもうまい理想的な選手でした。

 

 

野球に対する姿勢も非常に真摯であり、清原和博選手のような目立った言動こそしなかったものの、周囲の人たちからも慕われており、それが第二の人生の成功の秘訣といわれています。

 

 

特技はピアノ。野球選手にしては珍しいですが、ピアノ演奏の実力は実はプロ顔負けです。
右ひじの手術をした後のリハビリの一環として始めたもので、テレビCMでその実力を発揮したことも愛rます。

 

 

桑田真澄選手の息子さんは桑田真樹さんという方です。高校時代には目立った活躍をすることもなく、大学時代に入ってからもレギュラーをつかんだのは4年生からという遅咲きの選手です。2014年のドラフト会議では指名されなかったものの、ベースボールチャレンジリーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブから2位で指名されます。

 

 

体格は身長180cm、体重78Kgと桑田真澄さんよりは恵まれていますが、それでもプロの中では小さいほうです。
守備位置は外野で、いわゆる中距離ヒッターです。憧れの選手は元中日の立浪選手で、将来的にはNPBに進みたいと考えているようです。これからが楽しみな選手ですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す