スポンサードリンク

武蔵丸の悲劇って何?貴ノ浪との関係は?


ハワイ人力士としては史上最多となる12回の幕内優勝を果たしている元横綱の武蔵丸
安定感のある足腰と重い突き押し、右の強烈な差しでの返しで長きにわたり活躍しました。
貴ノ浪との対戦回数は実に58回に達しており、これはいまだに破られていない記録です。

 

 

現役引退後は後進の指導に当たっている武蔵丸ですが、実は「武蔵丸の悲劇」の首謀者としても知られています。果たして、武蔵丸の悲劇とはいったい……?

武蔵丸関連リンク

武蔵丸の生涯成績

圧倒的な安定感

貴ノ浪の逝去の武蔵丸悲痛

あまりにも早すぎる死

武蔵丸の悲劇とは

阿鼻叫喚

武蔵丸、高見山以来となる外国出身力士独立へ

おめでとうございます

スポンサードリンク

武蔵丸は1971年生まれの元力士です。ハワイ出身、身長192cm、体重237Kg(全盛期)。現在は体重を大幅に落として140Kgぐらいになっています。

 

 

日本に来日する前はアメリカンフットボールをやっていましたが、相撲の経験は全くありませんでした。
家計を助けるためにハワイから遠く離れた日本に来て、1989年9月に初土俵を踏みます。
大きな体と強烈な突き押しを武器に早くから活躍し、初土俵からわずか10場所で十両に昇進します。

 

 

十両もわずか2場所で通過し、新入幕の場所も11勝4敗の好成績で敢闘賞を受賞。
その後も負け越し知らずのまま番付を上げて、初土俵から約4年半で大関に昇進します。
大関昇進3場所目には自身初となる幕内優勝を全勝で飾り、横綱を期待されます。

 

 

このころの武蔵丸は横綱時代と比べて細く、固太りの体型でした。取り口は突き押し主体で、そのパワーは曙にも匹敵するほどでした。しかし、この初優勝の後武蔵丸はしばらく停滞期に入ります。
成績自体は常に2ケタ勝っており、大関としては満足のいくものだったのですが、あと一歩勝ちきれず横綱に昇進できない日々が続いていました。並の力士はその突き押しで蹴散らせていたのですが、曙にはパワーで劣っており、四つ身の技術は貴乃花に劣るという中途半端さでした。

 

 

そんな武蔵丸がやがて身につけたのが右の差し出を返しての寄りでした。大きな体で前に出ながら太い右腕を差し込む取り口はほかの力士にとっても脅威であり、次第に復調。1999年3月場所と5月場所、どちらも13勝2敗という好成績を残して横綱に昇進しました。横綱昇進後は曙や貴乃花、若乃花といった面々がけがや不調に見舞われる中、安定して成績を残します。1999年には自身初となる年間4場所制覇を達成し、横綱としての風格を身に着けていきます。

 

 

2001年は1回の優勝に終わりましたが、2002年は3月、5月、9月場所と制して第一人者の意地を見せつけます。
しかし、2002年11月場所、靱帯剥離骨折により6日目から途中休場すると、その後も怪我は癒えることなく、2003年11月場所を持って引退しました。優勝回数は当時では外国人力士の中では最多となる12回、この記録は今でも3位です。

 

 

外国人力士にしては珍しく、土俵上でエキサイトすることはめったにない力士でした。
土俵態度も終始淡々としており、土俵外でのトラブルも全くと言っていいほどない力士でした。
同時代に活躍した貴乃花や若乃花が各州や洗脳騒動に巻き込まれ、曙がK-1に参戦したのと比べると良くも悪くも地味でした。優勝回数は多いですが、14勝以上の優勝は2回しかなく、朝青龍や白鵬がレベルの高い成績で優勝しまくっている昨今と比べると若干見劣りします。

 

 

終生のライバルは貴ノ浪。通算成績は武蔵丸の37勝21敗です。

武蔵丸の悲劇とは?

 

 

NHKの相撲中継が延長されたことにより、カードキャプターさくらの最終回のラストが録画できなかった事件です。
多くの録画で視聴していた視聴者が最終回の最後のシーンを見ることができなかったという、辛すぎる悲劇です。
この時取組を行っていたのが武蔵丸(と貴ノ浪)だったため、武蔵丸の悲劇という名称がつけられています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す