スポンサードリンク

白鵬と玉鷲の関係は?敢闘賞獲得?嫁と結婚話についても


大相撲幕内力士の玉鷲。三役経験なし、金星なし、三賞なしと地味な力士でしたが、
2015年1月場所は好調で14日目終了時点で10勝4敗、一転敢闘賞候補に躍り出ました。
今までは体格に恵まれながらそれを十分に生かすパワーにかけていた感がありましたが、
この場所は長い手を十分に生かした突き押しの威力が明らかに増しています。

 

 

玉鷲関連リンク

玉鷲の通算成績

上位でなかなか勝てません

取的に守られる玉鷲

さすがの力士も寒さには勝てない

mixiにはコミュニティも

あまり更新はないようですが

意外なところに現れる

神出鬼没

スポンサードリンク


玉鷲はモンゴル出身の大相撲力士です。年齢は30歳、白鵬鶴竜日馬富士らと年代的には近いです。
もともとホテルマンを目指していて、相撲に興味はなかったのですが、
姉が日本に留学するようになってから日本文化に興味を持ち始めます。

 

 

その後来日して鶴竜と出会って入門の相談をし、旭鷲山の連絡先を教えてもらって、
2004年1月に初土俵を踏みます。特に相撲経験が豊富だったわけではないですが、
持ち前のパワーを武器にまずまず順調に出世。初土俵から約1年半で幕下に昇進します。
その後は幕下中位を2年ほどうろうろしていましたが、2007年9月場所では西幕下32枚目で7戦全勝の成績を挙げ西幕下2枚目まで昇進。その場所も4勝3敗と勝ち越し、あれよあれよという間に十両昇進を果たします。

 

 

十両は負け越しなしの4場所で通過。新入幕の場所負け越して十両に陥落するものの一場所で復帰、
その後はほぼ幕内で安定した成績を挙げるようになります。
2011年1月には都内の飲食店で泥酔し、店内のガラスを割るという不祥事を起こしますが、紆余曲折の末示談になります。

 

 

この一件以来歯車が狂ったのか4場所連続で負け越して十両に陥落。
その後も十両と幕内下位を往復をつづけ、なかなか幕内に定着しきれなくなります。
2013年終盤頃からようやく復調し、2013年11月場所は4年ぶりとなる幕内2ケタ勝利を達成。
2014年は自己最高位を約3年ぶりに更新し三役目前まで行きますが、
やはり上位の壁は厚く跳ね返されてしまいました。2015年は初の三賞を目指して奮闘します。

 

 

玉鷲の取り口は突き押し相撲です。
基本的に突き押しは小柄な力士が体格面の不利を補うための戦術であり、
身長190cm、体重161kgの玉鷲にはややミスマッチな感があります。
しかし、師匠の片男波親方(元関脇・玉春日)は自身が押し相撲一本だったこともあってか、
今のところ四つ相撲を覚えさせることはないようです。

 

 

あれだけの体格があるのですからがっぷり四つに組んでも強いと思うのですが……。
確かに突き押しはいいものを持っていますが、
現時点では上位に通用するほどではありません。

 

 

どちらかというと手数よりも一発あたりの重さで押し込むタイプですが、
下半身の安定している上位陣には通用せず、一方的に押し返されたり組まれたりするケースが目立ちます。
下位の力士相手には長いリーチからの突きがかなり聞いていますが、今のままでは三役昇進は難しいでしょうね。

 

 

やや腰高な点も気になります。叩きにはそれほど落ちやすくありませんが、
体重ほどの重みが感じられません。一方で頭を下げ過ぎて自滅することもあり、
なんだかちぐはぐな感じです。もっと膝が深く曲がるようになれば、
さらに上位進出も果たせるのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、玉鷲は既婚者でお嫁さんがいます。
結婚したのは2012年ですが、2014年までその存在は公にされていませんでした。
お相手はモンゴル人のエルデネビレグ・ミシェルさんという方で、玉鷲ほどではありませんが長身の美人です。

 

 

かつては元横綱玉の海を筆頭に個性的な力士がたくさんいた片男波部屋ですが、現時点では関取は幕内の玉鷲と十両の玉飛鳥のみ。二人とも30歳を超えており、残された時間は長くありません。
玉鷲としても愛する奥さんに対してふがいない相撲は見せられませんし、さらに頑張って上を目指してほしいですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す