スポンサードリンク

羽生結弦が怪我したその後は?NHK杯出場の最新情報が飛び込む


フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦で、
練習前に不幸にも中国の選手に衝突してしまった羽生結弦選手。
その後の強行出場には賛否両論ありましたが、皆さんはどうお考えになりましたか?

 

 

羽生結弦選手関連リンク

今回の事故に対する本人の思い

19歳とは思えないほど「重い」言葉です。

強行出場に対するファンの思惑

やはり賛否両論です。

応援ブログではこんな意見も

ついった民のリアルタイムでの反応

スポンサードリンク

ネットや周囲の意見を聞いた限りでは、大体羽生選手の強行出場について「本人が望んでも周りがとめるべきだった」が7割
本人の意思を尊重してさせてよかった」が3割ぐらいだったように感じます。

 

 

前者の意見は「羽生選手がどんな状況になっても出たいというのは当たり前のことあるが、
前途有望な選手の未来をここでつぶすのは危険、将来を見据えるべき」というものですね。
確かにそれはその通りなのですが、私としては羽生選手が望む以上は出場させるべきだったと思います。

 

 

そもそもスポーツというのは大変危険なものです。
野球だって頭部死球の危険性がありますし、相撲なら土俵下への転落、
レスリングなら頭から着地して首の骨を折るなど、危険は身近にあるわけです。
もちろん、こうした危険を極力取り除く取り組みは大事ですが、
残念ながらどんなに頑張ってもリスクを完全になくすことは不可能です。

 

 

危険な思いをしたくなければスポーツなどやらなければいいわけで……。
羽生選手はその危険を承知でフィギュアスケートに取り組んできたわけですし、
誰よりもフィギュアというものについて熟知しているはずです。
そんな人がだいじょうぶ、出るといっている以上、
それを外野がどうの功の言うのはやめておいたほうがいいかと思います。

 

 

ただ、羽生選手には自ら欠場するという決断をしてほしかった気もします。
羽生選手には将来があるわけですし、自身でやめるという決断をしてくれれば周りも安心しますしね。

 

 

というか、そもそも賛成反対以前に何人も同じリンク場で練習をするというのが危険なことだと思います。
時間を少しずつずらすとか、もっと対処の方法があったのではないでしょうか。

 

 

羽生選手の決断だけに目をとらわれてしまうと、今回のような事故を減らすという発想が出来なくなってしまいます。
今回の事故はたまたま羽生選手が被害者となりましたが、
全く別の国の選手が被害者になることだってあり得たわけです。
すべての国の選手の安全を最大限確保するような取り組みが行われるといいですね。

 

 

NHK杯へ出場するの?

怪我の影響からNHK杯への出場は微妙といわれていた羽生結弦選手。
脳震盪や骨折こそなかったものの、怪我は全身におよんでいたことから、
私は出場回避するものと思っていましたが、本人はNHK杯出場を決断しました。

 

 

これについても本人の意思は最大限尊重されるべきとは思います。
本人が出るといっているのならば、周りがとやかく言うべきではありません。

 

 

ただ心配なのは、本人が出ると決断するまでにどんなプロセスを踏んだかです。
客を集めるために日本スケート連盟が出場を唆すようなことを言ってたらそれは問題です。
出場するしないはあくまでも羽生選手が決めるべき問題です。

 

 

日本スケート連盟はあまりいい評判を聞かない団体ですし、むしろそのことが私は心配ですね。若くて将来有望な選手を目先の利益のために消費するようなまねは避けてほしいものです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す