スポンサードリンク

世界仰天ニュースの暗黒の未亡人リンダカルヴェイとは何者か


世の中には「あげまん」「さげまん」という言葉があります。
簡単にいえばあげまんとは夫を幸運にする女性、
さげまんとは夫を不幸にする女性のことを言います。

 

 

「まん」とは「間」のことであり、あげまんは「間」がいいこと、
さげまんは「間」が悪いことが語源です。

 

 

このあげまんさげまんというのは多くの場合、本人の資質が問題ではありません。
何となく他人を幸福にさせるのがうまい女性も居れば、
それとは対極に位置する女性も居ます。

 

 

今回世界仰天ニュースで紹介される「リンダ・カルヴァン」は、
究極のさげまんとも呼ばれる、夫をことごとく不幸にする女性です。

 

 

世界仰天ニュースで取り上げられた話題一覧

ソマリアから誕生した謎の美人モデル

成りあがりですね

小児がんの恐怖

大人のがんとは症状が違います

ディスレクシアとはどんな障害か

芸能人にも多いようです

ハードロック依存症とは

スポンサードリンク

リンダ・カルヴァンは1948年4月8日にイングランドいるフォードで生まれた女性です。
イングランドのごく普通の家庭に生まれた彼女はごく普通に育ち、いい友達に囲まれて育ちます。

 

 

そして1970年、最初の夫であるミッキー・カルヴェイと結婚します。
しかし、ここから彼女の運命の歯車は大きく狂うことになるのです……

 

 

実はこのミッキーという男はイギリスのギャングでした。
彼女もそのことを理解したうえで結婚したのですが、なんとミッキーは結婚式の当日に強盗罪で逮捕されてしまいます。

 

 

それだけならばよかったのですが、出所後も強盗を続けていた彼は、
1979年、警官に射殺されてしまいます。結婚からわずか9年、あまりにもあっけない死でした。

 

 

31歳にして早くも未亡人となってしまったリンダ。次に彼女が交際したのはロン・クックという男でした。

 

 

とあるギャングのボスだった彼は、1981年にやはり強盗などの罪で逮捕され、
懲役16年の判決が下ります。
出所まで辛抱強く待ち続けると誓った二人ですが、リンダは即座に他の男と浮気
さらにはリンダ自身も強盗に手を染めて刑務所にぶち込まれます。

 

 

やがてリンダは出所し、さらにロンの出所も近づいてきたのですが、
彼女はロンが出所したら浮気がばれえるのではないかと心配し始めます。
そして彼女はヒットマンであるダニー・リースという男にロンの殺害を依頼

 

 

ロンが出所する日、リンダは彼を車で刑務所に迎えに行きます。
ダニーは車に乗ったロンを撃ちますが、狙いはそれて致命傷は負わせられませんでした。

 

 

このままでは自分の身が危ないと思ったリンダは結局自らロンの頭を撃ち抜いて殺害。
リンダとダニーは仲良く刑務所に送られることになってしまいました。
その後二人は刑務所内で結婚するのですが、これも長続きせずに離婚
リンダは2009年に出所します。

 

 

そして出所した当日、リンダはぷらりと立ち寄ったパブで元実業家のジョージ・ハーザー(当時76歳)と出会います。

 

 

馬が合った二人は結婚。ジョージ・ハーザー氏は周囲から次の犠牲者になるのではと危惧されたそうですが、彼自身は「人生はギャンブルだ。僕はチャンスにかける」と答えました。

 

 

さて、ここまでのリンダの男性遍歴を振り返ってみましょう。
第一の夫・ミッキー:警官に射殺され死亡
第二の夫・ロン:リンダに射殺され死亡
第三の夫・ダニー:刑務所内で結婚するも、離婚
第四の夫・ジョージ:?

ここまで見てもわかるように、第一から第三の夫はすべて死亡するか、
あるいは離婚するという不幸に襲われています。
リンダ・カルヴェイが暗黒の未亡人と呼ばれる理由はここにあります。

 

 

もちろん、彼女の夫はジョージを除けばギャングやヒットマンなど明らかに危ない仕事をしている人たちばかりです。なので、若くして死んでしまうのは別に不思議ではないのですが、
とはいえこうも不幸が続くと彼女自身に問題があるのではという気持ちにもなります。

 

 

彼女自体はいたって普通の家庭で育ち、道を踏み外すような要素も特にありませんでした。
なぜ彼女がここまで落ちてしまったのかは、2月4日の世界仰天ニュースで明らかにされます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

1件のコメント

  • Clear, inorvmatife, simple. Could I send you some e-hugs?

コメントを残す