スポンサードリンク

youtuber(ユーチューバ―)はきもい?トップの年収(収入)と底辺の現状


好きなことで、生きていく」魅力的なキャッチコピーですね。
好きなことだけして生きていけたら、これほど幸せなことはありません。

 

 

しかし現実問題好きなことだけをして生きるのはまず不可能なことです。たいていの人は働きたくないのに働いていますし、勉強したくないのに勉強しています。

 

 

今回紹介するYoutuberという人たちは、そんな当たり前の人生から良くも悪くも放たれた人たちです。

 

Youtuber関連リンク

ネットのごく一部で話題のYoutuber「たれぞう」

商品レビューが、非常に上手い

底辺youtuberの実態

がんばれ(適当)

あなたの大事な人がyoutuberになるといいだしたら

スポンサードリンク

youtuberとは簡単にいえば「動画をyoutubeに上げることで生活を成り立たせている人たち」のことです。

 

 

動画を上げるだけでなぜ生活が成り立つのかと思われるかもしれませんが、Youtubeには「パートナープログラム」という制度があります。

 

 

このプログラムに参加すると、動画投稿者はその再生数に応じて収益を受け取れます

 

 

もう少し具体的にいうと、動画再生者が動画再生中に表示される広告をクリックしたり、タップしたりする回数、あるいは広告が表示される回数などに応じて、収益が得られます。

 

 

具体的に何回広告がクリック・表示されればいくら入ってくるかは明らかにされていませんが、ネット上では1再生=0.1円、つまり10再生で1円が相場といわれています。

 

 

再生数を稼げば稼ぐほど大きな収入になります。
Youtubeでも特に人気の動画は再生数が平気で1000万を超えています。
もし仮に再生数が1000万回ならば、収入は100万円となります。

 

 

日本でトップクラスに人気があるYoutuberはヒカキンです。
動画は見たことなくても、名前ぐらいは知っているという方も少なくないでしょう。あのバナー広告でアホ面晒しているあの人です。

 

 

8da59261 s 300x166 youtuber(ユーチューバ―)はきもい?トップの年収(収入)と底辺の現状

私ははっきり言ってあの広告が嫌いですし、私以外にもあの広告が不愉快だと感じる人はたくさんいるようです。

ただ、私はああいう動画を作っている人たちは嫌いですが、すごいとも思います。
どんな形であれネットを使って何千万も稼いでいるという事実に変わりはありません。
その点は素直に賞賛せざるを得ません。

 

 

大人からはきもいきもいといわれていますが、彼ら頂点youtuberたちがそのことを気にする様子はありません。
もともとああいう動画は主に小中学生向けのものですから、
大人からいくらきもがられても彼らは全くのノーダメージなんですね。

 

 

一方、底辺youtuberと呼ばれる人たちの実態は悲惨です。
底辺youtuberの明確な定義はありませんが、ここでは再生数が数十~数百程度の動画を上げ続けている人たちとします。

 

 

底辺youtuberはおそらく動画編集そのものが好きではありません。
そこが好きなことで生きているyoutuberとの最も大きな差です。
おそらく広告に踊らされて「この程度の動画、自分にもとれる」と勘違いしてしまったのでしょう。

 

 

しかし、実際に市長に耐えうる動画を取るのは結構大変です。
それなりにきれいなスタジオも用意しなければなりませんし、
動画の解像度にも気をつけなければなりません。編集にも凝って他者との差別化を図る必要があります。

 

 

いい動画が取れただけではだめで、それをプロモーションすることも必要になります。
何の背景も持ち合わせていない素人が勝てる世界ではありません。

 

 

youtuberとして食っていこうと思っている方、おやめなさい。
どうしてもというのならば働きながらにしてください。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す