スポンサードリンク

伊藤淳史の弟はどんな人?お坊さんだった?


人気俳優の伊藤淳史さん。高校時代はサッカーをやっており、一時期は芸能生活をあきらめてサッカー選手になろうと考えていたほどの熱の入れようでした。そんな伊藤淳史さんですが、実は弟がいます。ですがこの弟さん、2009年に当時21歳という若さで急逝していらっしゃいます。死因は一酸化炭素中毒でしたが、実はなんとこの死、自殺なのだそうです。

スポンサードリンク

伊藤淳史さんは1983年生まれの俳優さんです。身長162cm、体重49Kg。所属事務所はクォータートーンで、元俳優の伊藤隆大さんは弟でした。

 

 

もともと子役としてテレビ番組に出演していた伊藤淳史さんでしたが、中1の時にバラエティ番組の「とんねるずのみなさんのおかげです」に出演、仮面のりだー役で一気に知名度を上げます。1997年には映画「鉄塔 武蔵野線」で映画初主演を果たすと、2005年には「電車男」、NHK大河ドラマ「義経」に出演。若いうちから俳優として成功をおさめます。

 

 

一方、高校時代はサッカー少年でもありました。小学校3年の時にサッカーをはじめ、中学、高校でもサッカー部に所属。その腕前はかなりのもので、本人曰く「サッカー選手になるために俳優をあきらめようと考えたこともあった」ほどなのだとか。運動神経も極めて優れており、2015年春のオールスター感謝祭では「ショットガンタッチ」という企画で八面六臂の活躍を見せました。現在も地元のフットサルチームに所属しており、活躍しているそうです。

 

 

高校時代はすでにそれなりの知名度を持ち、俳優としても成功していた伊藤淳史さんですが、実はバイト経験者でもあります。地元の船橋にあるバーミヤンで店員をしていたそうです。ちょうどこの時期はほとんど仕事をしていなかったので、比較的時間に余裕があったのかもしれませんね。

 

 

高校を卒業後は法政大学経営学部に進学。学業と仕事をしっかりと両立させているところは素晴らしいですね。大学卒業後は連続ドラマ「チーム・バチスタの栄光」に単独主演を果たすなど仕事は相変わらず順調で、2010年には一般女性と結婚。私生活も好調のようです。

 

 

見た目は岡村隆史さんに似ているといわれており、両者が共演した際には岡村さんが「伊藤君がいなければ、僕が電車男になっていた」と語っていました。もちろん冗談半分だったのでしょうが、確かに両者はよく似ています。性格は超が付くほど真面目な人で、部活と学業、さらには仕事を両立させ、さらにはバイトもしたうえで法政大学をきちんと卒業しています。

 

 

電車男に出演することになった際には、役作りのためにプライベートでアキバに出没。当時流行だったメイド喫茶に通い、出演者になりきって行動していたそうです。その演技に対する熱の入れようはかなりのものであり、周囲からも高く評価されています。2001年には「僕はあした十八になる」で放送文化基金の男優演技賞を受賞。そのほかにも様々な賞を受賞されています。

 

 

さて、そんな伊藤淳史さんと切っても切れない中にあるのが伊藤隆大さんです。伊藤隆大さんは1987年生まれの元俳優さんで、伊藤淳史さんの弟です。所属事務所は兄と同じクォータートーンで、通っている大学も法政大学と同じでした。

 

 

3歳で劇団日本児童に入団し、幼少期からさまざまな映画やドラマに出演するなど、実績はありました。「電車男」や「義経」などでは兄との出演も果たしており、「のだめカンタービレ」では特技のピアノを披露するなどしていたのですが、2009年3月に相模湖近くの石材会社の駐車場で練炭自殺しているのが発見されます。車内には遺書と家族あての手紙があり、当時大いに話題となりました。

 

 

遺書が公開されていないため自殺の原因は不明ですが、自殺していた車の中に女性の写真が散乱していたという噂もあるため、一部では失恋が背後にあったのではないかと言われています。そのほか仕事のプレッシャー、身長へのコンプレックスなどもあったようですが……なんにせよ本人がいない今では、すべては闇の中です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す