スポンサードリンク

加藤諒は障害があるオネエ?身長が小さい!


イケメン俳優で飽和状態になりつつある芸能界において、燦然と輝く個性派俳優の加藤諒さん。お世辞にもイケメンとはいえない彼ですが、その独特の愛されるキャラクターとインパクトの有る演技で人気を獲得しました。

そんな加藤諒さんですが、実は障害があるとか、オネエであるとかいろいろな噂があります。果たしてその噂はどこまで真実なのかを調べてみました。

スポンサードリンク

加藤諒さんは1990年生まれの俳優、タレントです。静岡県静岡市出身、身長160cm、キューブ所属。諒という名前は漫画「シティーハンター」の主人公である冴羽リョウから来ているとか。

 

2000年にバラエティ番組「あっぱれさんま大先生」で芸能界デビュー。当時からあの太眉は健在で、そのビジュアルから「マンガ顔」などと呼ばれていました。当時は女の子とばかり遊んでいたらしく、お母さんがテレビ番組内で「女の子とばかりじゃなく、男の子とも遊んでほしい」と訴えていました(もちろん深刻な感じではなく、あくまでもバラエティ番組としてですが)。

 

当時加藤さんは思春期真っ只中で異性を意識する年齢だったはずですが、にも関わらず異性とばかり遊ぶというのはすごいですね。お姉さんが2人いることが影響しているのかもしれませんが、正直、非常に羨ましいです。

 

また、小学校6年生のときにはミニモニのバックダンサーとして活躍し、高校生の時にはダンスの大会でニューヨークまで出向くなど、ダンスにはかなり本格的に取り組んでいたそうです。こちらもお姉さんの影響ということで、兄弟仲は非常に良好のようです。

 

その後地元の高校を経て、多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科に入学、卒業。在学中は役者として出演するだけでなく、舞台のセットを作ったりもしたそうです。

 

大学卒業後は芸能活動に専念。数々のドラマや映画に出演するだけでなく、バラエティ方面にも進出し、その唯一無二のキャラクターで人気を集めています。

加藤諒には障害がある?

人気芸能人にはこうしたヤッカミ的な噂がついて回るものですが、加藤諒さんの場合は発達障害が噂されているそうです。番組内で独特なテンションで発言・行動することが多く、そのリアクションに特徴があることからそう言われているようです。むろん、単なる噂の域を出ませんが。

 

オネエキャラは昔から?

普段見せる行動がお姉っぽいと噂の加藤さん。見た目は完全に中年なだけに(でもまだ26歳です)、かなりギャップを感じます。ですが実際にオネエというわけではなく、あくまでもそうみえるというだけです。

 

2017年2月13日で放送されたバラエティ番組「好きになった人15 芸能人がバレンタインに本気の告白SP」では、ティーン雑誌のモデル、Mさんに男らしく告白。見事「お願いします」の返事をもらい、彼女いない歴=年齢の歴史に終止符を打ちました。

 

年齢は2万歳!?

加藤諒さんと野村周辺さんが、2月13日から放送されるアフラックの新CMに出演します。CM内で加藤さんは約2万年前からずっと生き続けている“2万歳”を自称し、野村を驚愕させるというコミカルな展開となっています。不老不死なので保険なんかいらない、かとおもいきや、不老不死だからこそ怪我や病気になることが多く、アフラックの保険があるから安心だ、という流れになっています。

 

文字に起こすと何だこれは、という気分にもなりますが、加藤さんにはこういうコミカルな演出がよく似合いますね。それにしても2万歳とは……。まあ、世の中には10万歳を自称する悪魔もいますが。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す