スポンサードリンク

太川陽介の嫁は藤吉久美子!自宅は?中学校の息子と路線バスの旅


ここにきてまさかの再ブレイクを果たした太川陽介さん。
出演した番組がことごとく高視聴率になることから、
一部では「何かを持っている男」と称されています。
そんな太川さん再ブレイクのきっかけになった番組といえばもちろん「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」。

 

 

相方の蛭子能収さんと何から何まで対照的な太川さんですが、なんだかんだでいいコンビです。
そんな太川陽介さんの魅力に迫ってみました。

 

 

太川陽介さん関連リンク

蛭子能収の奔放な言動

モンスターをコントロールできる唯一の男

なぜ再ブレイクできたか

何はともあれよかったですね

太川陽介と藤吉久美子の出会いは?

出会いは億千万の胸騒ぎ

太川陽介が蛭子能収に「恨み節」

いいコンビです

スポンサードリンク

さて、太川さんはもともとはアイドルでした。
高校時代の1976年から「陽だまりの中で」でデビューしており、
第19回日本レコード大賞を受賞するなどその活躍は目覚ましいものがありました。
歌詞の最後で「Lui-Lui!」と叫ぶポーズがトレードマークで、いまだにファンの印象に残っています。

 

 

その後はアイドル歌手から俳優に転向。当時はアイドルといえば神秘的で、
それこそ生活臭などまるでない人の方が人気があったのですが、太川さんはもともと親しみやすく明るいキャラクターだったため、俳優へのシフトチェンジも比較的スムーズにいきました。

 

 

現在は俳優、テレビタレントとして活躍されています。

 

 

私生活では藤吉久美子さんと結婚。藤吉さんは再婚でした。
出会いのきっかけは1994年にドラマで共演し、その際に新大阪に向かうタクシーで相乗りしたこと。
芸能界有数のおしどり夫婦として知られており、私生活では実は亭主関白だそうです。

 

 

2001年には待望の息子さんを授かります。藤吉さんが出産した当時は39歳、
当時はだいぶ高齢出産でした。今でこそ40前後で出産する女性タレントは当たり前のように居ますが、
当時は高齢出産はとにかくリスクが高いというイメージがあり(それもあながち的外れなじゃないのですが)、周囲からはだいぶ反対されたそうです。

 

 

以前出演した徹子の部屋では息子さんに対する自慢話をされていました。
自慢話と聞くと印象が悪いかもしれませんが、要は単に親ばかなんですね。
年を取ってからできた子供は孫のようにかわいがってしまうとはよく言いますが、
太川さんの場合もそうなのかもしれません。

 

 

息子さんは現在中学生で、立教に通っているそうです。
典型的な野球少年であり、将来の夢は甲子園に出場することなのだとか。

 

 

太川さんとローカル路線バス

さて、太川さんを再ブレイクさせた最大の要因といえば、間違いなくこの番組でしょう。
低予算でもおもしろい番組が作れるテレビ東京ならではの企画です。
番組のコンセプトはただただ路線バスのみを乗り継いで(電車、タクシーなど一切不可。徒歩は可)、
目的地を目指すというものです。

 

 

他の旅番組と違い、あくまでも第一目標はゴールにたどり着くことです。
たとえ名所にたどり着いたとしても、バスの出発時刻が迫っていればそちらを優先します。
逆にバスの時間が合わないと何時間も辺鄙な土地で待たされたりします。
その辺鄙な土地で見つけたガイドブックには載らないような面白い場所が見れるのもこの番組ならではです。

 

 

この番組のレギュラーは太川陽介さんと漫画家の蛭子能収さん、それと毎回女性ゲスト(通称:マドンナ)が一人来ます。太川陽介さんは毎回リーダーシップを発揮し、計画性のある行動でチームを引率します。
余った時間でチームメンバーのために食料を買い込むなど細やかな気配りもできるため、自然とファンが増えているのではないでしょうか。

 

 

一方蛭子さんはそういったことは一切関係なし。太川さんが次の路線バス乗り継ぎを地図を眺めながら考えている最中も寝る。路線検討はすべて太川さん任せ。
なるべく歩きたくない。地元の名産品に一切興味持たず、オムライスやかつ丼といったどこでも食べられそうなものを食べる。

 

 

極めつけは「旅館は変なところが多いから嫌。ビジネスホテルに泊まりたい」とこぼすなど、まさにやりたい放題。そんな蛭子さんを唯一コントロールできるのが太川さんであり、正反対ではあるもののなんだかんだでいいコンビです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す