スポンサードリンク

山崎育三郎ってどんな役者?安倍なつみとの関係は?岡山の実家


長らくそれほど有名とは言えませんでしたが、ここ数年はさまざまなドラマに出演して知名度も徐々に上がってきた俳優の山崎育三郎さん。もともとはミュージカル俳優でしたが、最近はその枠にとらわれない多彩な活躍をされています。

 

2015年12月には舞台で共演したこともある元モーニング娘の安倍なつみさんと入籍するなど、私生活も絶好調。そんな山崎さんの人となりを調べてみました。

スポンサードリンク

山崎育三郎さんは1986年生まれのミュージカル俳優、歌手です。身長177cm、東京都出身、血液型はA型、所属事務所は研音。1998年に12歳で初めてミュージカルに出演し、変声期を迎えるまでは舞台で主に活躍します。2002年7月にアメリカに語学留学、2003年6月に帰国して2005年3月には東京音楽大学に入学します。

 

その後大学は中退するものの、2007年には日本上演20周年の「レ・ミゼラブル」で正式デビュー。同年には歌手デビューも果たし、2008年には映画「夏休みのような1か月」が公開されます。2009年にはTBSテレビの「さんまのSUPERからくりTV」の企画バンドにも参加、その後は舞台俳優として、またテレビ俳優としても活躍します。

 

ミュージカル俳優という肩書ではありますが、最近はテレビドラマへの出演も増えてきています。とはいってももともとはミュージカル俳優となので、声量と演技はかなりのものです。今どきの役者には珍しいタイプといえるでしょう。民法ドラマに初めて出演したのは2015年の「THE LAST COP/ラストコップ」が初めてであり、普段舞台を見ない人に名前が知れ渡るようになったのはごく最近のことです。

 

また、あまり知られていないことですが、幼少期には声優としても活動しています。1998年にはNHK教育のアニメ「おじゃる丸」に出演していました。

 

学歴は東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科を卒業後、東京音楽大学声楽演奏家コースに入るものの中退してしまっています。なぜ大学を中退してしまったのかはわかっていませんが、おそらく学業と仕事の両立が大変だったためと思われます。東京音楽大学は音大としてはトップクラスに難しい大学であり、学業だけでも大変だったのかもしれませんね。結果的に今売れているので、中退は正しい判断だったとも言えますが。

 

特技は野球。小学生の時には特に熱中しており、全国大会でベスト8に入賞するほどの実力の持ち主だったそうです。その一方で歌のレッスンも受けており、両者を天秤にかけているうちに自然と野球からは離れていったみたいですね。野球を選んだ山崎さんも見てみたかった気がしますが……。

 

実家については、母親の祖母の実家が丘やかにあるといわれています。その実家はかなり裕福であり、それゆえに山崎さんは英才教育を受けることができたともいわれています。確かに、音楽大学の学費ってかなり高いですからね……。実家が裕福であることは間違いないでしょう。

 

恋愛については、2015年1月に元モーニング娘。の安倍なつみさんとの交際が明らかになっています。山崎さんと阿部さんは2011年に「嵐が丘」というミュージカルで共演しており、それをきっかけに交際が始まったようです。二人の関係については最初から事務所も公認しており、家族もそのことについては把握していたそうです。

 

その後は特に目立った動きもありませんでしたが、2015年12月29日にようやく入籍。その際、山崎さんは妻となる安倍さんについて「青春時代を全て仕事に捧げ、真面目で、誠実で、物事に真剣に取り組む姿勢、彼女の考え方、生き方を尊敬しています」と評価しています。お互いに尊敬の念を抱いている夫婦っていいですよね。実際にはなかなかそんな夫婦はいませんが、この夫妻にはいつまでも夫婦でい続けてほしいものです。

 

ちなみに、2015年には「嵐が丘」で共演した堀北真希さんと山本耕史さんもゴールインに至っています。このミュージカルには、なにか不思議な力があるのかもしれません……。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す