スポンサードリンク

榎木孝明の不食生活は宗教が原因だった?リバウンドも


なぜか突然30日の不食生活を始めたことで知られている榎木孝明さん。その不食生活は6月18日に終わったのですが、その後公開されていた彼の画像はどう考えても大丈夫とは言えないような代物でした。
こうした明らかに健康に悪そうな儀式に人がはまってしまう背景にはたいていつまらない宗教が絡んでいるものですが、榎木孝明さんの場合もカルト宗教に洗脳されているのでは?という噂があります。

本当に不食は問題ないのでしょうか?

スポンサードリンク

榎木孝明さんは1956年生まれの俳優です。幼少期は絵を描くのが好きなおとなしい青年でしたが、父親に薩摩示現流を習ったこともあるようです。示現流とはいわゆる古流剣術の一つで、かつては藩外のものに伝えることすら禁じられていた伝統ある流派です。生活に根付いた実践性を求める流派であるため、現代ではTシャツやジーンズ、スーツなどでけいこをすることも許されているとか。

 

 

その後特技の絵を生かして武蔵野美術大学に進学します。20歳の時に父親ががんで急死し、1978年に劇団四季の研究生となって大学は中退します。その後は1984年に連続テレビ小説「ロマンス」でテレビデビューします。
その後は大河ドラマに合計で8回も出演するなど一流俳優として活躍。民放でも水戸黄門にたびたび出演するなど、主に時代劇俳優としてキャリアを積んでいきます。

 

 

もう一つヒット役といわれているのが浅見光彦シリーズ。同シリーズは内田康夫の探偵推理小説を原作としたドラマシリーズで、「清潔かつスタイリッシュにしてフランク」という珍しい探偵像が描かれています。不潔なアナーキストという人物像が一般的だった探偵もの業界に一石を投げ込んだ作品として今も有名です。

 

 

浅見光彦を今まで演じた俳優は榎木孝明さんのほかに辰巳琢朗さん、沢村一樹さん、水谷豊さん、速水もこみちさん、中村俊輔さんなどがいます。皆それぞれ個性ある演技をしていましたが、その中でも榎木孝明さんは特にスタイリッシュな感が強かったですね。

 

 

間もなく還暦を迎える榎木孝明さんですが、相変わらずテレビドラマには定期的に出演していますし、俳優としてのキャリアは順風満帆化と思われましたが、2015年6月に突然30日間何も食べずに水だけ摂取するという生活を始めると公表します。不食生活は無事終了し、体重も80Kgから71Kgにまで落としたのですが、いったいなぜこのようなことをしたのでしょうか。

 

 

榎木孝明さんいわく、不食を始めたきっかけは20代から定期的に続けているインド旅行です。旅行中は飲まず食わずのまま帰国することが多く、そのたびに体調がよくなっていることに注目し、これはいけると思い不食生活を始めたそうです。

 

 

不食生活中、摂取してよいといわれていたのは飲み物だけでした。コーヒーやお茶なども飲んでもOKだったようです。途中で血圧が高くなってきたこともあり、専門家から糖分と塩分を摂取したほうがいいとすすめられて、飴や塩飴を食べたこともあるようですが、それでもほぼ不食を貫いたことには変わりがないようです。

 

 

不食期間中はおなかこそなるものの食欲は感じなかったそうですが……果たして本当にこんな生活に問題はないのでしょうか。

 

 

正直、今の榎木孝明さんはあまり健康には見えません。たとえ私がそう見えなくても本人が満足してるんならいいじゃないかという気持ちもしますが、俳優ですしある程度ビジュアルには気を使ってほしいものです。
また、不食という生活があまりにも精神的すぎて不気味にも見えます。榎木孝明さん自身は「僕自身はいかなる宗教にも所属していない」と話していましたが、やっぱり何かがおかしいですよね……。

 

 

ツイッターでもあまり評判は良くないようで

 

 

「好きな俳優さんだっただけに、あの痩せ方はショック」
「「健康になりました!」と言われてもまったく説得力のないビジュアル」
「病気を隠すためとしか思えない」

 

 

などといわれています。あまり変な思想にかぶれず、長生きしてほしいものですが……。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す