スポンサードリンク

石黒英雄と石黒健は父子?戸塚祥太との関係は?結婚は?


ごくせん2や仮面ライダーシリーズなどに出演し、少しずつ知名度を獲得してきている俳優の石黒健さん。俳優としてのキャリアはまだそれほど長くないですが、大河ドラマ「功名が辻」、映画「彼岸島」などの有名策にも出演している人気俳優です。最近は潔癖症というキャラを確立しており、その汚れに対する異常な嫌悪感は潔癖症仲間である坂上忍さんにドン引きされるほどなのだとか。そんな石黒英雄さんの人となりについて調べてみました。

スポンサードリンク

石黒英雄さんは1989年生まれの俳優です。栃木県小山市出身、プロダクション尾木所属。三人兄弟の末っ子として生まれ、2004年に同級生女子の勧めで出場した第17回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞します。翌2005年にはテレビドラマ「ごくせん2」で早くも俳優デビュー、地元の栃木県から上京し、東京都内の高校に進学します。

 

 

2006年には大河ドラマ「功名が辻」の最終回に豊臣秀頼役で出演。2007年にはエリートヤンキー三郎で連続テレビドラマ初主演を果たします。その後も多数のテレビドラマに出演し、2013年には東海テレビの「白衣のなみだ」で5年ぶりの主役を務めます。同年には映画「不毛会議」にも出演するなど、テレビドラマのみならず幅広い舞台で活躍しています。

 

 

出演頻度は多くありませんが、バラエティ番組や旅番組にも出演しています。芸能界での友人はA.B.C-Zの戸塚祥太さんなど。

 

 

性格はとにかく潔癖症です。朝起きたらまず、掃除機をかけるのが日課となっています。これだけなら大したことはないかもしれませんが、そのあとはお気に入りのノズルを付け替えて家具の隙間を徹底的に掃除。さらにはスチーマーを付けて床掃除をして、最後にしっかりとからぶき。さらにはスチーマーでキッチンと洗面所を掃除するのが毎日の日課となっているそうです。

 

 

ロケ先のホテルはあまり使いたくないそうですが、どうしても使わなければならないときは赤ちゃん用のウェットティッシュで人が触っていそうなところはすべてふき取り、さらにはマイタオルを敷き詰めて床に触れないように細心の注意を払っているそうです。とにかく他人が触れたものには触りたくないようで、テレビのリモコンなどはティッシュでくるんで使っているのだとか。

 

 

万事がこんなせいか友人を家に招くことはなく、2年前にエアコンの取り付けに来た業者以外は一度も人を家に挙げたことがないそうです。この徹底的なまでの潔癖症ぶりに周囲の芸能人たちはドン引きしているそうで、同じ潔癖症仲間であるはずの坂上忍さんにまで「アウトですね」と指摘されています。潔癖症にもランクみたいなものがあるのでしょうかね?

 

 

……ちょっと真面目な話をしますと、潔癖症は強迫神経症の一種で、不完全恐怖の症状と重なる面の多い症状と言われています。立派な病気であり、生活に支障が出る場合は治療が必要です。潔癖症は少しずつ嫌悪感をなくしていったり、我慢したりすることによってある程度は改善が可能なのだそうですが、今のところ彼にそのつもりはないらしく、潔癖症人生を満喫?されているようです……。

 

 

このような性格のせいか、イケメン俳優であるにもかかわらず彼女の噂はありません。結婚しているという話も聞かないので、多分独身でしょう。付き合うことになったとしても、相手の触ったものが汚いと思い込んでしまって、長続きしないのでしょうね。ちなみに、石黒英雄さんが好きなタイプのしぐさは、「普段髪を縛らない人がたまに縛っている姿」だそうです。女性の好みは「飾り気のない、裏表のない人」なのだとか。

 

 

家族構成は兄が二人いますが、この二人に関しては一般人ということで素性は公開されていません。父親が俳優の石黒賢さんなのではないかという噂もありますが、石黒賢さんが結婚したのは1997年で、石黒英雄さんが生まれた1986年よりもだいぶ後のことなので、これも多分ガセですね。

 

 

というわけで、今回は石黒英雄さんに関してでした。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す