スポンサードリンク

有吉反省会に出演した大亀あすかって何者?麻雀の腕と身長体重


今回取り上げるのは大亀あすかさんです。「え、誰だよ」って思われるかもしれませんが、
アニメファンの方にはフォトカノで柚ノ木梨奈役を、ビビッドレッド・オペレーションで一色ももを演じていた声優さんといえば伝わるのではないかと思います。

 

 

大亀あすかさん関連リンク

公式ブログ

最近はツイッターメインのようです

公式ツイッター

楽しい毎日を送っているみたいです

画像コレクション

近年の声優のレベルの高さよ

なぜプロ雀士になったのか
プロ雀士のなり方はこの記事で説明しています

スポンサードリンク

まずは大亀あすかさんのビジュアルを見てみましょう。こちらになります。
まあなんというか、かわいらしい方ですね。最近は声優さんもいわゆる女性タレントに引けを取らないほどビジュアル面に優れた人が多くて、見る側にとってはうれしい限りですが、出る側はいろいろ大変でしょうね。これまで顔を出さなくてよかったおかげで生き抜いてこれた人も居るでしょうに……。

 

 

そしてもう一つ大亀あすかさんの見た目の特徴的な部分を良く表した一枚がこちらです。

 

 

そう、この方とっても小さいんですね。公式プロフィールによれば身長は142cmです(体重は不明)。
今の大人の平均的な女性の身長が大体158cmですから、それより16cmも小さいことになります。

 

 

こちらのサイトによれば女性の身長はたいて148~169.20cmの中に納まり、
それに当てはまらない人は全体のわずか2.28%しかいないそうですが、それを考えると相当小さいですね。

 

 

本人もその小柄さと童顔についてはそれなりに気にしているようで、
ある時は髪を染めた理由を「大人っぽく見られたいから」と話していました。
2010年時の目標は「セクシーな女性になること」でしたが、周りから見た限りではそれが達成されているとは言い難いようです。

 

 

ちなみに、ほぼ唯一といっていい大亀さんよりも小さい女性声優さんが志村由美さんです。こちらの方は信長協奏曲(アニメの方)などに出演されている方で、その身長はなんと138.8cm。
一般的な小学5年生女子の身長が140.1cmであり、なんとそれより小さいということになります。

 

 

たまに街中でもびっくりするくらい小さい人を見かけますが、
ああいう方たちの立場から見た世の中ってのはどんなものなのでしょうね。
やっぱりつり革が高いところにあったりするのが不便に感じられるのでしょうか。

 

 

さて、大亀さんに話を戻します。以上のように大変かわいらしい大亀あすかさんですが、意外にもその特技は麻雀だそうです。もともと麻雀については詳しくなかったのですが、麻雀マンガの「」出演をきっかけにその興味を深めたとか。

 

 

2014年10月からは日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士としても活動されています。
プロ雀士と聞くとなんだかとてもすごいことをしていそうに思えますが、
実はプロ雀士になること自体はそれほど難しくないです。

 

 

試験は一次試験(書類選考)と二次試験(筆記、面接、実技1次)、三次試験(実技2次)から構成されています。
筆記試験は当然麻雀に関する問題ばかりです。
90符2翻は何点なのか、4800点差の時にはどれくらいの手を作れば逆転に至るのかなどを瞬時に判断できる能力が求められます。

 

 

面接は一般的な企業面接と似ていますが、あれほど踏み込んだ質問をされることはありません。

 

 

実技は半荘4回を打ちますが、その結果だけで判断されるわけではありません。
麻雀は水ものですから、うまい人でもちょっと運が悪ければ結果を出せないこともあります。試験では結果よりもそこに至るまでの過程が重視されます。

 

 

この実技試験に受かればいよいよ三次試験。
ここでは打牌のフォームチェックだけでなく小論文なども書かされます。
こう書くと厳しいように見えますが、実際にはタレントの児嶋一哉さんも資格を持っていますし、
少なくとも将棋や囲碁ほど門戸は狭くありません。腕に覚えがある方はチャレンジしてみてくださいね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
↓の共有ボタンをどうか押して下さい!!(土下座)
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能熱愛・破局情報へ


スポンサードリンク

コメントを残す